WordPressは、商用でも無償で使えるオープンソースソフトウェア

著作権を英語でコピーライト(CopyRight)と言います。
コピー(Copy)する権利(Right)と言う意味です。書店で買った本は、自分のおもうように使う事ができ、処分することも自由です。それは、「民法」で所有権がみとめられているからです。しかし、「本を自由にコピーして配布してもよい」というわけにはいきません。「所有権」が認められる「物」とは、民法では「有体物」と規定されている為、情報(本)という「無体物」である「人の思想・感情が表現されたもの(著作物)」は、所有権の対象ではありません。つまり、この場合、「有体物」である本の所有権はありますが、「無体物」である「著作権」はない為、コピーして配布は許されないのです。

コンピュータのソフトウェアは、この著作権法によって守られています。
著作権法で規定されている権利には、公表権、上映権、頒布権、複製権などがありますが、ソフトウェアに最も関係するのが、複製権です。ソフトウェアを使用するにはインストールする必要があり、これがハードディスクへの複製になり、このとき複製の許可が必要になるわけです。ソフトウェアのインストール時に表示される「利用許諾」の画面には、そのソフトウェアを使用するための条件が書いてあります。これが一種の契約書になっています。ソフトウェアを利用するとき、我々は「条件に従う」ことに同意した上で、利用を許可してもらうという契約を結んでいます。これが、いわゆる「ライセンス契約」というものです。

さて、このコピーライト(右著作権)に対抗して、コピーレフト(左著作権)という考え方があります。
誤解を恐れずに言えば、コピーライトが、著作権の保護を目的として「これは 自分の物だ。ほかの人は許可なく勝手に使ってはいけない」という考えをするのに対して、コピーレフトは、思想や文化の普及を目的として「ソフトウェアは みんなの物だ。誰もが自由に使ってかまわない。誰かが自分だけの物にしたり、みんなが自由に使うのを 規制してはならない」という考え方をします。

「コピーレフト」を前提としたソフトウェアライセンスが、オープンソースというライセンス形態です。正確には、GNU General Public License(GNU GPLまたは単にGPL)です。
そして、GPLライセンスで作られた代表的なソフトウェアが、「Linux(リナックス)」であり、多くのオープンソース(「Apache(アパッチ)」「MySQL」「PostgreSQL」等)です。Linux(リナックス)は、ウェブサーバーによく利用されるOS(オペレーティング・システム)です。世界中のほとんどのウェブサーバーが、OSとしてLinuxを利用しています。つまり、「インターネットを利用するということは、Linuxを利用するということだ」と言っても過言ではありません。

実は、このサイトも「WordPress」というオープンソースを利用して作っています。
このため、WordPress(ワードプレス)のソフトウェアは、個人で利用する場合にも、商用で利用する場合にも、誰かにお金を払うことなく、無料で利用することができます。
なぜオープンソース・ソフトウェアが無料なのかというと、その理由のひとつは、世界中のプログラマーたちがボランティアで、つまり、無報酬でソフトウェアを作っているからです。世界のトップクラスのプログラマーが利害関係に縛られることなく、開発している為、企業がつくるソフトウェアよりも、むしろオープンソース・ソフトウェアの方が優れていることが多いのです。
もちろん、オープンソースを利用する場合は、有償サポートでない場合、基本的にサポートは受けられませんので、自己責任が前提となります。(プログラムミスは、自分で調べて、自分で直します。)ただ、運用サポートが有償であってとしても、「コピーレフト」ライセンスのソフトウェアを使うメリットは、コスト面から非常に、大きいのです。

こんなにもすぐれたソフトウェアを無償で提供頂けるコピーレフトのオープソースソフトウェアに感謝です。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)