WordPressのサイトをXSERVERでSSL化する。

XSERVERで、全サーバープランで独自SSLが無料・無制限に利用可能となりましたので、gungii.comのサイトをSSL化してみました。個人情報やクレジットカード情報などを扱うサイトでは、あたりまえのSSLですが、今後、間違いなくSSLの導入が増えていくと思いますので、XSERVERを利用されている方は是非SSL化を実施しましょう。
さて、XSERVERでのSSL化ですが、簡単に導入ができますが、それで終わりというわけではありません。
URLがhttpsになっただけで、これまで投稿した記事の中で参照している画像リンクのURLや内部リンクはhttpのままなのです。そして、実は、httpのURLで元々のサイトは残ったまま、httpsの新しいサイトができている状況の為、httpのサイトに来てくれた人を自動的にhttpsのサイトに誘導するような設定をしなければなりません。内部リンクの置換やリダイレクトも含めて、SSL化した手順をご紹介します。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

サーバーパネルへログイン

設定画面が表示されたら、「SSL設定」をクリック
ssl1
ssl1

SSLの設定

ドメインの選択

ドメイン選択画面が表示されますので、SSL化するドメインを選択します。
ssl2
ssl2

独自SSL設定の追加

「SSL設定」画面が表示されたら、「独自SSL設定の追加」タブをクリックします。
ssl3
ssl3

独自SSL設定

「独自SSL設定」の画面が表示されますので、「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。
ssl4
ssl4

サイトに表示されているURLは、WWWがついたものが表示されていますが、そのままでOK。また、「CSR情報を入力する」のチェックもないままでOK

メッセージの表示

「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックすると、メッセージが表示されますので、しばらく待ちます。
ssl5
ssl5

申請の完了

申請が完了すると、以下のような画面が表示されます。
ssl6
ssl6

設定の確認

設定を確認する為、「SSL設定の一覧」タブをクリックします。
ssl7
ssl7

SSLでサイトを開く

「独自SSL設定」後、すぐにはSSLでサイトを開くことはできません。数十分から1時間ほどかかります。
直ぐに開くと、以下のようになります。

FireFox

ssl8
ssl8

Microsoft Edge

ssl9
ssl9

Google Chrome

ssl10
ssl10

WordPressの設定変更

一般設定

管理画面から一般設定を開きます。
ssl11
ssl11

アドレス変更

一般設定のアドレスを変更します。

変更前

ssl12
ssl12

変更後

ssl13
ssl13

変更し終わったら、「変更を保存」をクリックします。

内部リンクの変更

「Search Regex」プラグインで、内部リンクをすべて置換します。WordPress本文内の内部リンクや、imgの画像リンクをすべてhttpsに変更します。これは、手作業でもできますが、あまりにも時間がかかりますので、WordPressのプラグインで一括置換します。

.htaccessの変更

.htaccessに、旧アドレスにアクセスすると、新アドレスにリダイレクトするように設定します。

.htaccessのダウンロード

FTPソフトで、.htaccessをダウンロードします。
ssl14
ssl14

.htaccessのコピー

ダウンロードした.htaccessを安全の為、コピーしておきます。
ssl15
ssl15

.htaccessの変更

先頭箇所に、以下を追記します。
ssl16
ssl16

.htaccessのアップロード

FTPソフトで、.htaccessをアップロードします。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

フォローする