xoopsでwikiが使えるモジュール「xpwiki」

xpWiki は、PukiWikをベースに XOOPS用Wiki モジュールにしたものです。そのため、xpWikiはPukiWikiのメリットも享受することができます。Wiki(ウィキ)とは、独自の文法を使用し、Web上から簡単に内容を書き換えることができるソフトウェアで、ブラウザさえあればどこからでも気軽にホームページの作成・修正が可能です。実際にWikiを使ったサイトとして有名なのが、Wikipediaです。Wikiは、ページ自体のリンクを重視した使い方が中心となるのでマニュアルや辞典、まとめサイト等を構築するのに便利です。また複数の人による共同編集も可能ですので、グループウェアとして使うこともできます。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

xpwikiのインストール

管理者としてログイン

管理者としてログインして、「管理者メニュー」を表示します。

「導入・アップデート管理」をクリック

モジュールの選択

ストア一覧の表示

ストア一覧が表示されますので、「パッケージストア」又は「モジュールストア」より必要なモジュールを選択します。

「パッケージストア」より、xpwikiを選択します。

モジュールのインストール

インストール画面

インストール画面が表示されますので、「取得して配置」をクリックします。

インストール確認

「OK」をクリックすると、モジュール確認が表示されますので、「インストール」をクリックします。

インストール再確認

インストール修了

「xpwikiモジュールのインストールに成功しました」と表示されますので画面をスクロールして、「xpwikiモジュールの管理」をクリックします。

モジュールの設定

ページ情報DB更新

xpwikiの設定

環境設定

設定画面の表示

管理者名とURLの変更

イメージマネージャーの使用

デフォルトのスキン

パスワードの設定

「凍結機能を有効にする。」を「はい」として、管理者パスワードを設定します。

HypCommonの設定

wikiの記述方法

xpwikiのクリック

FrontPageの書き換え

「編集」をクリック

内容の削除

FrontPageに記述されているデフォルトの内容を削除します。

内容の記述

それでは、「個人情報の扱い」の文章を記述してみます。

プレビュー内容と比較しながら、記述方法を確認して下さい。詳細な記述方法については、「・テキスト整形のルールを表示する。」を参照してください。

内容のプレビュー

ページの更新

文章を記述が終わりましたら、「ページの更新」をクリックします。

wikiの記述(ファイルのUPLOADと参照)

内容の記述

以下のように、議事録をアップロードして、参照できるようにします。

「編集」をクリック

ページの更新

文章を記述が終わりましたら、「ページの更新」をクリックします。

画面の表示

「#attach」を記述しましたので、ファイルのアップロードが表示されました。これを使って、ファイルをアップロードして、参照できるようにします。

ファイルのアップロード

ファイルの選択

ファイルのアップロード

選択したファイルがアップロードされました。

ファイルの参照

ファイル情報の取得

アップロードしたファイルの格納ファイル名を取得します。(コピペ)

コピペしたら、「ページへ戻る」をクリックします。

内容の記述

以下のように、アップロードしたファイルを参照できるようにします。

「編集」をクリック

&ref(ファイル名);を記述


注意:同じファイルを何度もUPLOADできますので、-最新版と付記します。

登録されるファイル名は、以下の通り異なります。

  • 第1回役員会議事録20170402.doc
  • 第1回役員会議事録20170402_0.doc

ページの更新

文章を記述が終わりましたら、「ページの更新」をクリックします。

ファイルの参照

アップロードしたファイルが参照できるようになりました。

PDFファイルの参照

エクセルやワードなどの参照

&ref( <ファイル指定>,<表示方法指定(複数可)>,<タイトル指定>);
例:-&ref(第1回役員会議事録20170402.doc);-最新版

PDFファイルの参照

間違った記述

&ref(分別収集代表世話人説明会開催のご案内20170405.pdf);とすると

正しい記述

&ref(分別収集代表世話人説明会開催のご案内20170405.pdf,noinline);

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

フォローする