ネットで簡単!医療費控除の確定申告

医療費控除とは、1月1日から12月31日までの本人あるいは生計を一にする家族のために医療費を支払った場合、かかった医療費の一部を、確定申告することで税金(所得税)から控除されるというものです。確定申告というと、何か難しそうで、面倒だからやらない方が多いのではないでしょうか?
今回は、医療費控除の確定申告書の作成を、「国税庁の確定申告書等作成コーナー」を利用することで簡単に作成することができますので、その方法をご紹介します。源泉徴収票などを用意して、そのまま入力することで、ほんとうに簡単に作成できますので、ご利用をお勧めします。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

医療費控除の準備

医療費控除の申請条件

医療費控除は、おおまかにいうと、次の条件を満たす必要があります。

  • 自分自身と同一生計の家族のために払った治療目的の自己負担分であること。
  • 1年間(1月1日から12月31日)に払った医療費が一定額(※)を超えること。

※医療費が年10万円を超えなくても、「所得金額の5%」を超えれば医療費控除を受けられる可能性があります。総所得が200万円未満だとこの「所得金額の5%」が適用され、「課税標準(給与所得控除後の金額)の5%」と「10万円」を比較し、低い方の金額をを超えた場合、控除の対象となります。

医療費控除額の計算方法

医療費控除額=(医療費控除の対象になる医療費-保険金等で補てんされた金額)-10万円(総所得200万円未満の人は総所得金額等×5%)
注意:上記で、総所得とは会社員の場合は、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」

例:総所得=1,530,800、1年間の医療費合計額=82,220の時
医療費控除額=医療費:82,220-総所得x0.05=76,540=5,680
注意:これはあくまでも控除額なので、納める税金が5,680円少なくなるということではありません。

医療費控除に必要なもの

手元に用意するもの

①勤務先より受け取った源泉徴収票

②医療費の支出を証明する書類(領収書など)

③領収書のない医療費(通院交通費等)の支払明細(自分で作成する)

④還付金の振込先となる銀行口座

⑤マイナンバーと、本人確認書類
注意:マイナンバーは、「確定申告書」の作成時に入力しなければならない為、手元に必要ですが、本人確認書類は郵送する際に必要となります。

「確定申告書作成コーナー」で作成するもの

①確定申告書A様式

②医療費の明細書
「医療費の明細書」は、国税庁のホームページから「医療費集計フォーム」をダウンロードして、そのフォームに領収書の内容を転記、「確定申告書」の作成の際に、そのフォームを読み込んでデータを取得すると、印刷できるようになります。

医療費の整理

まずは、医療費の領収書を整理して集計する為に、国税庁のホームページから「医療費集計表」のExcelシートをダウンロードして、これに領収書の内容を転記して、医療費の集計表として整理します。

医療費集計表のダウンロード

国税庁のホームページにアクセス

確定申告特集をクリック

医療費集計フォームをクリック

Excelのフォームをダウンロード

領収書の整理

医療費の領収書を、ダウンロードしたExcelシートに、転記していきます。医療機関の住所も入力が必要ですが、領収書に記載されていますので、そのまま転記すればOKです。入力した「医療費集計フォーム」は、後で「確定申告書の作成」で、データを取り込み、「医療費の明細書」として印刷することができるようになります。

医療費控除の対象になる医療費

  • 病院、歯科の治療費、薬代
  • 薬局で買った市販の風邪薬
  • 入院の部屋代、食事の費用
  • 妊娠中の定期健診、検査費用、出産の入院費
  • 病院までの交通費etc

医療費控除の対象にならないもの

  • 人間ドック等の健康診断費用(病気が発見されない場合)
  • 自分の都合で利用する差額ベッド代
  • 健康増進のビタミン剤や漢方薬
  • 病院までマイカーで行った時のガソリン代や駐車料金
  • 美容整形etc

※医療費控除の対象になるものとならないものの違いは、予防のためか治療のためか?です。例えば、インフルエンザの予防接種は医療行為ですが予防目的なので×。薬局で買った風邪薬は治療目的のため、○となります。

保険金等で補てんされた額

以下のようなものは、医療費から差し引くことが必要です。

  • 出産育児一時金(出産手当金は引かなくてもいいです)
  • 高額療養費
  • 生命保険や、損害保険の支払い保険金
  • 医療費の補てんを目的としてもらう損害賠償金

確定申告書の作成

確定申告書作成の準備

確定申告特集をクリック

国税庁のホームページ(http://www.nta.go.jp)にアクセスして、「確定申告特集」をクリックします。

確定申告書作成コーナーへをクリック

「申告書・決算書・収支内訳書等作成開始」をクリック

税務署への提出方法の選択

ここでは、「書面提出」を選択します。
注意:e-taxでは、カードリーダーの購入や手続きが必要となりますので、個人事業主として事業しているのではない限り、書面提出で十分です。

パソコンの環境チェック

全てにチェックを入れて、次へをクリックします。

申告書の選択

「所得税コーナー」へを選択します。

①入力方法の選択
ここでは、会社から給料(年末調整済み)をもらっている社員が医療費控除で確定申告をするケースなので、「給与・年金の方」を選択します。

②入力原票の準備
「給与所得の源泉徴収票」を準備します。

申告書の設定

①提出方法の選択
「書面提出」を選択していますので、「確定申告書を印刷して税務署へ提出」をチェックして、自分の生年月日を入力します。

②所得の種類選択
ここでは、「給与のみ」を選択します。

③給与所得の内容等選択
ここでは、「給与の支払者は、1か所のみ」と、「年末調整済みである」をチェックします。

④適用を受ける控除
今回受ける控除として、医療費控除にチェックを入れます。

申告書の作成

給与所得の入力

源泉徴収票を見ながら、入力します。

①支払金額、所得控除の額の合計額、源泉徴収税額

②16歳未満扶養親族の数、住宅借入金特別控の額、住宅借入金特別控除の額の内訳
今回は、「源泉徴収票の④から⑥欄の全てに記載がない。」をチェックします。

③支払者
自分の勤め先の住所と名前を入力します。

④給与所得入力内容の確認
これで、給与所得の入力が終了です。

医療費控除の入力

医療費控除の「入力する」を選択します。

①医療費の入力方法の選択
ここでは、「医療費集計フォームに入力したデータを読み込む」を選択します。

②医療費集計フォームの読み込み
「ファイルを選択」をクリックして、該当ファイル(医療費集計フォーム)を選択します。

③読み込み結果の表示

④読み込み内容の確認

⑤医療費控除の内容確認
医療費控除の入力が終了して、結果が表示されます。

⑥医療費控除入力の終了

⑦計算結果の確認

申告書の完成

住民税等に関する事項の設定

住所・氏名等の入力

納税地の入力

金融機関の入力

マイナンバーの入力

申告書等印刷

①PDFファイルの出力
「申告書等を全て印刷する。」にチェックを入れて、「帳票表示・印刷」をクリックすると、PDFファイルが出力されます。

②作成後の確認事項

申告書の終了

確定申告書の郵送

確定申告書の印刷

PDFファイルより印刷される確定申告書等は、以下の通りです。

  1. 確定申告書A第1表:提出します。
  2. 添付書類台紙:提出します。
    (源泉徴収票の原本と、マイナンバーの本人確認書類のコピーを貼付)
  3. 確定申告書A第2表:提出します。
  4. 医療費の明細書:提出します。
    (一緒に、領収書も封筒に入れて提出します。)
  5. 確定申告書A第1表(控):控です。提出or提出しません。
    (受け取り確認が必要な場合、これも提出すると押印して戻してもらえます。)
  6. 確定申告書A第2表(控):控です。提出しません。
  7. 提出書類等のチェックシート・提出しません。

確定申告書の郵送

注意:申告書類を提出して、だいたい1カ月から1カ月半ほどで還付金を受け取れます。

出力される帳票イメージ







スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

フォローする