XserverにWordPressを自動でインストールする方法

スポンサーリンク

インフォパネルの表示

ログインすると、インフォパネルが表示されますので、サーバーパネルにログインします。

インフォパネルの表示

サーバーパネルの表示

サーバーパネルの表示

①設定対象ドメインの選択

サーバーパネルが表示されましたら、設定対象ドメインを選択して(▽)、「設定する」をクリックします。

設定対象ドメインの選択

②自動インストールの押下

設定対象ドメインを選択しましたら、自動インストールをクリックします。

自動インストールの押下

自動インストール

①ドメインの選択

ドメイン選択画面が表示されますので、対象となるドメインを選択します。

ドメインの選択

②インストールするソフトの選択

ア.プログラムのインストールタグを選択

プログラムのインストールタグを選択

イ.インストールするソフトを選択

WordPressの他、EC-CUBE,XOOPS-CUBE,Pukiwikiなどが自動でインストールできますが、ここでは、WordPress日本語版を選択します。

インストールするソフトを選択

③自動インストールの設定

自動インストールするために必要な設定をします。

自動インストールの設定

ア.インストールURL

インストールURL

サブディレクトリとして「blog」というフォルダにインストールします。
注意:フォルダ名は、何でも構いません。ここで指定するとフォルダが自動で作成されます。
指定がなければ、ルートディレクトリーにインストールされます。

イ.ブログ名

ブログ名

ブログ名を入力します。後で変えることができます。

ウ.ユーザー名、パスワードの設定

ユーザー名、パスワードの設定

ここで入力したユーザー名、パスワードが、WordPressのログインのユーザー名とパスワードとなります。

エ.メールアドレスの設定

メールアドレスの設定

オ.データベースの設定

データベースの設定

④自動インストールの開始

データベースの設定は、そのままで、「インストール(確認)」をクリックします。

自動インストールの開始

⑤確認画面の表示

確認画面が表示されますので、「インストール(確認)」をクリックします。

確認画面の表示

⑥インストール完了画面の表示

インストール完了画面の表示

⑦ログアウト

完了しましたので、ログアウトした後、上記のURLを入力してログインしてみます。ログインURLは、忘れない様に控えて下さい。

ブログへのログイン

http://cancer.xsrv.jp/blog/と入力すると、以下の如くブログが表示されました。

ブログへのログイン
WordPressWordPressのインストール
スポンサーリンク
シェアする
管理人
gungii

どうも、こんにちは!gungii(ガンジー)と申します。
2012年頃、一度に大腸がんと前立腺がんを患い、2ヶ月位入院していた為、職場の部下より、゛がんの爺さん゛とのあだ名をつけられ、以降、gungii(癌爺)と名乗っています。2021年06月でリタイアして、リタ活中です。パソコン大好きシニアが、これまでインプットしてきた経験と知識をアウトプットすることで、皆さんのお役に立てればうれしく思います。

gungiiをフォローする
gungiiのなるほどHack&Tips

コメント