人事・労務

人事・労務

意外と知らない退職の手続き

会社を辞める際には、本人と会社のそれぞれが必要な手続きをしなければなりません。健康保険証や制服などを回収し、預かっていた年金手帳を返却し、「離職票1,2」を郵送する等、スムーズな手続きが求められます。 退職時の回収と...
人事・労務

2週間前までに言えば、退職できるって本当?

H29年9月1日に入社された方が、9月20日に退職の意思を表明しています。就業規則では、゛社員が自己都合で退職しようとする時は、1ヶ月前までに会社へ退職の申し出をしなければならない。゛と規定していますが、本人が今月末に退職すると言っていま...
人事・労務

必ずしも週1回の休日を与えなくても構いません(変形休日制)

「使用者は、労働者に対して毎週少なくとも1回の休日を与えなければならない。この規定は、4週間を通じて4日以上の休日を与える使用者については適用しない。」つまり、「変形休日制」を採用すれば毎週の休日ではなく、4週間で4日の休日を与えれば、「休日労働」の35%以上の割増賃金は発生しません。
人事・労務

休日出勤が全て35%増しになるわけではありません。

休日出勤をした場合、割増率は答えられなくても、割増となることは、ほとんどの方が知っていると思います。が、実は同じ休日出勤でも割増率が異なることは、あまり知られていません。休日出勤の割増賃金計算で大事な事は、「法定休日」と「法定外休日」の区...
人事・労務

残業の発生しない年間休日の 求め方

有給ではなく、いわゆる公休(会社の年間休日)が何日あるのか?は、労働者にとって重要な労働条件の1つで、気になるところです。1年は52週ありますので、土日休みとして104日(52週×2日)に、祝日16日(元旦含み、土日を重複させないようにカ...
人事・労務

育児休業給付金の申請方法

育休中の生活を支える目的で支給されるのが、「育児休業給付金」です。申請には、「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書」及び「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業基本給付金支給申請書」をハローワークに提出しなければなりません。
人事・労務

出産手当金支給申請書 の記入の実際

申請には、「健康保険出産手当金支給申請書」の提出が必要です。申請書は「被保険者記入用」、「被保険者・医師・助産婦記入用」、「事業主記入用」があり、「被保険者・医師・助産婦記入用」の医師・助産婦記入欄は、間違っても訂正してはなりません。訂正には、医師の訂正印が必要です。
人事・労務

残業時間の正しい把握と 計算方法

残業代の計算は、給与システムで行われることが多いと思いますので、計算を間違えることはないと思います。が、残業計算のもととなる残業時間の集計を間違えると、残業代も間違ってしまいます。そこで、ここでは、正確な残業時間の把握から、普通残業、深夜...
人事・労務

産休・育休にともなう手続き一覧と、必要な書類

働いている女性が出産する場合、出産や育児の為、仕事を休まなければなりません。が、その間は原則、無給となります。その間の生活を支える目的で、会社が加入している健康保険や雇用保険から、出産手当金や育児休業給付金が支給されます。また、その間に発...
人事・労務

サービスの質とレベルを上げる品質ISO取得の勧め

品質ISOとは、製品・サービスそのものではなく品質管理体制を規定するための品質システムの国際規格(ISO9001)です。 ISO9001のフレームワークを利用して、業務の文書化によって「見える化」を図り、社内の業務改善を実施します。
人事・労務

付与日を4月1日に統一して、間違えのない有給休暇の管理をする方法

年次有給休暇の付与については、法律で規定よりも「遅いタイミング」や「少ない日数」での付与はできませんが、付与日を統一することは可能です。初回のみ原則通り、「入社6ヶ月後」として、2回目以降は、直近の「4月1日」に付与、以降、毎年「4月1日」に付与していきます。
人事・労務

傷病手当金って、どんな時にもらえるの?

傷病手当金とは、被保険者が業務外で負ったケガや病気で、休職を余儀なくされた場合に、その本人と家族の生活を保障する為に、健康保険から支給されるお金です。療養中の生活費を保障するため、標準報酬日額の2/3を受け取ることができます。国民健康保険...
人事・労務

育児休業給付金って、いくらもらえるの?

出産や育児となり、その為に休暇を取り専念する場合、その間の収入をどうするか?が大きな問題となります。育児の為の休暇中は、原則無給となります。その休業中の家計を支えてくれるのが、「育児休業給付金」です。民間企業に勤務している場合は、「雇用保...
人事・労務

出産手当金って、どうすればもらえるの?

仕事をしている女性が出産する場合、出産の前と後で一定期間、仕事を休まなければなりませんが、産休中は給料が出ないのが一般的です。この産休中の生活を支える目的で、会社が加入している健康保険から支給されるのが、「出産手当金」です。 産休と...
人事・労務

出産育児一時金の直接支払制度って何?

妊娠・出産は、病気とは異なり健康保険が使えない為、全額自己負担となります。こんな時に頼りになるのが、健康保険から支払われる「出産育児一時金」です。今回は、出産育児一時金とはどのような制度なのか?その申請方法や支払方法などについてご紹介しま...
人事・労務

年間休日105日って、どうやって決めているの?

労働基準法では、以下のように休日についての規定はありますが、年間休日としての規定はありません。 (労働時間)第32条 使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。02 使用者は、一週間の各...
人事・労務

派遣社員を受け入れられるのは、最長3年?

改正労働者派遣法の施行 労働者派遣法が2015年に改正されました。多くは、施行の平成27年9月30日以降に、新に結ばれた労働者派遣契約から対象となります。中でも、派遣社員を受け入れている「派遣先」が気になるのが、業務の制限なく上限3...
人事・労務

離職票の転職先への提出は必要か?

転職して、新しい会社に入社する場合に、「離職票」の提出をもとめられる事もあるようですが、離職票は、ハローワークで失業認定を受けて、失業手当など失業給付の申請に必要となるもので、新しく入社する会社の手続きでは必要はありません。
スポンサーリンク