ブラウザで簡単にnoindex,nofollowを確認する方法

SEOを考えた場合、内容の薄い記事や、他のページと重複していたり、文字数の少ないページなどは、サイト全体の評価も下げますので、このような場合は、検索エンジンにインデックスしてもらわない様に、メタタグにnoindexを記述します。またページに貼られているリンク先にリンクジュースを渡したくない場合は、nofollowを記述します。
一般的には、WordPressのプラグイン「All in One SEO Pack」などを入れて、noindexなどの設定を行いますが、その設定が思い通りに設定されているのかを確認するには、ブラウザから右クリックでソースを開いて1ページづつ確認をしていきます。
但し、これをサイトの頁すべてで確認することは、現実的に不可能です。ところが、これを簡単に確認する方法がありますので、ご紹介します。Google ChromeやFirefoxのブラウザを使用していれば、ブラウザでページを閲覧するだけで確認ができます。
では、ご紹介する前に、noindexとは何なのか?nofollowとは何か?を整理しておきます。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

noindex,nofollowとは

Noindex

noindexタグは、ウェブページをインデックスさせたくない、つまり検索結果に表示させたくないときに使います。設定したページがgoogleの検索エンジンからインデックスされないようにするための構文です。

Noindexの設定理由

標記の通り、コンテンツが薄いページであったり、重複コンテンツになっているページはそのページだけでなく、ドメイン全体の評価に悪影響を及ぼします。例えばCMSで自動生成される様な、アーカイブ、タグ、検索結果ページで、他と重複が発生しますので、noindexを設定します。

Noindexの設定方法

noindexとしたいページのHTMLのheadセクションに次のコードを記述します。

※XHTMLで記述するときは、最後を「/>」で終了します。
metaタグで記述した場合はページ全体に対して有効になります。
ワードプレスを使っている場合はAll in One SEOで簡単に設定することができます。

NoFollow

設定したリンクに対してクローラーが辿る事を禁止する設定です。nofollowを設定していないリンクには移動しますが、nofollowが設定されているリンクには移動しないことになります。

NoFollowの設定理由

例えば、アフィリエイリンクや、お金をもらって紹介記事を書くような有料リンクには、nofollowを入れなければなりません。Googleも有料リンクへのfollowを禁止しています。又、ブログのコメント欄にスパムリンクを張られる場合がありますので、コメント欄は、nofollowとしておくことが必要です。

NoFollowの設定方法

①ページ全体のリンクをnofollowとする場合

nofollowタグは、HTMLのheadセクションに次のコードを記述します。

metaタグで記述した場合はページ全体に対して有効になります。

②個別のリンクをnofllowとする場合

上記のように、aタグに「rel=”nofollow”」と記載すると、リンク個別にnofollow設定を反映する事が可能です。
aタグで記述した場合はそのリンクに対してのみ有効になります。

ソースを開いて確認

私のサイトでは、日付別アーカイブは「ALL in One SEO Pack」でnoindexに設定しています。
niindex1
niindex1

noindex2
noindex2

noindex3
noindex3

ソースを見てみると、

となっていて、間違えなく、日付のアーカイブは、インデックスされないようになっています。但し、これをサイトの頁すべてで確認することは、現実的に不可能です。

ブラウザを閲覧して確認

ブラウザでページを閲覧して、noindex,nofollowを確認する。

FireFox

アドオン「The Addon Bar」の設定

これにより、ブラウザの下にアドオンバーを表示します。
noindex4
noindex4

アドオン「Seerobots」の設定

アドオンバーに、noindex,nofolloeの状態が表示されます。
noindex5
noindex5

noindex,nofollowの確認

ブラウザで該当のページを閲覧すると、右下にアドオンバーが表示されます。
①表示の識別

ア.noindex,nofollowとも適用されていない。

noindex6
noindex6

イ.noindex=ON,nofollow=OFF

noindex7
noindex7

ウ.noindex,nofollowともに適用されている。

noindex8
noindex8

ページ内のnofollowリンクの確認

アドオンバーの確認では、ページ全体のniindexやnofollowの確認でしたが、ページ内に貼られているリンクにnofollowがついているのかを確認します。
①アドオン「Highlight NoFollow links」の設定

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/highlight-nofollow-links/

noindex9
noindex9

②nofollowリンクの確認

該当のページを閲覧すると、以下のようにnofollowリンクには、赤い点線枠が付きます。

noindex10
noindex10

google

google拡張機能で、「NoFollow」を追加する。

NoFollowを検索

noindex11
noindex11

Chromeに追加

noindex12
noindex12

noindex,nofollowの確認

ブラウザで該当のページを閲覧すると、右下にアドオンバーが表示されます。
noindex13
noindex13

①表示の識別

ア.noindex,nofollowとも適用されていない。

この場合は、何も表示されません。

イ.noindex=ON,nofollow=OFF/noindex=OFF,nofollow=ON

noindex14
noindex14

ウ.noindex,nofollowともに適用されている。

noindex15
noindex15

ページ内のnofollowリンクの確認

アドオンバーの確認では、ページ全体のniindexやnofollowの確認でしたが、ページ内に貼られているリンクにnofollowがついているのかを確認します。
noindex16
noindex16

nofollowリンクには、赤い点線枠が付いています。
スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

フォローする