新型コロナウィルスに関する「特別定額給付金」を郵送で申込んでみた。

こだわりアイテム

令和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになりました。事業費は、12兆8,802億93百万円との事。感染拡大防止の観点から、給付金の申請は「郵送申請」か「オンライン申請」に限られ、給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みにより行われます。我が家へは、5月16日に市から申請書が郵送で届き、5月18日に返送しました。

特別定額給付金の申請

特別定額給付金の支給

新型コロナウィルスに係る家計への支援を目的として、国から特別定額給付金が支給されます。

給付対象者

令和2年4月27日に於いて、市の住民基本台帳に記録されている方(住民票がある方)

受給権者

給付対象者の属する世帯主

給付額

給付対象者1人につき、10万円

申請方法

①郵送申請

市区町村から受給権者宛てに郵送された申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市区町村に返送します。

②オンライン申請

マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)します。
※私はオンライン申請をする予定で、1ヶ月位前に、ICカード・リーダーライターを購入しましたが、皆考えることは同じで、在庫切れで未だに商品は届いておらず、トラブルも発生していましたので、郵送申請を行いました。

支給日

振込が完了すると、市から振込通知(振込日と金額)がはがきで送られて来るようです。
注意:
受付から審査・振込手続き等のため、2週間前後かかるようです。郵送申請の場合は、審査終了分から順次支払いがされるようです。
留意:
振込通知の郵送の有無、支払い日程等については、市区町村により異なりますので、お住まいの市区町村でご確認下さい。

郵送で届いた書類

以下の3点が届きました。3点ともに両面印刷です。
届く書類は、同じ様な内容のものですが、市区町村で異なりますので、お住まいの市区町村でご確認下さい。

届いた書類

個人向け支援制度・相談窓口のご案内

支援制度や、相談窓口の一覧です。「特別定額給付金の申請」とは直接関係はありません。

特別定額給付金申請手続きのご案内

両面印刷のチラシのようなA4、1枚のご案内です。注意点や記入例が記載されています。

特別定額給付金申請書

書類は、「申請書の記入方法」で参照下さい。

申請書の記入方法

表面の記入

市区町村によっては、フォーマットが異なりますので、必ず市区町村の案内に従って記載して下さい。(予め印字されている内容等も異なります。)
まず、申請書に予め記載されている給付対象者と、合計金額を確認します。

氏名、電話番号

フリガナ、生年月日、現住所は印刷されていますので、氏名と電話番号を記入します。

受取口座

世帯主名義の口座を1つだけ記入します。

申請日

申請書を郵送する日の日付を記入します。

裏面への貼り付け

本人確認書類のコピーと、通帳等のコピーを貼り付けます。

本人確認書類のコピー

マイナンバーカードのコピー、健康保険証のコピー、運転免許証のコピー、年金手帳のコピーなどを貼り付けます。

振込先金融機関口座確認書類のコピー

通帳(口座番号が書かれた部分)のコピー又は、キャッシュカードのコピー等を貼り付けます。

記入の完了

こだわりアイテム
スポンサーリンク
gungiiをフォローする
gungiiのなるほどHack&Tips

コメント

タイトルとURLをコピーしました