PDF-XChange Viewerで、PDFに直接文字を書こう

資料がメールで添付されたり、サイトなどから資料をダウンロードする場合には、PDFが多くなりました。その場合に、PDFに直接、文字を書いたり、印鑑などのスタンプが押せると大変便利です。このソフトは、PDFビューワーとしての機能はもちろん、PDFに直接テキストを書き込んだり、図形を挿入したり、吹き出しを追加したりする機能を備えています。
PDFで作られた書式にタイプライターツールを使って、文書の任意のテキストなどを選択しアンダーラインや打消し線を引いたり、蛍光ペンでラインを引いたようなハイライト表示にすることが可能です。指定した部分にリンクを設置することもできます。また、アイコンやツールバーのデザインも良くてビューワーとして使っても軽快でお薦めです。
PDFファイルを画像ファイルとして出力することもでき、対応している出力形式は、BMP / JPEG / GIF / PNG / TIFF / TGA / JPEG 2000 / PCX / WBMP / PBM / PGM / PPM /JBIG2 / JNG / DCXなどになります。
海外製のソフトですが、日本語にも対応していますので、安心して使えます。

このソフトはすでに開発が打ち切られていますので、後継ソフトである「PDF-XChangeEditor」へ移行願います。

スポンサーリンク

ダウンロード

窓の杜からダウンロードします。
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/pdfxchange/

インストール

①インストールexeの起動

②言語の選択

③インストールの開始

セットアップウィザードの開始

使用許諾契約書の同意

同意するを選択して、「次へ」をクリック

インストール先の指定

そのまま、「次へ」をクリック

コンポーネントの選択

Languages file以外は、全て、チェックを外します。

プログラムグループの指定

そのまま、「次へ」をクリック

追加タスクの選択

デフォルトビューワーとしたくない場合は、下のチェックを外します。

登録情報の選択

Free版を選択します。

インストール準備完了

インストールをクリックするとインストールが開始されます。

インストール状況

セットアップウィザードの終了

すぐには実行しないので、チェックを外して「完了」します。

操作説明

初期設定

規定のPDFViewer設定

環境設定

①コメントとマークアップツールバー

「表示」→「ツールバー」→「コメントとマークアップツールバー」にチェックを入れる。

②プロパティツールバー

「表示」→「ツールバー」→「プロパティツールバー」にチェックを入れる。

③対象ファイルの選択

「開く」をクリックするか又は、画面の中心で、ダブルクリックすると、ファイル選択画面となります。

文字の入力方法

タイプライターツールの選択


マウスポインタの形が変わります。

文字の入力

開始位置にカーソルを持っていき、クリックすると、薄いシアンのマウスポインタに変わります。


文字を入力します。

PDFWindows
スポンサーリンク
シェアする
管理人
gungii

どうも、こんにちは!gungii(ガンジー)と申します。
2012年頃、一度に大腸がんと前立腺がんを患い、2ヶ月位入院していた為、職場の部下より、゛がんの爺さん゛とのあだ名をつけられ、以降、gungii(癌爺)と名乗っています。2021年06月でリタイアして、リタ活中です。パソコン大好きシニアが、これまでインプットしてきた経験と知識をアウトプットすることで、皆さんのお役に立てればうれしく思います。

gungiiをフォローする
gungiiのなるほどHack&Tips

コメント

タイトルとURLをコピーしました