税金保険

税金保険

社会保険料納入告知書の納付金額のチェック方法

毎月、25日前後(末締めの翌15日払い)に年金機構より送付される社会保険料の納入告知書によって、社会保険料を納付しています。前月に発生した社会保険料を翌月末までに支払います。例えば12月給与(1月15日支給)で発生した社会保険料は、1月2...
Excel

自作「法定福利費計算書」の使い方と、実際の活用事例

法定福利費とは、「法律で義務づけられた福利厚生費」という意味で「社会保険料の会社負担分」です。会社が役員や社員に支払う人件費(標準報酬月額)の金額に応じて所定の保険料を支払います。社会保険料の料率は合計約30%であり、会社と社員でほぼ折半...
税金保険

はじめての「年金請求書」!特別支給の老齢厚生年金の受取手続きの実際

先日、「年金請求書」が届きました。特別支給の老齢厚生年金の案内です。65歳からもらえる老齢厚生年金の゛繰り上げ受給゛と勘違いして、「繰り上げ受給はしない」としばらくほっておかれたところ、気になり内容を確認して、はじめて勘違いが発覚しました...
税金保険

公的年金等の受給者の扶養親族等申告書の提出方法

9月25日、日本年金機構より「令和2年分公的年金の受給者の扶養親族等申告書」が郵便で届きました。この「扶養親族等申告書」は、毎年9月から10月ごろ、年金を受けている人で所得税の課税対象となる人に送られてきます。年金から源泉徴収される所得税...
税金保険

70歳以降も働く際に必要な厚生年金の手続き

厚生年金は、加入できる期間は70歳までと決まっています。70歳になったら、それ以後加入したくても加入できません。70歳になれば、会社が厚生年金の資格喪失手続きを行いますので、70歳以上は厚生年金保険料は支払う必要はなく健康保険料と介護保険...
税金保険

65歳になると、介護保険は年金から天引きされます。

65歳以上になると、これまで給与から天引きされていた介護保険料は給与からの天引きがなくなり、年金から天引きされることとなります。但し、介護保険料の年金からの天引き(特別徴収)が開始されるのは、65歳到達年度の翌年度の4月・6月・8月・10...
税金保険

住民税は、給与からも年金からも天引きされます。

65歳以降もサラリーマンとして勤務していますので、住民税は給与から毎月天引き(特別徴収)されています。にも係わらず、市役所から゛住民税を年金から天引きする゛という「市民税・県民税納税通知書」が送られてきました。「会社に勤めていますので、住...
税金保険

意外と知らない退職時の社会保険料の控除

6月23日付けで、社員が退職となりました。末締めの翌15日払いの為、給与明細書を発行しましたが、退職した方は、6月は4日しか出勤しておらず、社会保険料の方が高く、差引支給額が885円のマイナスとなってしまいました。あらためて、出勤簿と提出...
税金保険

算定基礎届の記入と提出の実際

2018.07.02、算定基礎届が届きました。毎年6月中旬頃、年金事務所より会社へ「算定基礎届」の用紙が送付されてきますが、なかなか届かないなと思っていると、今年は顧問していただいている社会保険労務士事務所より送付されてきました。顧問の社...
税金保険

意外と知らないマイカー通勤の非課税限度額

通勤費は基本的には非課税となっています。但し、非課税の限度額がありますので、上限を超えた場合は課税対象となります。電車やバスを利用した場合の通勤手当は月額15万円まで非課税ですので、よほど遠くからの通勤でない限り通勤費は非課税という認識が...
税金保険

労働保険の年度更新_申告書の書き方

毎年5月末か6月に入ると、緑色の封筒が労働局から送られてきます。年に一度、労働保険の年度更新です。年度更新の手続きは、毎年6月1日から7月10日までの間に行わなければなりません。手続きが遅れると政府が保険料・拠出金の額を決定し、さらに追徴...
税金保険

平成32年4月度より、65歳以上でも雇用保険が徴収されます。

平成28年12月末日まで、65歳以上の従業員は雇用保険に新規加入することはできませんでした。平成28年12月末日までは、満65歳になる前から同じ事業主に雇用され、それ以降も継続して就業する人が対象となる「⾼年齢継続被保険者」としての適用の...
税金保険

国民年金の任意加入のすすめ

国民年金の加入期間は、20歳から60歳までの40年間と決まっていますが、保険料の納付期間が40年以下だった場合は、満額を受け取ることは出来ず、支払期間に応じた年金額しか受け取ることができません。国民年金保険料は、5年前まで遡って納付するこ...
税金保険

年金の一部が支給停止となることがある在職老齢年金の支給停止の仕組み

70歳未満の方が会社に就職し厚生年金保険に加入した場合や、70歳以上の方が厚生年金保険の適用事業所に勤めることになった場合には、老齢厚生年金の額と給与や賞与の額(総報酬月額相当額)に応じて、年金の一部または全額が支給停止となる場合がありま...
税金保険

意外と知らない社会保険料の決定と改訂

毎月の給与から控除される社会保険料(健康保険料と厚生年金保険料)は、どうやって計算されているのでしょうか?給与の額に何パーセントかの保険料率を掛けて計算しているのでしょうか?実は、健康保険料や厚生年金保険料は、報酬(給与)の額面ではなく、...
税金保険

社会保険は、年収130万円未満でも加入要件を満たせば、加入しなければなりません。

日本では、「国民皆保険」として社会保険(健康保険+厚生年金)に加入することを法律で義務づけています。社会保険は、条件を満たせば強制加入となります。社会保険の加入条件を満たしているにも係わらず「パートだから」、「手取りが減るから」等の理由で...
税金保険

平成30年分扶養控除等(異動)申告書の様式変更に伴う書き方と記入例

平成30年度より扶養控除等(異動)申告書の様式が変更となりますので、その書き方を説明します。
税金保険

扶養控除申告書って扶養家族がいなくても提出しないといけないの?

「給与所得者の扶養控除等申告書」は、扶養者がいる方だけが提出するものではありません。独身者や誰かの扶養に入っていても、給与の支払いを受ける限り、原則として提出しなければなりません。「扶養控除等申告書」に記載されている配偶者や扶養親...
税金保険

第1号被保険者該当勧奨って何?

2017年9月28日(木)、弊社の社員の奥さん宛てに「第1号被保険者該当勧奨」という書類が年金事務所より届きました。ご主人は、65歳を超えていますが、事務員として継続して勤務して頂いています。つまり、毎月の給与から社会保険料は控除されてい...
税金保険

社会保険料納入告知書の額と 給与支払い時の額が一致しない理由。

毎月、年金事務所(年金機構)より社会保険料の納入告知書が送付されますので、健康保険料(介護保険料を含む)と、厚生年金保険料は事業主負担分と合わせて月末までに納付します。例えば、7月分の社会保険料は、8月に納入告知書が送付されますので、7月...
税金保険

働いている夫が75歳になると、 妻は、夫の扶養から外れてしまう。

「後期高齢者医療制度」は、75歳(寝たきり等の場合は65歳)以上の方が加入する新しい医療制度で、平成20年(2018)4月から開始されました。75歳になると、健康保険の被保険者、被扶養者の資格を失い、それまで加入していた国民健康保険や健康...
税金保険

住民税の特別徴収が義務化されました。

住民税とは 地方自治体による福祉、保健、教育、消防、ごみ、公園、道路などの行政サービスの費用を一定額以上の収入のある人から、負担能力に応じて分担しあう性格の税金です。正式には、「都道府県民税」と「市町村民税」を合わせて「住民税」と呼...
Excel

処遇改善加算配賦の為の「法定福利費計算書」をExcelで作成する。

処遇改善加算交付金は、会社負担の法定福利費の増加分を除いて、全額(1円以上多く)、介護業務に携わる介護職員へ配賦しなければなりません。そこで、今回、キーとなる法定福利費の算出の為、法定福利費計算書を作成します。厚生労働省によれば、法定福利...
税金保険

給与明細書の見方 (手計算してみよう)

皆さん、毎月もらっている給与明細書、ちゃんと見たことがありますか?手取り額だけ見てすぐに捨ててしまう人も多いのではないでしょうか。明細書には、基本給に手当、残業代、通勤費などの支給額、そして健康保険、厚生年金、雇用保険などの社会保険と、所...
タイトルとURLをコピーしました