JVCケンウッドのドラレコGC-DR1を取り付けた。

車にドライブレコーダーを取り付けました。東名高速道路(2017年6月)の事故がテレビに取り上げられて以降、売り上げが前年の約3倍に伸びているようです。交通事故が起こった際に協力な証拠となるため、装着率が高まっているようです。ドライブレコーダーの装着の目的は、交通事故が起こった際の証拠を残すという目的と、もう一つ、ドライブ中のビデオ撮影です。車の運転中にすばらしい景色を目にすることありますが、後続車がある為、停車するわけにもいかず、せっかくの景色をビデオにも写真にも残せません。こんな時に、ドライブレコーダーがあれば残せます。先日、テレビショッピングでドライブレコーダーの特別感謝セールをやってましたので、つい購入しました。JVCケンウッドのドライブレコーダーGC-DR1です。税抜き19,800円でした。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

JVCケンウッド ドライブレコーダーGC-DR1

このドライブレコーダーの特徴は以下の3点です。

300万画素の高解像度

WDR(ワイドダイナミックレンジ)搭載

GPSを搭載して、速度・緯度・経度で自車情報を計測

ドライブレコーダーが届いた。

外箱の確認

内容物の確認

セッティング

シガープラグをシガーソケットに接続するだけです。但し、注意は、ドライブレコーダーはフロントガラス上部からフロントガラス全体の20%以内に取り付けて下さいとの事。
エンジンをかけると、自動的に録画が始まります。

録画テスト

実際に、走ってみたのが、以下の動画です。

ドラレコJVC GC-DR1の録画テスト(昼間)


※駐車中も録画しましたので、車が動き始めるまで30秒位かかりますので、スキップして下さい。

ドラレコJVC GC-DR1の録画テスト(夜)

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

フォローする