国民年金の任意加入のすすめ

国民年金の加入期間は、20歳から60歳までの40年間と決まっていますが、保険料の納付期間が40年以下だった場合は、満額を受け取ることは出来ず、支払期間に応じた年金額しか受け取ることができません。国民年金保険料は、5年前まで遡って納付することができますが、それ以前の未納分は納付することはできません。そこで用意されているのが「任意加入制度」です。国民年金保険に加入している人で、支払期間が40年に満たない人であれば、誰でも利用できます。任意加入は60歳の誕生日の前日以降に手続きをします。それより早く手続きすることはできません。また、支払方法は原則として口座振替となります。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

任意加入の対象者は?

任意加入被保険者になれる人の条件は以下の通りです。

  1. 20歳以上60歳未満で日本国内に住んでおり、老齢厚生年金を受けることができる人
  2. 日本国内に居住している60歳以上65歳未満の人
  3. 日本国籍を有している20歳以上65歳未満の海外居住者

注意:次の方は任意加入ができません。

  • 老齢基礎年金の「繰上げ支給」をしている人
  • 厚生年金・共済組合等に加入している人
  • 40年(480ヶ月)の満額納付が済んでいる人

毎月の保険料はいくらですか?

国民年金の保険料は、月額16,490円(平成29年度)です。
支払方法は、原則として口座振替となります。

国民年金追加年金制度があります。

国民年金の一般保険料に加えて付加保険料(月々400円)を納めると 老齢基礎年金に付加年金が上乗せされます。 付加年金の年金額は、200円×付加保険料納付月数となります。
<60歳から65歳になるまで付加保険料を納めた場合>
5年間の付加保険料納付額・・・・24,000円(60ヶ月×400円)
付加年金額(年額)・・・・・・・ 12,000円(60ヶ月×200円)
<手続き>
備え付けの用紙に必要事項を記入して、市(区)役所、町村役場又は年金事務所にご提出します。

どこで手続きすれば良いですか?

本人の住む市又は町村役場の国民年金担当窓口で、以下のものを用意して申込みます。

  • 年金手帳又は基礎年金番号通知書
  • 預貯金等通帳、印鑑(金融機関届出印)

国民年金(老齢基礎年金)は、いくらもらえるの?

支給要件

老齢基礎年金は、保険料を納めた期間と免除された期間の合計が10年以上ある場合、65歳になった時に支給されます。また、繰り上げ支給や繰り下げ支給で60歳からの支給、又は70歳からの支給も可能です。

年金額(平成29年4月分より)

免除期間がない場合

例:20歳から5年間、保険料未納期間がある人の場合

免除期間がある場合

①2009年4月以降


※反映割合は、全額免除は4/8、3/4免除は5/8、半額免除は6/8、1/4免除は7/8

②2009年3月以前


※反映割合は、全額免除は2/6、3/4免除は3/6、半額免除は4/6、1/4免除は5/6

留意:
国民年金は20歳から60歳まで40年間(480月)全て納付した場合に年77万9,300円(平成29年度)もらえます。つまり77万9,300円÷480月の計算で、保険料を1ヵ月納める毎に年額約1,623円増額されます。保険料は月16,490円(平成29年度)ですので、16,490円÷1,623円≒10年となり、計算上は約10年以上経過(75歳以上まで)で元が取れる計算となります。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

フォローする