夢に向かって

あなたの夢は、何ですか?

「パイロットになって、世界を飛び回りたい。」
「お医者さんになって、皆を助けたい。」
「サッカー選手となって、ワールドカップに出たい。」

子供の頃の方が、何の根拠もありませんが、多くの夢を持ち、より具体的だった気がします。
今、「夢」を語れる大人は、それほど多くありません。

何故でしょうか?
現実とのあまりのギャップに、夢に向かう気力が失せているのでしょう。

高度成長期が終わり、バブル期のような大きな成長はのぞめなくなりました。企業の倒産・廃業、そして終身雇用が崩壊し、会社勤めをするサラリーマンも、リストラ、出向などが、あたりまえの時代となりました。

こんな時代だからこそ、「夢」を忘れてはいけません。

「人間は死ぬまで夢をもて!」と言ったのは、佐賀のがばいばあちゃんです。

明治時代の実業家で、日本資本主義の生みの親と言われ多くの会社設立に関わり、商工会議所の設立や第一銀行の原型をつくった渋沢栄一は、「夢七訓」の中で、次のように言っています。

  ・夢なき者は、理想なし
  ・理想なき者は、信念なし
  ・信念なき者は、計画なし
  ・計画なき者は、実行なし
  ・実行なき者は、成果なし
  ・成果なき者は、幸福なし
  ・ゆえに幸福を求むる者は

   夢なかるべからず

組織でも、個人でも、「夢」がなければ、前には進みません。
「夢」に向かって、進みましょう。

そして、がばいばあちゃんは、こうも言っています。

その夢が叶わなくても、しょせん夢だから。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

フォローする

スポンサーリンク
投稿本文(h2)