XserverでMySQLデータベースをバージョンアップする方法

WordPressの「サイトヘルス」で、データベースのバージョンが古いと警告されていましたので、データベースMySQL(MariaDB)のバージョンを5.5から5.7へバージョンアップしました。Xserverでは「MySQL移行ツール」を使って、簡単にデータベースのバージョンアップができますので、その方法をご紹介します。WordPressが推奨しているデーターベースのバージョンは「MySQL 5.6 以上、又はMariaDB10.1以上となっています。

WordPress サイトヘルス画面

但し、古いサーバー(sv12300以前)では、MariaDB5.7までしか対応できません。MariaDB10.5にバージョンアップする為には、MariaDB10.5に対応した新しいサーバーに移行する必要があります。
MariaDB5.7でも、サイトヘルスステータスは「良好」となります。

WordPress サイトヘルスステータス画面

※新しいサーバーへの移行方法については、こちらのブログで解説していますので、参照下さい。

スポンサーリンク

データベースのバージョンアップ

移行ツールの起動

ツールの起動

Xserverのサーバーパネルから「MySQL移行ツール」を選択します。
留意:
MariaDBのバージョンが5.7の場合は、「MySQL移行ツール」のメニューは表示されません。

xserver サーバーパネル

注意:データベースのバージョンアップの前には、必ずバックアップを取りましょう

ツールの実行

移行作業内容が表示されますので、内容を確認して、「MySQL移行ツールの利用を開始する」をクリックします。

xserver MySQL移行ツールの移行作業内容画面

注意:
MySQLの変更後のホスト名を控えておきます。後で、wp-config.phpの変更の際に必要となります。

「移行(確認)」のクリック

バージョンアップ対象のデータベースの右に表示されている「移行(確認)」をクリックします。

xserver MySQL移行ツールの移行(確認)ボタンの選択画面

最終確認

対象のデータベースに間違えなければ、「MySQL5.7へデータベースの追加(確定)」をクリックします。

xserver MySQL移行ツールの最終確認画面

データベースの移行

移行の完了

xserver MySQL移行ツールの移行完了画面
エックスサーバー

移行の完了確認

戻って再度、「MySQL移行ツール」をクリックすると、「移行完了」と表示されています。

xserver MySQL移行ツール 移行完了の確認画面
スポンサーリンク

wp-config.phpの更新

wp-config.phpのダウンロード

wp-config.phpに記載されている「MySQLのホスト名」を変更します。

wp-config.phpのダウンロード画面

wp-config.phpの変更

wp-config.phpをVSC(ビジュアルスタジオコード)で開き、MySQLホスト名を変更します。
mysql1107.xserver.jp⇒mysql1104b.xserver.jp
留意:VSCにつきましては、「VSCのインストールと使い方」を参照下さい。

VSCで表示されたwp-config.phpのソースコード

wp-config.phpのアップロード

wp-config.phpを書き換えが終われば、アップロードします。

wp-config.phpのアップロード画面

移行完了手続き

サイトヘルスの確認

Webサイトが正しく表示されるかを確認します。そして、データベースのバージョンが古いとの警告が消えていることを確認します。

WordPress サイトヘルス画面

データベース移行の完了手続き

移行完了手続き

「バージョンをMySQL5.7に移行する(確認)」をクリックします。

xserver MySQL移行ツールの移行完了手続き画面

確認画面

確認画面が表示されますので、「バージョンをMySQL5.7に移行する(確認)」をクリックします。

xserver MySQL移行ツールの移行完了手続き確認画面

コメント