WordPressの目次作成プラグイン「Table of Contents Plus」の使いかた

Table of Contents Plusは、記事の目次を自動生成できるプラグインです。投稿や固定ページの記事に記述したHTMLタグを基に目次を自動生成します。目次を利用すれば、ユーザーが記事の内容を一目で把握しやすくなる効果があり、ユーザーが見たい情報へとストレスなく移動できます。
H1からH6までの見出し用のHTMLタグを基に目次を自動生成していますので、記事をH1~H6までのダグで追加すると、自動的に目次ができあがります。投稿、固定ページ、カスタム投稿タイプに対応し、目次の表示位置や表示内容も細かく設定できます。
プラグインの管理画面が日本語化されていますので、わかりやすく、設定も簡単です。
このサイトの目次も、Table of Contens Plusで生成されています。

スポンサーリンク

Table of Contens Plusのインストール

プラグインの追加

Table of Contens Plusと入力して検索する。

プラグインの追加

インストール

「今すぐインストール」をクリックする。

インストール

有効化をクリック

有効化をクリック

設定画面の表示

①設定→目次+

位置の選択

②設定画面の表示

設定画面の表示
スポンサーリンク

Table of Contens Plusの設定

①表示する場所

表示する場所

目次を記事内のどこに表示させるか位置の設定です。

②表示条件

2~10まで選択できますが、2つ以上見出しがある時に、目次を設置させるように、2を選択します。

表示条件

③投稿タイプの選択

post:通常の記事、page:固定ページの2つから選択します。
注意:このチェックを全部外して、その都度、入れたいところに、ショートコードを記述するやり方もあります。

投稿タイプの選択

④見出しテキスト

見出しテキスト

⑤目次の階層を表示させるかの設定

目次の階層を表示させるかの設定

⑥目次に番号をつけるかの設定

目次に番号をつけるかの設定

⑦スムーススクロールの設定

スムーススクロールの設定

目次をクリックしたときに、滑らかにスクロールさせるか一気に飛ぶかの設定

⑧外観の設定

デフォルトのままとしました。

外観の設定

⑨上級者向けの設定

上級者向けの「表示」をクリックします。

上級者向けの設定

<見出しレベルの設定>
どこのタグを目次として使うかの設定で、ここはご自身のテーマに合わせて設定します。
h2,h3,h3のみとして、他は、ㇾチェックを外しました。

⑩設定の終了

「更新」をクリックして、設定を終了します。

設定の終了

記事毎の表示場所の変更

目次の表示

目次を表示させたい場所に、以下のショートコードを記入する。
ショートコードを記述した場所に目次が表示されます。
注意:ショートコードは、tocを”[“と”]”で囲みます。

目次の非表示

本文中(どこでも良い)に以下のショートコードを記入する。
ショートコードを記述した記事の目次が非表示となります。
注意:ショートコードは、no_tocを”[“と”]”で囲みます

コメント