WordPressのフォルダを移動した3つのケース

WordPressのファイルをドキュメントルートに散らかしたくないので、フォルダにまとめたいけれど、WordPressはルート(例えばhttps://gungii.com/)で動かしたい。或いはWordPressをサブフォルダ(デイレクトリ)に格納したけれど、フォルダ(ディレクトリー)名を変更したいなど、WordPressを移動させたい場合があります。この場合、単にWordPressのみを移動させれば良いわけではありません。投稿した記事の中の画像にもURLがありますし、Widgetで設定したプロフィール画像のURL等もあります。URLの変更となりますので、トラブル原因の元となる為、出来るだけ避けるのが良いですが、移動せざるを得ない場合があります。今回、WordPressの移動で3つのケースをご紹介します。

  • ケース1:WordPressをサブフォルダに移動させて、ルートで動かす
  • ケース2:ルートで動かしていたWordPressをサブフォルダで動かす
  • ケース3:サブフォルダで動かしていたサブフォルダ名を変更する

URLの変更となりますので、403や404のエラーが発生しますので、必ずバックアップをとっていつでも戻せる状態にしてから実行願います。

スポンサーリンク

ケース1

WordPressをサブフォルダに移動させて、ルートで動かす

先日、MixhostからXserverへサイトを移転した際(xserverの移転サービス利用)に、Wordpressが全てルートにインストールされました。ルートにWordPressのファイルが散らかっています。このままだと新しいサイトを同じサーバーに作成したい時や、別の用途で使いたいという場合に管理が面倒です。そこで、ルートに「wp」のディレクトリを作り、その中にワードプレスをインストール(https://gungii.com/wp)しますが、URLはそのままでルートで動かします。

[ 変更前 ]

変更前のWordPressアドレス

[ 変更後 ]

変更後のWordPressアドレス

WordPressアドレス(URL)の変更

保証されるCPU・メモリ量は、最新サーバー環境の最安プランで仮想6コア・メモリ8GBであり、 同価格帯の他社サービスと比べ、圧倒的な値となっています。

WordPress管理画面の表示

gungii.comでログイン

WordPressの管理画面

アドレスの変更

管理画面で、「WordPressアドレス」及び「サイトアドレス」を変更します。

アドレスを変更した管理画面

新しく移動させるフォルダ名(wp)を、WordPressアドレス(URL)と、サイトアドレス(URL)に付けて「変更を保存」をクリックします。
注意:
サイトアドレスは変更せずにそのままという方法もありますが、一旦、同じとした方がトラブルを避けられます。

保存すると、以下のようなエラーが表示されますが、気にせず終了させて、次の作業を行います。

Internal Sever Errorのメッセージ画面

WordPressの移動

FTPを起動して、WordPressのファイル一式を新たに作成したサブディレクトリ(wp)に移動します。

フォルダ(wp)の作成

WordPressのファイル一式を格納するフォルダ(wp)を作成します。

wpフォルダを作成したFTP画面

WordPressの移動

赤枠で囲んだファイル一式を全て、フォルダ(wp)に移動します。

ファイル一式をwpフォルダに移動したFTP画面

これで、サブディレクトリー(wp)への移動は完了です。

サイトの確認

https://gungii.com/でアクセスしても表示できませんが、https://gungii.com/wp/ではキチンと表示されます。

https://gungii.comでアクセス
403エラー画面
https://gungii.com/wp/でアクセス
表示されたサイトの画面

WigetのカスタムHTMLの変更

WigetのカスタムHTMLに記載したプロフィール画像のURLまで変更はされませんので、手作業で修正します。

修正前:https://gungii.com/wp-content/uploads/・・・
修正後:https://gungii.com/wp/wp-content/uploads/・・・

プロフィール画像のURLを変更したウィジェット画面

URLはルートで動かす

ファイルのダウンロード

index.phpと.htaccessファイルをダウンロードします。

wpフォルダが表示されているFTP画面

.htaccessの修正

.htaccessの修正の画面推移

index.php の修正

index.phpの修正の画面推移

ファイルのUPLOAD

修正した.htaccessと、index.phpファイルをルートにアップデートします。

修正した.htaccessと、index.php をルートにアップロードしたFTP画面

サイトアドレスの変更

サイトアドレスを変更したWordPressの一般設定画面

サイトの確認

アクセスの確認

https://gungii.com/でアクセスしてもキチンと表示されます。

サイトの表示画面
ログインの確認

https://gungii.com/wp-admin/でアクセスしても、https://gunii.com/wp/wp-admin/ヘリダイレクトされます。

WordPressの管理画面

画像URLの一括変換

リダイレクトされるようで、特に問題はありませんが、内部リンクや画像ファイルのURLを変更しておきます。

プラグインのインストール

SearchRegexは、WordPressue内のすべての記事の中を検索して、一気に置き換えることができます。

SearchRegexのプラグイン追加画面

設定画面の表示

SearchRegexの画面から「検索と置換」タブをクリックします。

SearchRegexの設定画面

置換文字列の入力

検索欄に検索文字列を入力して、「検索」をクリックすると、対象となる文字列が表示されますので、置き換える文字列を入力して、「すべて置換」をクリックします。
注意:
間違えると、元へ戻せなくなる危険がありますので、必ずバックアップをとっておいて下さい。又、やり方がわからない等の場合は使わないことです。

置換文字列の入力画面

置換の実施

置換の実施完了画面

ケース2

ルートで動かしていたWordPressをサブフォルダで動かす

gungii.siteでは、WordPressは「demos」というフォルダにインストールしながら、サイトURLはそのままでルートで運用していましたが、WordPressのサイトをもう一つインストールして、そちらをgungii.siteのルートとして動かしたい為、「demos」というフォルダをサイトURLにしてサブフォルダで動かします。
注意:
2021年9月現在、gungii.siteのルートは、「IT大好きシニアのリタ活生活」のブログを動かしています。

[ 変更前 ]

変更前のWordPressアドレス

[ 変更後 ]

変更後のWordPressアドレス

index.phpと.htaccessを削除する。

FTPを起動して、ルートからindex.phpと、.htaccessファイルを削除します。削除することで、gungii.siteでアクセスした際に、gungii.site/demos/にアクセスすることをできなくしています。

index.phpと.htaccessを削除したFTP画面

サイトアドレスの変更

サイトアドレスをWordPressアドレスに合わせます。

サイトアドレスを変更したWordPressの一般設定画面

サブディレクトリ直下のファイルの変更

.htaccessと、index.phpを修正します。

demosデイレクトリーが表示されたFTP画面

.htaccessの変更

.htaccessの変更コード

index.phpの変更

index.phpの変更コード

サイトページの変更

今回は、HAPPYCARE株式会社のホームページ(lightningで制作)で、検証します。
留意:こちらはデモサイトとして仮想の会社ですので、ページが少ない為、プラグインでの変更は行いません。

サービス一覧のリンク先の変更

サービス一覧のリンク先変更画面

通所介護の画像のリンク先変更

通所介護の画像のリンク先変更画面

注意:
「訪問介護の画像のリンク先変更」及び「ホームサービスの画像のリンク先変更」も同様に行います。

3つの安心の画像のリンク先変更

3つの安心の画像のリンク先変更画面

留意:「充実のネットワークサービス」の画像のリンク先の変更も同様に行います。

ケース3

サブフォルダで動かしていたサブフォルダ名を変更する

先日、WordPressを「demos」というフォルダにインストールしましたが、「デモ」いう意味でその複数形を表現したつもりでしたが、わかりづらいので、「demo1」、「demo2」等に変更します。ここでは、「demos」を「demo2」というフォルダ名に変更します。

[ 変更前 ]

変更前のWordPressアドレス

[ 変更後 ]

変更後のWordPressアドレス

WordPressアドレス(URL)の変更

WordPress管理画面の表示

gungii.site/demos/でログイン

WordPressの一般設定画面

アドレスの変更

管理画面で、「WordPressアドレス」及び「サイトアドレス」を変更します。

アドレスを変更した一般設定画面

新しく変更させるフォルダ名(demo2)を、WordPressアドレス(URL)と、サイトアドレス(URL)に付けて「変更を保存」をクリックします。

保存すると、以下のようなエラーが表示されますが、気にせず終了させて、次の作業を行います。

404エラー画面

フォルダ名の変更

FTPで、古いフォルダを右クリックして、「名前を変更」します。

フォルダ名の変更

フォルダー名を変更したFTP画面

サイトの確認

https://gungii.site/demo2にアクセスします。

エラーとなったサイト画面

ひとまず、ホームページは表示されますが、記事本文に入っているURLが古いままの為、表示されません。

画像URLの一括変換

プラグインのインストール

BetterSearchReplaceは、WordPress内のすべての記事の中を検索して、一気に置き換えることができます。

BetterSearchReplaceのプラグイン追加画面

設定画面の表示

「ツール」→「BetterSearchReplace」で、新旧のアドレスを入力します。

BetterSearchReplaceの設定画面

置換文字列の入力

「検索」に旧アドレス、「次と置換」に新アドレスを入力して、「テーブルを選択」にリストされたテーブルを選択状態にします。

置換文字列の入力画面

「dry run(リハーサル)を実行しますか?」に、チェックが入っていれば、リハーサルなので、実際には変換されません。対象の件数が表示されますので、確認の為、実行します。

リハーサル実行の確認画面

置換の実施

間違えなさそうであれば、チェックを外して、実行します。

留意:
今回、「次と置換」で「https://gungii.site/demo2/」と入力すべきところ、「/」を入力漏れした為、サイトが正しく表示されなくなりました。さらに置換することで解決できましたが、ミスすると戻せなくなることもありますので、十分ご注意下さい。

置換文字列の入力を誤った例示画像

サイトの確認

https://gungii.site/demo2へアクセスします。キチンと表示されました。

サイトの表示画面

WordPressサーバー
スポンサーリンク
シェアする
管理人
gungii

どうも、こんにちは!gungii(ガンジー)と申します。
2012年頃、一度に大腸がんと前立腺がんを患い、2ヶ月位入院していた為、職場の部下より、゛がんの爺さん゛とのあだ名をつけられ、以降、gungii(癌爺)と名乗っています。2021年06月でリタイアして、リタ活中です。パソコン大好きシニアが、これまでインプットしてきた経験と知識をアウトプットすることで、皆さんのお役に立てればうれしく思います。

gungiiをフォローする
gungiiのなるほどHack&Tips

コメント

タイトルとURLをコピーしました