NetCommons3のインストール方法

NetCommons(ネットコモンズ)は、PHP、MySQLなどの上で動作するコンテンツ管理システム(CMS)であり、国立情報学研究所NetCommonsプロジェクトが開発しています。Netcommons1.x系はXoopsをベースに開発され、GPLライセンスで公開されていましたが、NetCommons2.0以降のバージョンはMapleを土台に一から開発され、FreeBSDライセンスの下で公開されています。(引用:Wikipedia)
社内のポータルサイトとしてCMSを導入することを検討した結果、Netcommosを導入することとなり、Xserverへインストールしましたので、その手順をご紹介します。
NetCommons には、「パブリック」、「プライベート」、「コミュニティ」の3つの階層と「管理」スペースがあります。 「パブリック」は公開スペース、「プライベート」はIDを持つ本人のみに表示されるスペース、「コミュニティ」は登録メンバー限定で表示される非公開スペースで、ログインしなければ閲覧することができません。「パブリック」と「コミュニティ」には「ルーム」を設置することができ、ルーム内には「ページ」を持つことができます。ルームに割り当てられたページ上に掲示板・ブログ・共有キャビネット・小テスト・アンケート・ToDo管理等のプラグインを配置することによって、グループウェア、e-ラーニングサイト等して多様な目的のために活用することができます。
[ 完成イメージ ]
スポンサーリンク
投稿本文(h2)

NetCommons3のダウンロード

ダウンロード

解凍

データベースの作成

ログイン

インフォパネルの表示

サーバーパネルの表示

設定ドメインの選択

設定ドメインの表示

データベースの追加

MySQL設定の選択

MySQL設定パネルの表示

データベースの追加

MySQLユーザーの追加

ユーザーの関連付け

追加したデータベースと、MySQLユーザーを関連付けます。

①ユーザーの選択

ユーザーを選択して「追加」をクリックします。

happycare_n3(sv1234.xserver.jp)を選択して、「追加」を押下します。

②結果の確認

ログアウト

これでデータベースの作成が完了しましたので、ログアウトします。

システムのアップロード

WinSCPを起動

renameしたフォルダ「nc」をpublic.html直下にアップロードします。

public_html直下にアップロードされました。

NetCommons3のインストール

ブラウザで開く

利用規約の表示

ブラウザでURLのhttps://happycare.com/nc/を開くと、以下のような利用規約が表示されますので、「次へ」をクリックします。

警告が表示される。

一旦、ブラウザを閉じます。

注意:
imagicは、ハンドルから文字アバターを自動変換する処理で使っているようで、UI的にアバターのみ表示している画面で、全てのアバターがnoimageになってしまうため、誰が誰だかわかりにくくなりますが、それ以外の機能には影響はないとの事。

警告文の対応

check.phpの作成

TeraPadで、phpのパスを確認する為に、check.phpを作成して、アップロードします。

check.phpのアップロード

ncフォルダのあるディレクトリーに、check.phpを置きます。

check.phpの起動

ブラウザより、check.phpにアクセス
例:https://happycare.com/check.php

パスの確認

bindir=/opt/php-5.6.30/bin

check.phpの削除

パスを確認すれば、アップロードしたcheck.phpは削除します。

cakeの変更

①cakeのダウンロード

②パスの変更

cakeのアップロード

パーミッションの変更

nc/app/Console/cakeの実行権限を644から755に変更します。

再インストール

利用規約の表示

ブラウザでURLのhttps://happycare.com/nc/を開くと、以下のような利用規約が表示されますので、「次へ」をクリックします。

バージョンチェックの表示

パスが通って正常に表示されます(imagicはNGです。)ので、「次へ」をクリックします。

データベースの設定

管理者ユーザーの作成

言語の選択

インストール完了

ホームの表示

スポンサーリンク
投稿本文(h2)