管理職はcontrolするのではなく、manageする専門職

日本の職場の中にあって、“マネージャー”という呼称は「管理職」を意味し、「ゼネラリスト」的に使われてきました。しかし、本来“マネージャー”は、ゼネラリストではなく、「業務遂行に必要十分なマネージメントのスキルを備えた専門職」と考えるのが適切です。例えば、「ファンド・マネージャー」や「ケア・マネージャー」、「プロジェクト・マネージャー」は明らかに専門職です。本来、「監督」と「管理」は違うものですが、日本語においては、殆ど明快な区別が付けられていません。が、英語では明確に区別されています。

「監督」にあたるのが「supervise」または「control」で、管理を意味する「manage」とは異なります。「manage」には、「その気にさせて目的を達する」とか「首尾よく…する」という意味もあります。「supervise」や「control」にはそのような意味はありません。「Manage」を辞書で引けば「権限を持つ人が、巧みに人を使用し、細かなところまで気を配ってある目的を達する。あるいは事業をおこなう」とあります。
マネージャーとは、まさにそんな人です。

では、現実に「人をその気にさせて」いるマネージャーはどれだけいるでしょうか。そして、目的を達する為に「細かなところまで気を配って」いるマネージャーがいるでしょうか。
残念ながら、そのようなマネージャーは少ないといわざるを得ません。
つまり、多くのマネージャーが行っているマネジメントは「Manage」ではなく「Control」なのです。

「Control」は、『do things right=ことを正しくする』ことであり、「Manage」は、『do right things=正しいことをする』ことです。いわば、マネジメントは成長のための活動であり、コントロールは失敗しないための活動。マネジメントとコントロールのいずれも大切ですが、前に進むには、マネジメントの視点が必要です。

品質の問題の多くは、「管理」にあるような気がします。
例えば、担当者の作業の段取りの悪さは、直接その人のところに仕事の依頼が入ってしまう管理の仕組みが原因であったり、何度も同じような問題が発生するのは、一度起きた問題に対する情報の共有ができていない為だったりします。
だとすれば明らかにこれは、「管理」の問題、controlではなく、manageの問題です。

管理職とは、controlするのではなく、manageする専門職なのです。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

フォローする

スポンサーリンク
投稿本文(h2)