医療費が高額になりそうな時は、 限度額適用認定証を申請しよう

病気や入院などで、医療費が高額となった時に、一定額を払戻すことができる制度が、「高度療養費制度」です。一旦、支払った後、後から払戻される事は皆さんご存知だと思います。後で払い戻すことができるとは言っても、通常2~3ヶ月位かかりますので、一時的な負担は、大きくなります。ところが、「限度額適用認定証」を保険証と併せて病院の窓口で提示すれば、後での払戻しの手続きなしで、自己負担限度額のみの支払いで済ませることができます。後からの申請は面倒ですので、前もって申請しましょう。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

自己負担限度額

自己負担限度額は、被保険者の所得区分により異なります。医療機関に限度額適用認定証を提示することで、同一の月において、それぞれ医療機関ごとの窓口での負担金の支払いが自己負担限度額までとなります。
注意:
保険外負担分(差額ベッド代)や入院時の食事負担額等は対象外。また、同じ医療機関であっても、「医科入院」「医科外来」「歯科入院」「歯科外来」に分けて計算します。

70歳未満


(出典:全国健康保険協会パンフレット「限度額適用認定証の交付を受けられた方へ」より)

※多数該当とは、診療月以前から1年間に3回以上の高額医療費の支給を受けた場合は4回目から自己負担限度額が軽減されます。

70歳以上75歳未満


(出典:全国健康保険協会パンフレット「限度額適用認定証の交付を受けられた方へ」より)

注意:
所得区分が「現役並みⅠ」,「現役並みⅡ」の方は「健康保険証」「高齢受給者証」「限度額適用認定証」を提示することで、自己負担限度額までの支払いとなりますが、「一般」及び「現役並みⅢ」の方は、「健康保険証」「高齢受給者証」を提示することで自己負担限度額までの支払いとなります。
※「一般」「現役並みⅢ」の方は、限度額適用認定証は発行されません。

「限度額適用認定証」の申請

各健康保険の窓口に申請して発行してもらいます。

組合健保

各健康保険組合が窓口となります。

国民健康保険

自分が住んでいる市区町村の国民健康保険の窓口に申請します。

協会けんぽ

協会の各都道府県支部に申請します。様式は協会けんぽのサイトからダウンロードできます。

限度額適用認定証の受取

郵送で申し込みを行い、約1週間で届きます。

医療費精算

以下の医療費明細は、「大腸ポリープの内視鏡による切除」の為、9月5日入院して9月7日に退院した際の支払明細です。限度額適用認定証をを提示して、自己負担限度額は57,600円ですが、入院期間が短い為、医療費3割負担として51,310円にしかなりませんでした。
合計医療費=171,040円✕0.3=51,312よって、51,310円(食事代、個室代は除く)

スポンサーリンク
投稿本文(h2)