WordPressのキャッシュプラグインW3 Total Cache

WordPressは、MySQLなどのデータベースからコンテンツを読み取って動的にページを生成する仕組みの為、単純なHTMLだけの静的なページと比較すると、表示速度は大幅に遅くなります。そこで、ご紹介するのが、キャッシュという技術を使って、動的にページを生成する工程を排除して、静的なページとして表示させることで、表示速度を改善させるWordPressのキャシュプラグイン「W3 Total Cache」です。「W3 Total Cache」は、「ページ・キャッシュ」、「データベース・キャシュ」、「ブラウザ・キャシュ」の全てに対応しています。
サイト表示速度を計測するツール「Gtmetrix」で、計測すると、スコアが1ランクUPしました。
w3tc-install1
w3tc-install1
スポンサーリンク
投稿本文(h2)

ダウンロード

プラグインの検索

検索キーワードに「W3 Total Cache」と入力し、「今すぐインストール」をクリックします。
w3tc-install2
w3tc-install2

有効化

有効化をクリックします。
w3tc-install3
w3tc-install3

プラグインの設定

設定メニューの表示

W3 Total Cacheがインストールされると、管理画面のメニューに「Performance」が表示されます。
w3tc-install4
w3tc-install4

General Setting(一般設定)

メニューの選択

「Performance」メニューから「General Setting」を選択します。
w3tc-install5
w3tc-install5

設定画面の表示

w3tc-install6
w3tc-install6

①General

チェックされていないことを確認します。

w3tc-install7
w3tc-install7

②PageCache

PageCacheと書かれた箇所にチェックを入れます。

w3tc-install8
w3tc-install8

この設定で、ページに初めて訪問者が訪れた際に、ページキャッシュファイルが作成され、次からは動的な処理を排除して、静的ページキャッシュファイルが表示されることで、表示速度が高速化されます。

③Minify(圧縮)

特に設定を変更する必要はないので、チェックは外しています。他のプラグインとの競合の可能性もあるため、詳しくない場合はさわらない。

w3tc-install9
w3tc-install9

④Opcode Cache

PHP5.5からハンドルされたコードキャッシュの様ですが、よくわからないので、デフォルトのまま

w3tc-install10
w3tc-install10

⑤Database Cache

Database Cacheは、チェックを入れます。

w3tc-install11
w3tc-install11

⑥Object Cache

デフォルトのまま、チェック入れません。
この機能を使うと、モバイル端末によっては、不具合が発生したとの記事を見ましたので、そのままとします。

w3tc-install12
w3tc-install12

⑦Browser Cache

チェックを入れます。

w3tc-install13
w3tc-install13

ブラウザキャッシュは、サイトのリソース(CSS,JS,画像,フォントなど)をユーザーのブラウザにキャッシュしておくことで、サーバーの転送量削減が図れます。

⑧miscellaneous(その他)

「Enable Google・・・」は、チェックを外します。
これは、googleの提供するサイト速度計測ツールを管理画面上で表示させるというものなので、Google PageSpeed Insightで十分なので外します。

w3tc-install14
w3tc-install14

他の設定(CDN,プロキシなど)は、デフォルトのままで良い為、「Save All Setting」を押して設定を保存します。
w3tc-install15
w3tc-install15

モバイル表示設定

ユーザーエージェントモバイル設定

スマートフォンなどで、パソコンとは別のキャッシュを作成する場合、Group nameが「high」となっているグループを表示させます。Enable項目にチェックをいれます。
w3tc-install16
w3tc-install16

WPtouchとの併用

W3 Total Cacheは、表示されるページをHTMLでキャッシュしておくことで、高速に表示するというプラグインですが、iPhone等のモバイル機器からアクセスがあった場合は、キャッシュをしない設定にしておかなければ、WPtouchの画面が表示されずに、パソコン用にキャッシュされた画面がiphoneに表示されてしまいます。

WPtouchとの併用設定の開始

W3 Total Cacheの設定画面では、Wptouchとの併用に関しての対処をしない限り、設定をしている間も、以下のメッセージが表示されたままとなっています。
w3tc-setting1
w3tc-setting1

除外リストの取得

セットアップガイドをクリックします。

w3tc-setting2
w3tc-setting2

WPtouchのサイト表示

WPtouchのサイトが表示されますので、画面をスクロールして、「W3 Total Cache」を表示させます。
w3tc-setting3
w3tc-setting3

「W3 Total Cache」の中に記載されているリストをコピーします。

w3tc-setting4
w3tc-setting4

キャッシュ除外の設定

Page Cacheの設定

「Page Cache」の中の「Rejected user agents」に、iphoneなどの端末を記述します。
w3tc-setting5
w3tc-setting5

Minifyの設定

「Minify」の中の「Rejected user agents」に、iphoneなどの端末を記述します。
w3tc-setting6
w3tc-setting6

WPtouchとの併用設定の完了

以上が、WPtouchとの併用の設定です。
「Page Cache」と「Minify」の「Reject User Agents」の設定が完了すると、「WPtouchとの併用プロンプト」は、表示されなくなりました。
w3tc-setting7
w3tc-setting7

サーバーエラーの対処法

Wptouchとの併用について、「User Agent Group」の項目をいじっていると、「HTTP 500 – 内部サーバー エラー ページを表示できません」とエラーメッセージが表示され、青ざめたことがありました。そこで、対応した処理について、記録しておきます。

エラーの対処法

「.htaccess」のダウンロード

FTPサーバーにアクセスして、「.htaccess」をダウンロードする。

「.htaccess」の変更

「#BEGIN W3TC Browser Cache」で始まり、「#END W3TC Browzer Cache」で挟まれているコードだけを削除する。
w3tc-setting8
w3tc-setting8

修正した「.htaccess」をアップロードする。

これで、サイトが正しく表示されます。

プラグインの削除(「W3 Total Cache」)

対応処理を間違えて、「500 サーバーエラー」となり、「.htaccess」を書き替えてアップロードして、サイトが表示される様になりましたが、管理画面で、再度設定を行なうと、間違えた設定が残ったままなので、再度、「500 サーバーエラー」となってしまいます。そこで、プラグインと設定ファイルを削除しておきます。再度、設定し直す場合は、プラグインのインストールからやり直すと、正しく処理ができます。
削除(アンインストール)する場合は、下記の点をチェックして下さい。

「W3 Total Cache」の「General Setting」のページのすべての項目の「Enable」をOFFとします。

w3tc-setting9
w3tc-setting9

「W3 Total Cache」のキャッシュ全削除

W3 Total Cacheの削除

WordPressの管理画面から、「W3 Total Cache」を削除します。
w3tc-setting10
w3tc-setting10

W3tc-configの削除とCacheの削除

設定ファィルが残っていると、再度、エラーとなりますので、削除します。FTPソフトを起動して、W3tc-configを削除します。
w3tc-setting11
w3tc-setting11

wp-config.phpの確認

W3 Total Cacheで追記された内容は、元に戻っているか?を確認します。
w3tc-setting12
w3tc-setting12

.htaccessの確認

.htaccessが、「W3 Total Cashe」のない内容になっているか?を確認します。
w3tc-setting13
w3tc-setting13
スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

フォローする