マイナンバーカードを使って、コンビニで住民票を取得する方法

こだわりアイテム

マイナンバーカードを利用すると、各種証明書(住民票の写し、印鑑登録証明書等)をコンビニのキオスク端末(マルチコピー機)から取得できます。又、本籍が現住所と異なる場合でも、事前に申請すれば、戸籍証明書も取得できます。なにより便利なのが、コンビニだと土日でも取得できることです。但し、この交付サービスは全ての市区町村のコンビニでできるわけではなく、取得できる証明書等も市区町村により異なりますので、事前に確認しましょう。
今回は、マイナンバーカードを使って、コンビニで住民票を取得してみましたので、その方法を説明します。

スポンサーリンク

コンビニ交付ポータルサイト

コンビニで各種証明書を取得する前に、まず、該当の市区町村が交付サービスを提供しているか否か、必要な証明書が交付の対象となっているかを確認します。(https://www.lg-waps.jp/)

利用できる市区町村の検索

都道府県及び市区町村を選択すると、検索できます。

コンビニ交付サービスを提供している。

①福岡市

福岡市は、ほぼ全ての証明書等が取得できます。(2019.09.07現在)

②下関市

下関市は、戸籍証明書の取得はできません。(2019.09.07現在)

コンビニ交付サービスを提供していない。

長門市は、コンビニ交付サービス自体を提供していません。(2019.09.07現在)

証明書の取得方法

キオスク端末(マルチコピー機)の操作方法が、イメージ画面付きで説明してありますので、確認します。

住民票の取得

それでは、キオスク端末(マルチコピー機)で実際に、「住民票」を発行します。ファミリーマートとセブンイレブンで操作してみました。

住民票の発行

「行政サービス」をタッチ

「証明書交付サービス」をタッチ

「同意する。」をタッチ

マイナンバーカードのセット

顔写真のある方を表として、マイナンバーカードを、ICカードリーダーライターへセットします。

「次へ」をタッチ

証明書の選択

「お住まいの市区町村の証明書」をタッチして、「確定する。」をタッチします。

暗証番号の入力

マイナンバーカードの交付時に、4つの暗唱番号を設定した内の「利用者証明用電子証明書」の数字4文字の暗唱番号です。

カードの取り外し

マイナンバーカードをICカードリーダーライターから取り外さなければ、次の処理にすすみません。

証明書の選択(住民票を選択)

①住民票の選択

「住民票の写し」,「印鑑登録証明書」,「各種税証明書」より選択します。

②種別の選択

「本人のみ」,「世帯全員」,「世帯の一部」より選択します。

③記載項目の選択

「世帯主・続柄の記載」及び「本籍地・筆頭者の記載」について記載の有無を選択します。

④枚数の入力

⑤発行内容の確認

料金の投入

料金を投入して、「プリント開始」をタッチします。

住民票の印刷開始

完了

コメント

タイトルとURLをコピーしました