人事・労務

人事・労務

社会保険料納入告知書の額と 給与支払い時の額が一致しない理由。

毎月、年金事務所(年金機構)より社会保険料の納入告知書が送付されますので、健康保険料(介護保険料を含む)と、厚生年金保険料は事業主負担分と合わせて月末までに納付します。例えば、7月分の社会保険料は、8月に納入告知書が送付されますので、7月度...
人事・労務

休日出勤が全て35%増しになるわけではありません。

休日出勤をした場合、割増率は答えられなくても、割増となることは、ほとんどの方が知っていると思います。が、実は同じ休日出勤でも割増率が異なることは、あまり知られていません。休日出勤の割増賃金計算で大事な事は、「法定休日」と「法定外休日」の区別...
人事・労務

働いている夫が75歳になると、 妻は、夫の扶養から外れてしまう。

「後期高齢者医療制度」は、75歳(寝たきり等の場合は65歳)以上の方が加入する新しい医療制度で、平成20年(2018)4月から開始されました。75歳になると、健康保険の被保険者、被扶養者の資格を失い、それまで加入していた国民健康保険や健康保...
人事・労務

住民税の特別徴収が義務化されました。

住民税とは 地方自治体による福祉、保健、教育、消防、ごみ、公園、道路などの行政サービスの費用を一定額以上の収入のある人から、負担能力に応じて分担しあう性格の税金です。正式には、「都道府県民税」と「市町村民税」を合わせて「住民税」と呼んでい...
人事・労務

残業の発生しない年間休日の 求め方

有給ではなく、いわゆる公休(会社の年間休日)が何日あるのか?は、労働者にとって重要な労働条件の1つで、気になるところです。 1年は52週ありますので、土日休みとして104日(52週×2日)に、祝日16日(元旦含み、土日を重複させないように...
人事・労務

育児休業給付金の申請の実際

育休中の生活を支える目的で、雇用保険から支給されるのが、「育児休業給付金」です。 申請には、「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書」及び「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業基本給付金支給申請書」をハローワークに提出しなければ...
人事・労務

出産手当金支給申請書 の記入の実際

産休中の生活を支える目的で、健康保険から支給されるのが、「出産手当金」です。申請には、「健康保険出産手当金支給申請書」を協会けんぽに提出しなければなりません。以前には必要だった出勤簿等の添付が必要なくなりましたので、今まで以上に申請書を正確...
人事・労務

給与明細書の見方 (手計算してみよう)

皆さん、毎月もらっている給与明細書、ちゃんと見たことがありますか?手取り額だけ見てすぐに捨ててしまう人も多いのではないでしょうか。明細書には、基本給に手当、残業代、通勤費などの支給額、そして健康保険、厚生年金、雇用保険などの社会保険と、所得...
人事・労務

賞与明細書の見方 (標準賞与額と前月給与)

賞与とは、定期の給与とは別に支払われる給与等で、賞与、ボーナス、夏期手当等の名目で支給されるものその他これらに類するものをいいます。賞与を支給している企業の多くが、年間に2回、時期としては6月・12月にボーナスとして支給していますが、会社に...
人事・労務

社会保険料って、会社負担と本人負担とで折半ではないの?

企業で予算を立てる際には、税金や社会保険料は大きな比重を占めます。その場合に試算で行われるのが、社会保険料の会社負担と個人負担は折半であるという事です。が、実際には会社負担分の社会保険料の方が、本人負担分の社会保険料よりも少しだけ多くなって...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました