ライフハックの活用は、ビジネスマンに求められる必須スキル

ウィキペディアで検索すると、LifeHack(ライフハック)は、情報処理業界を中心とした「仕事術」のことで、いかに作業を簡便かつ効率よく行うかを主眼としたテクニック群と定義されています。
それは、自身の生活や仕事のスタイルにおいて「気の利いた手段で、もっと快適に、もっと楽して、もっと効率良く」というスタイルを追求して行く事に他ならないのですが、これをコンピュータなどをツールとしてどのように活用するか?を体系化していったものが、所謂、LifeHackと言われています。

言葉としては、新しいものですが、情報をいかに整理して、必要な際に利用できるか?を追求することが、仕事において、非常に重要な事は、今も昔も変わりはありません。

Web上でアプリケーションが動かせるようになり、また、携帯電話が、情報端末に移りつつある中で、多くの便利なツールが現われました。今や、PCの中だけで、情報を整理していた環境から、Web(例えば、DropBox,googledrive,googledocument等)や携帯端末(EverNote等)でも情報管理ができる様になり、同期を取ることも可能となりました。

ところが、インターネットのなかった時代からすれば、こんな便利で、有効な環境を多くは無償で活用できるのに、無知或いは、関心がない人が多く、非常に゛もったいない゛と感じます。
このような環境を、いかに活用できるか?が、これからのビジネスマンに、求められるスキルの1つかも知れません。

(補足)
ストレスフリーの仕事管理術について解説しているデビッド・アレンの著書「Getting Things Done」(GTD)が有名となりましたが、LifeHackは、モチベーション管理、ToDo管理、仕事術、生活を便利にするテクニック等を言い、今では多くのテクニックが公開されています。生産性を向上させることができることから、特にビジネス上の仕事術として注目されています。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

フォローする

スポンサーリンク
投稿本文(h2)