ExcelやWord文書にパスワードをかける方法

重要な文書や、人に読まれると困る文書は、第三者に開けられたり、編集されたりしない様にパスワードで保護しましょう。パスワードで保護すると、読み込むときパスワードを求められるのでパスワードを知っている人しか内容を表示・編集できなくなります。パスワードには、読み取りパスワードと書き込みパスワードがあります。読み取りパスワードは、文書を開く際に、読み取りパスワードを指定しないと文書を開くことができません。書き込みパスワードは、文書を開くことはできても、書き換えたりすることができません。両方を設定しても、片方だけでの設定でも構いません。パスワードは文書を保存する時に設定することができます。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

Excel

Excelにパスワードをかける。

名前を付けて保存

「ファイル」を押下して、「名前を付けて保存」をクリックします。

「参照」をクリック

ファイル名を入力

「名前を付けて保存」するファイル名を入力します。

注意:ここでは、わかりやすく頭に、゛セキュリティ゛という意味で、「S」を付けて保存します。

「全般オプション」をクリック

「ツール」を押下して、「全般オプション」をクリックします。

読み取りパスワードの入力

「全般オプション」をクリックすると、パスワード入力画面が表示されますので、必要なパスワードを入力します。「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」の両方を設定しても、片方だけでの設定でも構いません。

注意:ここでは、「読み取りパスワード」のみ設定します。

パスワードの確認

確認を求められますので、再度パスワードを入力します。

「保存」をクリック

注意:保存の際に、以下のようなメッセージが表示されることがありますが、その場合は「いいえ」をクリックして、保存します。

パスワード設定されたExcelを開く

Word

Wordにパスワードをかける。

名前を付けて保存

「ファイル」を押下して、「名前を付けて保存」をクリックします。

「参照」をクリック

ファイル名を入力

「名前を付けて保存」するファイル名を入力します。

注意:ここでは、わかりやすく頭に、゛セキュリティ゛という意味で、「S」を付けて保存します。

「全般オプション」をクリック

「ツール」を押下して、「全般オプション」をクリックします。

読み取りパスワードの入力

「全般オプション」をクリックすると、パスワード入力画面が表示されますので、必要なパスワードを入力します。「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」の両方を設定しても、片方だけでの設定でも構いません。

注意:ここでは、「読み取りパスワード」のみ設定します。

パスワードの確認

確認を求められますので、再度パスワードを入力します。

「保存」をクリック

パスワード設定されたExcelを開く

スポンサーリンク
投稿本文(h2)