大人気Mixhostにサーバーを移転しました。

シェアする

大人気のレンタルサーバーmixhostに移転しました。以前から気になっていたのですが、思い切って移転をしました。移転を決めた最大の理由は、やはりサイトスピードの改善です。昨年の夏PCが壊れた為、新たにPCを購入したのですがその際にディスクをSSDに交換しました。「HDDのPC」と「SSDのPC」では、その速度の差は歴然です。Mixhostでは、そんなSSDに完全対応しています。(2017.07月からXserverもSSD対応を始めて、既存ユーザーにも順次対応との事。)
また、サーバーソフトとしては一般的にApacheが利用されていますが、その上位互換であるLiteSpeedを採用し、HTTP通信プロトコルの最新版である「HTTP/2」まで利用できます。そして、mixhostでは゛LiteSpeed Cache゛というWordPress専用のキャッシュプラグインが使えますので、さらにスピードUPが期待できます。
まずは、サイトスピードの測定で有名な「PageSpeed Insight」と「Gtmetrix」で移転前と移転後で計測してみましたので、確認下さい。

スポンサーリンク
レスポンシィブ

サーバー移転の目的

サイトスピード

PageSpeed Insight

PageSpeed Insightでは、それほど大きな変化はありませんでした。

①移転前

②移転後

③LiteSpeedCache導入後

Gtmetrics

Gtmetricsでは大きな改善がなされました。

①移転前

②移転後

③LiteSpeedCache導入後

価格

「SSD」、「LiteSpeed」、「HTTP/2、QUIC」対応で、xserverとあまり変わらないのはありがたいです。エックスサーバーの「x10プラン」に相当するものが、「スタンダードプラン」になります。

Xserverに比べて、極端に容量が少ない気がしますが、単なるWordPressサイトを運営するのであれば、スタンダードプランで十分すぎるようです。「寝ログ」を運営している゛わいひら(yhira)゛さんによれば、他のWordPressサイトよりは大きめの画像を比較的多数掲載しているサイトでも、3年半以上運営してきて、ようやく「ディスク使用量」が12GB弱との事ですので、40GBあれば十分です。でも、40GBと200GBは差がありすぎますね。Mixhostさんお願いします。

サーバーの移転代行サービス

サーバーの移転で最も心配なのが、失敗せずに移転できるだろうかということです。何年も続けているブログが突然画面が白くなり、アクセスできなくなったりしないかと恐怖です。サーバーは移転したいげど、失敗が怖いのでしないという方が多いのではないでしょうか?
そんな方にありがたいサービスが「WordPress移転代行サービス」です。「WordPressのサーバー移転」を、9980円(税別)という格安価格でやってもらえます。(SSL化済みの移転の場合、追加料金として3,980円が必要となります。)今回、このサービスを利用して、Xserverからmixhostへサーバー移転を実行しました。



サーバー移転の流れ

サーバーレンタルの申込み:2018.05.12(土)

まずは、サーバーレンタルの申込みを行います。

「WordPress移転代行サービス」への申込み:2018.05.12(土)

次に、「WordPress移転代行サービス」へ申込みを行います。

サービス料金

他社サーバーで独自ドメインを使用してWordPressを運用していて、mixhostと契約して移転を希望する場合

  • 基本料金:1サイトにつき9,980円(税別)
  • 所要日数:通常お申込み後5営業日以内に対応

オプション料金

下記に該当する場合は基本料金に追加が発生します。

  • SSL化済みのサイトの移転:3,980円(税別)
  • 非SSLのWordPressサイトのSSL化:4,980円(税別)

料金請求メールが届きカードで支払い:2018.05.14(月)

基本料金:9,980円+オプション:3,980円+消費税1,117円=15,077円

Mixhostより移転代行日時等の連絡:2018.05.15(火)

「WordPress移転代行サービス」への申込みを行うと、FTP情報など必要な情報の提供依頼と、移転代行日時の確認メール(いつ移行すれば良いか?)が届きます。メールには以下の注意書きが記載されています。
注意:
移転代行当日は、記事の更新を行わないこと。(更新が必要な場合は、移転代行当日までに予約投稿を利用)
※移転代行日(2018.05.18日に決定)が決まりましたら、移転代行が実施されます。

移転代行完了メールが届く:2018.05.18(金)

問題なく動作しているか確認します。

メールアドレスの作成:2018.05.19(土)

独自ドメインのメールを使用していた場合は、ネームサーバーの変更前にMixhostにメールアカウントの設定を行います。

ドメインのネームサーバーの変更:2018.05.19(土)

動作確認が取れましたら、旧サーバーで、ドメインのネームサーバーの変更をします。

サーバーレンタルの申込

「お申し込み」をクリック

mixhostのHPから「お申し込み」をクリック

サーバーの選択

スタンダードを選択して、「続ける」をクリックします。

初期ドメインの設定

任意の初期ドメインを入力して、「続ける」をクリックします。

ご注文内容の確認

確認画面が表示されますので、「お客様情報の入力」をクリックします。

お客様情報の入力

お客様情報の入力画面が表示されますので、入力して「注文完了」をクリックします。

注文の確認

申込みが完了して、注文番号が表示されます。

サーバーアカウント設定メールの受信

サーバーレンタルの申込みが終わると、「サーバーアカウント設定メール」が届きます。

WordPress移転代行サービスの申込み

レンタルサーバーの申込みが終われば、mixhostのホームページから、オプションを選択して、「WordPress移転代行サービス」を申し込みます。

画面をスクロールさせると、「お申込み方法のご案内」が表示されます。

お申込み方法のご案内

「ご契約後のお問い合わせ」をクリック

「WordPress移転代行サービスのお申込み」をクリック

お問い合わせ情報の入力

この画面から、移転するサーバーの情報を入力します。

  • 移転を希望するWordPressサイト数:1サイト
  • 移転を希望するWordPressサイトURL:https://sample.com/
  • 現在ご利用のレンタルサーバー名:xserver
  • SSL化オプションの利用有無:利用する。

送信をクリック

内容を入力して「送信」をクリックすると、以下の通り、「お問い合わせ№」が表示されます。

サーバー追加情報要請メール

「WordPress移転代行サービス」への申込みを行うと、FTP情報など必要な情報の追加提供依頼と、移行代行日時の確認メール(いつ移行すれば良いか?)が届きますので、内容を記載して返信します。私は、「最短」でお願いしました。

サーバー移転日報告メール

サーバー移行を、5月18日に行うとのメールが届きました。

サーバー移転完了

2018.05.18、14:17、Mixhostよりサーバー移転完了メールが届きました。サーバーの移転が完了したので、確認頂いた上で、ネームサーバーの変更を行って下さい。との事でした。

  1. hostsファイルを変更して、新サイトからのアクセスを確かめる
  2. mixhost にメールアカウントを設定する。(独自ドメインのメールを使用していれば)
  3. ネームサーバーの変更

メールアドレスの作成

cPanelにログイン

独自ドメインのメールを使用していた為、ネームサーバーの変更前にMixhostにメールアカウントの設定を行います。

電子メールアカウントの作成

電子メールアカウントの選択

電子メールの作成

①独自ドメインの選択

②電子メールの設定

完了

ネームサーバーの変更

インフォトップパネルにログイン

ドメインパネルの選択

ネームサーバーの変更をクリック

スポンサーリンク
レスポンシィブ