iphone画面をリアルタイムに PCに表示させる方法

iphoneのアプリの紹介や、自分のブログがスマホでどのように表示されているかを伝えたい場合に、スマホの画面がキャプチャできればいいなと思っていました。
スマホやカメラ付き携帯の画素数は飛躍的に伸び、今では下手なカメラを買うよりも、良い写真が撮れたりします。が、何といっても、その写真をPCに移動させる場合に、メールで送ったりなどちょっと面倒です。
iphoneの場合、メモリカードが無い為、ますます億劫となります。
そこで、今回、ご紹介するのが、iphoneの画面をリアルタイムでパソコンに表示できるミラーリングツールです。
「Reflector」と「LonelyScreen」という2つのツールをご紹介します。「Reflector」は、iphone限定ですが、動画も10分間取れ、Wi-fiで直接、PCに保存できます。写真の場合は、ミラーリングで表示された画面をそのまま、PCのキャプチャーソフトでキャプチャすれば、写真を転送することもありません。

「LonelyScreen」は、2016.12現在、最新のIOS10に対応していません。先日iphoneのOSをバージョンアップした途端、それまで使えていたミラーリングが全く使えなくなってしまいました。iphone側は問題ないのですが、LonelyScreen側が全く反応しません。バージョンアップを待ちましょう。2016.12.29追記
2017.03現在、「LonelyScreen」の最新バージョンを再度、インストールし直すと、ミラーリングできるようになりました。2017.03.14追記

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

Reflector

Reflectorのダウンロード

Reflector is a wireless mirroring and streaming receiver for Android devices, iPhone, iPad, iPod, Mac and Windows computers and Chromebooks.

ダウンロード画面の表示

rf-install1
rf-install1

今すぐ試用をクリック

rf-install2
rf-install2

Download FREEを選択します。

パソコンに合わせて、32ビットか64ビットを選択して、ファイルを保存をクリックします。
rf-install3
rf-install3

インストール

インストールの開始

「I accept the・・・」にチェックを入れて、「Install」をクリックします。
rf-install4
rf-install4

インストールの終了

rf-install5
rf-install5

運用方法

起動

起動して表示された画面より、「Reflector2をトライアルする。」を選択します。
rf-setting1
rf-setting1

設定

設定画面が表示されますが、特に設定の必要はなく、デフォルトのままでOK
rf-setting2
rf-setting2

iphoneの設定

iphoeのホーム画面からスワイプしてコントロールセンターを表示します。
rf-setting3
rf-setting3

AirPlayミラーリングをタップします。

ミラーリング

rf-setting4
rf-setting4

LonelyScreen

さきにご紹介した「Reflector」は、無料での試用できますが基本的には有料ソフト(それほど高価ではありませんが)です。そこでご紹介するのが、無料で利用できる「LonelyScreen」です。

ダウンロード

窓の杜からダウンロードします。
ls-install1
ls-install1

インストール

インストールの開始

インストーラをダブルクリックして、インストールを開始します。
(Bが10分から15分位かかります。)
ls-install2
ls-install2

ls-install3
ls-install3

インストールの終了

インストールが終了すると、デスクトップとスタートメニューに「LonelyScreen」のショートカットが作成されます。インストール後は、以下の通り、起動状態となっています。
ls-install4
ls-install4

LonelyScreenの運用

起動

LonelyScreenのショートカットをダブルクリックして起動します。
ls-setting1
ls-setting1

「AirPlay」のタップ

iphone側で、コントロールセンターから「AirPlay」をタップします。
iOS端末の“コントロールセンター”(画面を下から上にスワイプすると現れる)にある[AirPlay]ボタンを押せば、“LonelyScreen”が“AirPlay”の接続先として選択できるようになります。
ls-setting2
ls-setting2

ミラーリング

ls-setting3
ls-setting3

ビデオ撮影

①スタートボタンを押下すると、ビデオが開始されます。

ls-setting4
ls-setting4

②ビデオ撮りをストップする場合は、ボタンを押下します。

ls-setting5
ls-setting5

③ビデオファイルが表示され、ビデオフォルダに格納されます。

ls-setting6
ls-setting6

ls-setting7
ls-setting7

LonelyScreenの終了

終了の場合は、「Exit LonelyScreen」を押下します。
ls-setting8
ls-setting8
スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

フォローする