ジオラマ制作「公園の景色」

ジオラマ第3段として「公園の景色」を制作してみました。ジオラマを始める際に購入した「誰でも簡単!ジオラマ入門 作って楽しむ自分だけの風景」に掲載されていたジオラマです。今回は、あらかじめ購入したダイソーのアクリルケースに合わせて制作しました。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

道具を準備する。

土台

ダイソーコレクションボックス(300円)

スチレンボードB4パック(972円)

サイズは、257㎜×364㎜×3㎜で、5枚入りでした。

木工用ボンド

既に購入していますので、新たな購入はありません。

ストラクチャー

4WDホワイト(918円)

フィギュア

ザ・人間(住宅街の人々:626円)、ザ・動物(羊・ヤギ:609円)
※(ザ・動物は、購入しましたが、今回は使用しませんでした。)

駅前公園(670円)

ガードレール(591円)

ガードレールは、12本入りなので、何回か使えそうです。

樹木(欅:611円)

大が4つに、小が2つありますので、何回か使えそうです。

塗料

水性塗料

情景テキスチャーペイント:路面/ライトグレイ(864円)
※(路面/ダークグレイを間違えて、ライトグレイを購入してしまいました。)

情景テキスチャーペイント:土/ブラウンと、スミ入れ塗料

これまでのジオラマ制作で購入していますので、新たな購入ではありません。

アクリル絵の具

これまでのジオラマ制作で購入していますので、新たな購入ではありません。

情景用具

シーナリー情景セット

これまでのジオラマ制作で購入していますので、新たな購入ではありません。

石紛粘土

これまでのジオラマ制作で購入していますので、新たな購入ではありません。

リアルサンド(410円)

土台を作る。

土台をカットする。

コレクションボックスの台に合わせて、スチレンボードをカッターでカットします。

ベースのカット

スチレンボードを3枚カットします。

ベース(道路)と公園、そして山の3枚にカットして、重ねます。

全体構成の把握

山を作り、樹木を置いて、全体の構成を考えます。この際にコレクションケースのカバーをして、樹木がカバーにあたらない様に山の高さを調整します。

塗装する。

ベース(道路)の塗装

一番下のスチレンボードの車道部分を、情景テクスチャーペイント:路面/ライトグレイで塗装します。

縁石と歩道の塗装

2段目のスチレンボードの縁石と歩道は、アクリル絵の具で車道と色を変えて塗装します。

公園の地面を塗装する。

2段目のスチレンボードの公園の地面、情景テクスチャーペイント:土/ブラウンで塗装します。

ストラクチャーの配置

ジオコレ「駅前・公園」と「ガードレール」の配置

公園との仕切りの配置

スチレンボードをカットして公園との仕切りを作り、張り付けます。

山を作る。

3段目のスチレンボードに山を作り、樹木を植え、2段目のスチレンボードに重ねます。

地面を装飾する。

公園及び山の地面を装飾

公園及び山の地面に木工用ボンドを塗り、その上からリアルサンドを撒きます。

山の地面を緑に

さらに、山の地面にボンドを水に薄めたもの又は、接着剤水溶液を塗って、緑のパウダーを蒔きます。

フィギュアを置く

フィギュアを置いて、完成です。

<かかった費用>

※値段を記載していない品物は、以前に購入した在庫を使用しています。
スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

フォローする