クラウドコンピューティング:所有から利用

今や、すっかりとおなじみとなりましたクラウド・コンピューティング。
「クラウド(雲)」、つまり、雲の向こう側、ネットワーク(インターネット)の中にあるサーバーが提供するサービスをそれらを意識することなしに利用できるというコンピュータ・サービスの形態を言います。
人事、給与、経理などの業務アプリケーションソフトでは、クラウド以外を探す方が難しい状況となる位、定着してきました。

2006年8月9日、GoogleのCEOであるエリック・シュミットが、米国カリフォルニア州サンノゼ市で開催された「検索エンジン戦略会議」の中で「クラウド・コンピューティング」と表現したのが、最初とされています。

これは、新しい技術ではなく、YahooやGoogleやamazonなどが、消費者向けに提供していたWebサービスなどを、法人や公共機関向けのITサービスとして進化させたものを言っています。過去からある概念のASPサービスやユーティリティコンピューティング、グリッドコンピューティング、SaaS/PaaS、オンデマンド・コンピューティングなどと、ほぼ同様の概念です。

従来のコンピュータ利用は、ユーザーがハードウェア、ソフトウェア、データなどを、自分自身で保有・管理していたのに対し、クラウドコンピューティングでは「ユーザーは、インターネットの向こう側からサービスを受け、そのサービスに対して利用料金を払う」という形となります。ユーザーは、ユーザ登録を済ませるとすぐにソフトウェアなどを利用することができ、提供されるサービス内容のみを意識することになり、アプリケーションの購入やインストール、最新版への更新、メンテナンス、作成したファイルのバックアップなどの作業から解放され、必要なときに必要なだけソフトを利用することができるようになります。
従って、ユーザーが用意すべきものは最低限のパソコンなどのクライアントと、インターネット接続環境のみとなります。

ユーザー自身が、サーバーを購入して自らが運用・管理する時代から、データセンターが保有するサーバーを利用する時代に移りつつあります。クラウド・コンピューティングには、まだまだ解決すべき課題が多くあります。セキュリティや緊急時の対応は、どうするのか?基幹システムとしてのSLA(品質)は保たれるのか?など
ただ、IT業界が「所有から利用へ」と移行していることに間違いはありません。

また、昨今、企業がBCP対策としてクラウドを導入するケースが増えています。

注意:BCP(Business Continuity Planning:事業継続計画)は、災害などの緊急事態が発生したときに企業が損害を最小限に抑え、事業の継続や復旧を図るための計画

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

フォローする

スポンサーリンク
投稿本文(h2)