新着情報チェックに便利。 RSSリーダー「Feedly」の使い方

ブログやニュースサイトをチェックする時は、「お気に入り」に入れておいて、毎日クリックしては、確認しています。結構、時間がかかり面倒です。RSSという仕組みを使えば簡単に情報を収集できます。以前から名前は知ってたのですが、具体的なやり方は知りませんでした。RSSとは「Rich Site Summary(リッチ・サイト・サマリー)」の略で、直接サイトを開かなくても、RSSの情報を取得すれば、更新されたかどうかが分かるという仕組みです。このRSSの情報を取得するツールがRSSリーダーです。
feedlyとは、さまざまなサイトのRSSを登録することのできるRSSリーダーです。feedlyでは、PCやスマートフォン向けに専用アプリがリリースされているほか、ブラウザ版も用意されているので、いつどこでも自分だけのRSSをチェックすることが出来ます。
「Feedly」は、「フィードリイ」と読みます。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

Feedlyへの登録

Feedlyへのアクセス

「GET STARTED FOR FREE」をクリック

ログインするアカウントの選択

私は、googleアカウントを選択しました。

ログイン

Gmailを選択してパスワード入力します。

Feedlyの設定

設定画面の表示

チェックしたいURLを入力

URLを入力すると、サイトが表示されますので、「FOLLOW」をクリックします。自分のサイトを登録してみます。

フォルダの作成

「+CREATE A COLLECTION」をクリックして、フォルダを作成します。このフォルダでカテゴリ分けをします。

フォルダ名(コレクションネーム)の登録

#%&等の文字は使用できませんので、「なるほどHack-Tips」として登録します。
注意:カテゴリとして使用する場合は、「ニュース」、「ブログ」・・等と登録します。

サイドメニューの表示

状態が「FOLLOWING」となり、サイドメニューに追加れます。

記事の参照

メニューのクリック

記事の表示

記事が表示されます。

Chrome拡張機能の追加

「Feedly Notifier」のインストール

Chromeの拡張機能「Feedly Notifier」をインストールします。

「Chromeに追加」をクリック

アイコンの表示

拡張機能の運用

googleChromeを起動

「Feedly Notifier」をクリックします。

記事の表示

スマホへの登録

スマホ版feedlyは「App Store」「Google Play」といったアプリストアからインストール出来ます。

「Feedly」のインストール

「App Store」より゛Feedly゛と検索して、インストールします。

「Feedly」へのログイン

アカウントの登録

スワイプして、「CREATE YOUR FEEDLY」をタップします。

アカウントの選択

ログインするアカウントを選択します。私は、googleのアカウントを持っていますのでgoogleを選択しました。

パスワードの入力

パスワードを入力して、「次へ」をタップします。

記事の検索

「Today」の表示

デォルトとして、本日の記事が表示されますので、メニューをタップします。

メニューの選択

メニューから、「GungiiのなるほどHack&Tips」をタップします。
注意:カテゴリやメニュー(RSSのURL等)は、PCの゛Feedly゛で登録済みです。

記事の参照

タップやスワイプで、記事を参照します。

「Feedly」のログアウト

メニューの選択

メニューをタップして、表示されたメニューをスクロールします。

ログアウト

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

フォローする