介護が必要になったら、実際に月々、どのくらい必要なの?

ご家族が介護が必要となった場合に、月々、どれくらいお金が必要なのか?を、公益財団法人生命保険文化センターが全国実態調査で公表しています。この調査では、有料老人ホームへの入居に限定していない為、自宅介護も含めての結果となっていますが、世帯主や配偶者が要介護状態となった場合に、月々に必要な費用は、平成27年の調査では、10~15万円未満と考えている方が最も多いのですが、平均すると月々の費用は、16.8万円となっています。

nursing-cost
nursing-cost

介護が必要となり、住宅型有料老人ホームへ入居した場合には、どのくらいの費用が必要なのか?をご紹介します。
私が勤務しています住宅型有料老人ホームでは、費用をできる限り抑えて月額利用料(家賃)=95,200円という低価格を実現しています。電気代、水道代そして食事代も含めての95,200円は、全国的に見ても低価格となっています。
入居で必要となってくる月額費用には、月額利用料のほかに、介護費用やその他費用(医療費、娯楽etc)があります。
介護費用は、要介護度により異なりますが、自己負担額を1割(2割の場合もあり)として試算、その他費用は、合計で30,000円として試算すると、月額費用合計は以下の様になります。
月額費用合計=月額利用料+介護に必要な費用(自己負担額)+その他費用(医療費、娯楽費etc)

<月額費用合計シミュレーション>
nursing-cost2
nursing-cost2

介護保険を100%利用した場合、月額費用合計は、要支援1の方の130,203円から要介護5の方の161,265円までとなり、全国平均の168,000円よりも低価格となっています。
一般的に、高額な入居一時金が必要な超高級マンションのような老人ホームを除けば、月額15万円~20万円かかると言われています。が、福岡では、実質は14万~17万円位の月額となります。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

フォローする

スポンサーリンク
投稿本文(h2)