目標を数値化して、有言実行

プロ野球のイチロー選手とサッカーの本田圭佑選手、そしてプロゴルファーの石川遼選手。
日本を代表する世界的スーパースターの3人は奇しくも同じ小学生のときに「将来の夢」「僕の夢」「将来の自分」と題する作文を書いています。
<プロ野球のイチロー選手>
「夢」と題されたこの作文は、大リーグで活躍するイチロー選手の小学6年生の時のものです。この作文は、イチロー選手の父親、鈴木宣之さんの著書「溺愛 我が子イチロー」で紹介されています。

僕は、3歳の時から練習を始めています。3歳から7歳までは、半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。だから、1週間中、友達と遊べる時間は、5時間~6時間の間です。
打げきでは、県大会、4試合のうちに、ホームランを3本打ちました。そして、全体を通した打りつは、5割8分3りんでした。
高校を卒業してからプロに入団するつもりです。
そしてその球団は、中日ドラゴンズか西部ライオンズが夢です。ドラフト入団でけいやく金は、1億円以上が目標です。
ぼくがじしんがあるのは、投手と打げきです。去年の夏、ぼくたちは全国大会に行きました。そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会NO.1投手とかくしんできるほどです。打げきでは、県大会4試合のうちに、ホームランを3本打ちました。そして、全体を通した打りつは、5割8分3りんでした。
このように、自分でもなっとくのいくせいせきでした。そして、ぼくたちは、1年間まけ知らずで野球ができました。だから、このちょうしでこれからもがんばります。
そして、僕が一流の選手なって試合に出れるようになったら、 お世話になった人に、招待券をくばって、おうえんしてもらうのも夢の一つです。とにかく、一番大きな夢は、プロ野球の選手になることです。

<サッカーの本田圭佑選手>
現在ヨーロッパの世界最高峰プロサッカーリーグの名門チーム:ACミランの10番をつけている本田圭佑選手が小学6年生の時に書いた卒業作文。2014年1月、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」にも掲載され、地元の称賛・注目を集めたことでも話題となりました。

ぼくは大人になったら 世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには 世界一練習しないとダメだ。だから 今ぼくはガンバっている。今はヘタだけれどガンバって 必ず世界一になる。そして 世界一になったら 大金持ちになって親孝行する。
Wカップで有名になって ぼくは外国から呼ばれて ヨーロッパのセリエAに入団します。そして レギュラーになって 10番で活躍します。一年間の給料は40億円はほしいです。プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り 世界中の人がこの僕が作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。
一方 世界中のみんなが注目し 世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。セリエAで活躍しているぼくは 日本に帰り ミーティングをし 10番をもらってチームの看板です。ブラジルと決勝戦をし 2対1でブラジルを破りたいです。この得点も兄と力を合わせ 世界の競ごうをうまくかわし いいパスをだし合って得点を入れることがぼくの夢です。

<ゴルフの石川遼選手>

二年後…中学二年生、日本アマチュア選手権出場。
三年後…中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。
四年後…高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。
六年後…高校三年生、日本で一番大きいトーナメント、日本オープン優勝。
八年後…二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。
これを目標にしてがんばります。最後のマスターズ優勝はぼくの夢です。それも二回勝ちたいです。みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。
みんなが一生懸命練習をしているなら、ぼくはその二倍、一生懸命練習をやらないとだめです。ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、「もっとあのときにこうしていれば…」とか後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。
来年には埼玉の東京GCで行なわれる「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。今は優勝とか関係ありません。中学生になってからそういうことにこだわろうと思います。高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。その試合で世界から注目される選手になりたいです。ぼくは勝てない試合には今は出ません。
ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。

「プロ野球選手になりたい!」「プロサッカー選手になりたい!」「プロゴルファの選手になりたい!」と書いた小学生は結構多いかもしれませんが、ここまでしっかりと自らの現状を把握し、将来を見据えた文章を書いた人は多くはないと思います。
注目すべき点は、文章の中に「数字」が多く出てくることです。目標を達成している人が、いかにしっかりと具体的に考えているかがよくわかります。
イチロー選手の場合、「打率は5割8分3厘」、「ドラフト入団で契約金は、1億円以上」。
本田選手の場合、「背番号10番で活躍」「1年間の給料は40億円」「2対1でブラジルを破りたい」。
石川遼選手の場合、「マスターズで二回優勝する」など。
かなり具体的に数値化して夢を描いています。

数値化は、目標に向かうのに非常に有効な方法です。具体的な数値化がむずかしい場合は、具体的なイメージを頭に描くだけでも良いでしょう。
なぜなら、自分で「こうなるんだ」と思わないかぎり、実際にそうなることはないのですから。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)