ドコモオンラインショップで iphoneSE(第2世代)を購入、機種変更した。

iphone

iphone5Cを購入して、6年半が経過して現在のOSはios13、iphone5Cではios10.3.3まででそれ以上のiosのバージョンUPはできません。その為、スマホのアプリでOSがios11以上という場合にはインストールできません。例えば歩いた歩数によりDポイントを付与する「ヘルスケア」というアプリは、iphone5Cでは使えないのです。そこで、替えかえるしかないと決断して、最も安いiphoneSEの購入を決めました。購入は、この時期(コロナウィルス感染予防)だからということもありますが、ドコモショップで待たされるのが嫌やで、初めからオンラインショップでの購入と決めていました。ただ、オンラインショップで購入して、旧iphoneからのデータ移行など自分でできるのか?が心配でしたが、終わってみれば、なんとか1日(2~3時間)で完了できました。ここでは、ドコモオンラインショップで、新型iphoneSEを購入して、旧iphone5Cからデータを移行して、電話、メールが使える様になるまでを紹介します。

スポンサーリンク

iphoneSEが届いた

梱包物の確認

郵パック

梱包

内容物

内容物

ア.レザーフリップケース/ブラック・・・iphoneSEとは別に携帯ケースを購入しました。
イ.iphone本体と付属品の入ったケース
ウ.商品お届けのご案内
エ.商品お受取後の設定について
オ.これから始めるスマートフォン(サービスガイド&基本設定ガイド)
カ.ギガホ・ギガライト特典チラシ

iphone本体と付属品の入ったケース

SIMカードの確認

新規・MNP(Mobile Number Portability)でiphoneを購入した場合は、SIMカードが同梱されますが、機種変更の場合は、旧機種と料金プランによって新たなSIMカードが発行されるか否かが決まるようで、今回の場合(iphone5C→iphoneSE)は、iphone5Cで使っていたSIMカードをiphoneSEに入れ替えるため、SIMカードは同梱されていませんでした。そこで、SIM取り外しピンのみが同梱されていました。
※SIMカードをどこの段階で移せばよいか?がわからず、データ移行の後に移しました。

データの移行

データ移行の方法

旧スマホ(iphone5C)から新スマホ(iphoneSE)へデータ移行するには、大きく分けて2つの方法があります。

iCloudでデータ移行

iCloud(端末)やiTunes(PC)でバックアップを取り、そのデータを新しいスマホに復元します。

留意:
iCloudとは、Appleが用意してくれているインターネット上の保存場所で、iphoneの契約時、Apple IDを作成した時点で、5GBまでの保存場所が無料で提供されています。写真や動画をたくさん撮影している人の場合、5GBの保存容量ではとても足りません。が、私の場合は、ほとんど使っていなかった為、iCloudでデータ移行ができました。

「ドコモデータコピー」アプリでデータ移行

iCloudの容量が不足している方やパソコンの無い方が利用するとの事。

アプリ

留意:
基本設定ガイドを見てもどうやれば良いのかわからず、はじめに「゛ドコモデータコピー゛アプリでデータ移行」の方法を選択して、旧スマホ(iphone5C)に「゛ドコモデータコピー゛アプリをインストールして、新スマホ(iphoneSE)は、同アプリをインストールすることなく、電源を入れて、Wi-fiに接続した状態で、2台を並べて、データ移行をやってみましたが、何も移行されませんでした。何故、うまくいかなかったのかは不明です。そこで、「iCloudでデータ移行」を実施しました。あとで解かりましたが、古いiPhoneと新しいiPhoneのどちらのOSとも「iOS11」以上が必要だった様です。

iCloudでデータ移行

iCloudでバックアップ

旧スマホ(iphone5C)から新スマホ(iphoneSE)へデータ移行する為に、旧スマホ(iphone5C)からiCloudへデータ移行します。

iCloudバックアップ

iCloudから復元

①言語と地域の設定

言語選択、国選択、キーボードの選択を行います。

言語・地域

②Wi-Fiの接続

Wi-Fiネットワークを選択して、位置情報サービスをONにします。

Wi-Fi接続

③「Touch ID」の設定

「今すぐ設定」をタップして、指紋認証の為、画面に従い何度かタッチします。

touchid

④パスコードの作成

パスコードとして、任意の6桁の数字を入力します。パスコードはiPhoneの起動時、スリープ解除、画面ロック解除で必要となります

パスコード

⑤データの復元

「iCloudバックアップから復元」をタップして、AppleIDのパスワードを入力して、規約の同意をすると、復元が始まります。

データ復元

⑥データ復元の完了

復元完了

⑦iCloudの設定

ここでは、iCloudキーチェーンは設定しないので、「使用しない」を選択します。

iCloudチェーン

⑧Siriの設定

画面の指示に従って、何度かiphoneに話しかけます。

Siri

⑨診断/App解析の設定

ここでは、「送信しない」及び「共有しない」を選択します。

診断

⑩利用開始設定の完了

表示サイズを選択して、iphoneの利用開始設定の完了です。

開始設定完了

SIMカードの入れ替え

旧スマホ(iphone5C)から新スマホ(iphoneSE)へのデータ移行も終わりましたが、SNSやメールができないことがわかり、ここで初めてSIMカードを入れ替えなければならないことに気づきました。
※新しいスマホには、SIMカードが入っていない状態でデータ移行はできました。

simカード入れ替え

留意:
SIMカードを抜いた旧スマホ(iphone5C)は、メールや電話ができないだけで、カメラも使えますし、youtubeも見れるし、インターネットも普通にできます。つまりというiphone5Cという小型のPCが残ったという感じです。

ドコモメールの設定

iphoneの機種変更を行なうと、「ドコモメール」の設定は手動で設定しなければならないようです。バックアップを復元しても引き継がれません。

Wi-FiをOFFにする。

ドコモが提供する「iPhone利用設定」というプロファイル(設定情報をまとめたデータ)をインストールしなければなりません。プロファイルをインストールするには、iPhoneのWi-Fiをオフにして、ドコモの回線を使用します。

メールの設定

Mydocomo(お客様サポート)にアクセス

Safari画面からブックマークをタップして、「Mydocomo」にアクセスします。

Mydocomo

「iPhoneドコモメール利用設定」を開く

画面を少し下にスクロールしたところにある[iPhoneドコモメール利用設定]をタップして展開させ、[ドコモメール利用設定サイト]をタップします。

設定サイト

①ログイン

4桁のネットワーク暗証番号を入力し、[次へ進む]をタップします。
※dアカウントでログインしている方は、dアカウントのパスワードを入力する画面が表示されます。

login

②「次へ」をタップする。

設定対象のメールアドレスが表示されます。間違いなければ[次へ]をタップします。

次ヘ

③プロファイルのダウンロードの許可

構成プロファイルのダウンロードの許可を求められるので、[許可]をタップします。

プロファイル

④ダウンロードの完了

「プロファイルがダウンロードされました」と表示されたら[閉じる]をタップします。

ダウンロード完了

プロファイルを開く

ホーム画面から[設定]を開きます。ユーザー名の下に[プロファイルがダウンロードされました]という項目が追加されています。

①「プロファイルがダウンロードされました」をタップ

②インストールをタップ

プロファイルのインストール画面が開きます。右上の[インストール]をタップします。

インストール

③パスコードの入力

6桁のパスコードを入力します。(2020.06.10現在、6桁のパスコードとなっています。)

パスコード

④インストール

「このプロファイルは署名されていません」との画面が出ますが問題ないので、[インストール]タップし、次の画面で再度[インストール]をタップします。

⑤完了

[完了]をタップして、インストールを完了させます。これで、ドコモメールが使えるようになりました。

メール設定完了

その他の設定

機種変更前のiphoneにメールが届く。

原因

①機種変更後の iPhone→Eメール(i)のメール設定をしていない

②機種変更前の iPhone→Eメール(i)の設定が残っている

注意:
2台の iPhone でEメール(i)の設定をしている場合、メールの送受信状況に影響を与える可能性がある為、機種変更前の iPhone からEメール(i)の設定を削除した方が良い様です。

対応

①機種変更後の iPhone でEメール(i)を設定する

②機種変更前の iPhone からEメール(i)の設定を削除する

Eメール(i)のメールアドレスを、「一括設定」または「手動設定」のどちらかで設定を行ったかによって削除方法が異なるようですが、ここでは「一括設定」で削除します。

eメール削除

「iphoneを探す」で、新旧2台が表示される。

原因

旧スマホで、「iphoneを探す」がオンのまま

対応

旧スマホで、「iphoneを探す」をオフにする。
※「設定」から、iCloudにログインしたあと、「iPhoneをさがす」をオフにする。

メモがデータ移行されていなかつた。

iCloudでバックアップ復元したが、メモがデータ移行されていなかつた。

原因

旧スマホ(iphone5C)で、メモがiCloudに保存するのがOFFとなっていた。

対応

旧スマホ(iphone5C)を見ながら、新スマホ(iphoneSE)にマニュアルで入力した。

留意:
iCloudは、Appleが提供している5GBまで無料で使えるクラウドサービスで、iPhoneでiCloudに「Apple ID」でサインインすると、そのiPhoneの各種データが自動的にiCloudのサーバに保存される仕組みになっています。バックアップが取れる主なデータは、アプリ、メモ、キーチェーン、写真データ、音楽データです。音楽データ以外は、「設定 > Apple ID > iCloud」の順に選択することで、各データのバックアップを取るかどうかを設定できます。

AppStoreで求められるAppleIDが以前のIDである。

原因

App storeでログインしているApple IDと、過去にそのアプリをダウンロードした際のApple IDが違う為。

対応

一旦、サインアウトした後、サインインで新たなappleIDとパスワードを入力します。

①サインアウト

サインアウト

②サインイン

サインイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました