NetCommons3プラグイン「汎用データベース」の設定方法と使い方

テーマにそったデータベースを構築し、それを公開することでサイトの求心力を高めることができるツールが「汎用データベース」プラグインです。例えば、商品一覧など同じような情報がいくつもある場合にそれらの情報を一覧表示したり、登録するときに使います。また、イベントや講座情報を掲載することにも使えます。情報の項目(商品番号・商品名・商品説明など)、及びその属性(テキスト・画像・文章・リンクファイル・URLなど)が自由に設定できるものとなっています。件数表示や表示順の並び替え(カテゴリ・作成日時・更新日時など)も可能です。カテゴリを選択することで、特定のカテゴリに分類されたデータだけを抜き出して表示させることもできます。さらに、機能の中に情報のエクスポート・インポートの機能があり、情報の追加などは、一括で登録やCSVへの出力ができ、非常に便利です。

スポンサーリンク

汎用データベースの追加

ログイン

サイトの表示

Webサイトが表示された画面

ログイン

ログインすると、ホーム画面が表示されます。

ログインした画面

コミュニティを選択

「弐番館」をクリック

メニューの弐番館を選択した画面

「セッティングモードON」をクリック

「セッティングモードON」を選択した画面

注意:
「コミュニティ共通のエリア」が選択されていない場合は、「コミュニティ共通のエリア」を選択します。

「コミュニティ共通のエリア」の選択ボタン

プラグインの追加

「プラグイン追加(センター)」をクリック

「プラグイン追加(センター)」を選択した画面

弐番館には、「掲示板」、「カレンダー」、「ブログ」、「フォトアルバム」、「派遣社員情報」という5つのプラグインがあります。ここに「汎用データベース」を追加します。

「汎用データベース」を選択して、「+追加」をクリック

「汎用データベース」を選択して、「+追加」をクリックした画面

既に、「入居者基本情報F1」という汎用データベースを作成していますので、それが表示されています。

「汎用データベース」の登録(全体像)

具体的なデータベース項目の1つ1つの設定方法については、「入居者基本情報データベースの登録」にて説明しますので、ここでは全体の流れについて説明します。

新たな「汎用データベース」を追加しますので、「+追加」をクリックします。

汎用データベースの追加登録画面

①データベース名の登録

ここでは、「入居者基本情報F2」と入力します。

データベース名の登録画面

②データベース項目の設定

データベース項目は、3段構成で設定することができ、1段目が1列、2段目が2列、3段目が1列の設定となります。

データベース項目の選択画面

サンプルデータが設定されていますので、そのままを登録すると、具体的に1段目、2段目、3段目の表示は、以下の様になります。

データベース項目設定後の全体確認画面

③「決定」をクリック

1段目、2段目、3段目のデータベース項目の設定が終わりましたら、「決定」をクリックします。

データベース項目の設定完了ボタン

④データベースの追加完了

「入居者基本情報F2」というデータベースが追加されました。

データベース項目の設定完了の確認画面

「汎用データベース」の登録(全体像)完了

①「終了」をクリック

「汎用データベース」の登録終了ボタン

②プラグインの位置変更

現在、汎用データベースが画面のトップに位置していますので、これを「派遣社員情報」の前、フォトアルバムの後ろに位置付けます。↓をクリックすると、次の位置に位置付けられますので、4回クリックすることで、フォトアルバムの後ろに位置付けられます。

プラグインの追加位置変更画面

③「セッティングモードOFF」をクリック

「セッティングモードOFF」を選択した画面

スポンサーリンク

入居者情報データベースの登録

「入居者基本情報F2」の設定

「汎用データベースの登録(全体像)」がわかったところで、実際のデータベース項目の設定について、具体的に登録方法を説明します。

設定するデータベース項目の準備

どのようなデータベースを作成するのか?を予め、項目等を確定しておきます。今回は、以下のようなデータベースを作成します。

データベース項目一覧としてのEXCELシート

データベース設定画面の表示

データベース設定画面

データベース名の登録

ここでは、「入居者基本情報F2」と入力します。

データベース名の登録画面

ここで、入力の決定をクリックするのではなく、データベース項目の設定が全て終わった時点で、「決定」をクリックします。

データベース項目の設定

データベース項目を1段目から順次、設定していきます。既にサンプルとして設定してある項目を修正、変更する要領で設定していきます。

①タイトルの入力

ここでは、タイトルは「部屋番号」と入力します。

部屋番号と入力した項目

②利用者名の設定

サンプルとして設定してある項目を変更する要領で設定していきますので、「>ふりがな」をクリックして、項目名を「利用者名」に変更します。チェックは、以下の通りとします。

利用者名と入力した項目

③性別の設定

サンプルとして設定してある項目を変更する要領で設定していきますので、「>カテゴリ」をクリックして、項目名を「性別」に変更します。チェックは、以下の通りとします。
属性は「択一式」ですので、選択肢として「男」、「女」を登録します。但し、このままだと、初期表示が「男」となってしまいますので、「選択」という選択肢を追加して、これを初期表示させます。

性別と入力した項目

④要介護度の設定

サンプルとして設定してある項目を変更する要領で設定していきますので、「>概要」をクリックして、項目名を「要介護度」に変更します。チェックは、以下の通りとします。
属性を「択一式」として、要介護度を選択肢として登録します。

要介護度と入力した項目

注意:
選択肢の追加が効かないことがあります。その場合は、一旦、項目を削除して、項目を追加(+「追加」)してみて下さい。

⑤生年月日の設定

1段目のサンプル項目はなくなりましたので、「+追加」をクリックして、項目を追加します。「>無題」をクリックして、項目名を「生年月日」に変更します。チェックは、以下の通りとします。属性は、「日付」とします。

生年月日と入力した項目

⑥入居日の設定

1段目のサンプル項目はなくなりましたので、「+追加」をクリックして、項目を追加します。「>無題」をクリックして、項目名を「入居日」に変更します。チェックは、「生年月日」と同様にします。属性は、「日付」とします。
※画面のハードコピーは「生年月日」と同様の為、省略します。

⑦コメントの設定

1段目のサンプル項目はなくなりましたので、「+追加」をクリックして、項目を追加します。「>無題」をクリックして、項目名を「コメント」に変更します。チェックは、以下の通りとします。属性は、「テキスト」とします。

コメントと入力した鵜目

⑧ケアマネージャーの設定

ここから、2段目の設定となります。2段目は、2列の配列となりますので、項目の長さに気をつけて設定していきます。
サンプルとして設定してある項目を変更する要領で設定していきますので、「>連絡先」をクリックして、項目名を「ケアマネージャー」に変更します。チェックは、以下の通りとします。
属性は「択一式」ですので、選択肢として「ケアマネージャーの名前」を登録します。

ケアマネージャーと入力した項目

⑨キーパーソンの設定

サンプルとして設定してある項目を変更する要領で設定していきますので、「>担当者」をクリックして、項目名を「キーパーソン」に変更します。チェックは、以下の通りとします。属性は「テキスト」とします。

キーパーソンと入力した項目

以下、同様に2段目、3段目にデータベース項目を設定します。

⑩「決定」をクリック

1段目、2段目、3段目のデータベース項目の設定が終わりましたら、「決定」をクリックします。

データベース項目の設定完了ボタン

データベースの追加完了

「入居者基本情報F2」というデータベースが追加されました。

データベース項目の設定完了の確認画面

「入居者基本情報F2」の設定完了

「終了」をクリック

「汎用データベース」の登録終了ボタン

プラグインの位置変更

現在、汎用データベースが画面のトップに位置していますので、これを「派遣社員情報」の前、フォトアルバムの後ろに位置付けます。↓をクリックすると、次の位置に位置付けられますので、4回クリックすることで、フォトアルバムの後ろに位置付けられます。

プラグインの追加位置変更画面

「セッティングモードOFF」をクリック

「セッティングモードOFF」を選択した画面

汎用データベースの使い方

ログイン

サイトの表示

Webサイトが表示された画面

ログイン

ログインすると、ホーム画面が表示されます。

ログインした画面

コミュニティを選択

「弐番館」をクリック

メニューの弐番館を選択した画面

「入居者基本情報F2」の表示

画面をスクロールして、「汎用データベース」の「入居者基本情報」を表示します。

入居者基本情報F2の画面

「入居者基本情報F2の登録」

①「□追加」をクリック

入居者基本情報F2の追加ボタン

②入力項目の表示

入力項目が表示されますので、順次、入力していきます。

入力項目が表示された画面

③入力の完了

全ての項目の入力を終えましたら、「決定」をクリックします。

入力完了の決定ボタン

入力詳細画面の表示

入力した詳細画面が表示されますので、「←一覧へ」をクリックします。

入力詳細画面

注意:
詳細画面とは、データベース項目の設定時に、「詳細画面に表示する項目」として指定した項目です。

「詳細画面に表示する項目」の設定画面

入力一覧画面の表示

入力一覧の画面

データベースの入力方法

日付の入力

日付の入力画面

日付にカーソルを位置づけるとカレンダーが表示されますので、カレンダーから、日付を選択します。
注意:
日付と共に、時刻が必須入力となっていますので、そのまま入力します。(現時点の時刻が表示されているようです。プログラムバグのようです。)

カレンダーから日付を選択する画面

例:1952年10月21日の時

①年をクリック

日付の年度の選択方法

②年の範囲が表示されますので、該当年があれば、クリックします。

年度範囲の選択方法

③年の範囲に該当年がなければ、見つけるまで「<」をクリックします。

年度範囲の切り替え方法

④1952年が見つかったので、クリックして、10月のカレンダーが表示されたら、21日をクリックします。

年度の確定方法

選択(択一式)入力

▼をクリックすると、選択肢が表示されますので、選択します。

選択入力の方法

汎用データベースのエクスポート

ログイン

サイトの表示

Webサイトが表示された画面

ログイン

ログインすると、ホーム画面が表示されます。

ログインした画面

コミュニティを選択

壱番館の「入居者基本情報F1」というデータベースをエクスポートしてみます。

「壱番館」をクリック

メニューの壱番館を選択した画面

「セッティングモードON」をクリック

「セッティングモードON」を選択した画面

「入居者基本情報F1」の表示

画面をスクロールして、「入居者基本情報F1」のデータベースを表示します。

入居者情報F1を表示した画面

「設定」をクリック

設定を選択した画面

データベースのエクスポート

「編集」をクリック

編集を選択した画面

「エクスポート」をクリック

エクスポートを選択した画面

ZIPファイルのパスワード設定

パスワードは使いませんので、パスワード欄をクリアして、「決定」をクリックします。

保存を選択した画面

「保存」をクリック

今回は、デスクトップに保存します。

「終了」をクリック

エクスポートの終了ボタン

「セッティングモードOFF」をクリック

「セッティングモードOFF」を選択した画面

エクスポートデータの確認

エクスポートデータの解凍

エクスポートファイルの解凍画面

エクスポートデータの内容

正しく、エクスポートされていました。

エクスポートデータのexcelが表示された画面

※氏名、住所、電話番号等は架空のものです。

汎用データベースのインポート

ログイン

サイトの表示

Webサイトが表示された画面

ログイン

ログインすると、ホーム画面が表示されます。

ログイン画面

コミュニティを選択

弐番館の「入居者基本情報F2」というデータベースにインポートしてみます。

「弐番館」をクリック

メニューの弐番館を選択した画面

「セッティングモードON」をクリック

「セッティングモードON」を選択した画面

「入居者基本情報F2」の表示

画面をスクロールして、「入居者基本情報F2」のデータベースを表示します。

入居者情報F2が表示された画面

「設定」をクリック

設定が選択された画面

データベースのインポート

インポートフォーマットのダウンロード

データベースをインポートするにあたり、設定されているデータベースの項目で作成されているCVSフォーマットがダウンロードできますので、ダウンロードします。

①「編集」をクリック

編集が選択された画面

②「インポート」をクリック

インポートが選択された画面

③インポートファイルのダウンロード

「インポートファイルフォーマットのダウンロード」をクリックして、保存場所を選択して、「保存」をクリックします。

「インポートファイルフォーマットのダウンロード」が選択された画面

④「終了」をクリック

フォーマットのダウンロードが終わりましたら、一旦、画面を終了します。

終了が選択された画面

⑤「セッティングモードOFF」をクリック

「セッティングモードOFF」が選択された画面

データベースの記入

①インポートデータのCSVへの入力

ダウンロードしたインポートフォーマット(CSV)に、インポートするデータを入力します。

インポートデータのCSVへの入力画面

※氏名、住所、電話番号等は架空のものです。

②CSVフォーマットの確認

フォーマットがくずれていないか?「メモ帳」で開いて確認しておきます。

CSVフォーマットの確認画面

データベースのインポート

①「インポート」タグをクリック

インポートが選択された画面

②ファイルの選択

「ファイルを選択」をクリックして、インポートファイルを選択します。

ファイルが選択された画面

③「決定」をクリック

インポートファイルの決定ボタン

④インポート完了

インポート完了画面

⑤「終了」をクリック

終了を選択された画面

⑥「セッティングモードOFF」をクリック

「セッティングモードOFF」が選択された画面

データベースのKey生成

インポートしたデータベースは、データベースのKeyが生成されていない様で、インポートしたデータを呼び出し、「決定」をクリックしてKeyを生成する必要があります。

現象

インポートしたデータベースを、そのままエクスポートしてみると、以下の通り、最初に手入力したデータしかエクスポートされません。

エラーの現象が発生したexcelデータ

原因

インポートしただけでは、データベース(MySQL)のデータKeyが生成されていないものと思われます。

対応1

インポートしたデータを1件ごとに、「編集」にて呼び出し、「決定」をクリックします。

エラー対応1の実行画面

「編集」にて呼び出し、なにもせず「決定」をクリックすると、Keyが生成され、エクスポートされます。

エラー対応1の実行結果のexcelデータ

対応2

MultidatabaseContentImportsController.phpのプログラムを修正します。
注意:
修正により何らかの問題が発生したとしても、その責任は一切負うけできません。導入に際しては自己責任でお願いします。

①phpのダウンロード

/app/Plugin/Multidatabases/Controller/の中のMultidatabaseContentImportsController.phpをダウンロードします。

phpのダウンロード画面

②phpの修正

ダウンロードしたMultidatabaseContentImportsController.phpを修正します。
220行目の[‘status’] = 1;を[‘status’]= ‘1’;に修正します。

phpの修正画面

③phpのアップロード

phpのアップロード画面

コメント