税金保険

税金保険

社会保険料納入告知書の納付金額のチェック方法

毎月、25日前後(末締めの翌15日払い)に年金機構より送付される社会保険料の納入告知書によって、社会保険料を納付しています。前月に発生した社会保険料を翌月末までに支払います。例えば12月給与(1月15日支給)で発生した社会保険料は、1月2...
Excel

自作「法定福利費計算書」の使い方と、実際の活用事例

法定福利費とは、「法律で義務づけられた福利厚生費」という意味で「社会保険料の会社負担分」です。会社が役員や社員に支払う人件費(標準報酬月額)の金額に応じて所定の保険料を支払います。社会保険料の料率は合計約30%であり、会社と社員でほぼ折半...
税金保険

はじめての「年金請求書」!特別支給の老齢厚生年金の受取手続きの実際

「年金請求書」の受取手続きは、郵送ではなく年金事務所に持参提出しましたので、その記入方法から提出までの実際を説明します。また「年金請求書の受付控え」を頂けますので、確実に提出した事の証拠となり安心です。「年金相談」を受けることをお勧めします。
税金保険

公的年金等の受給者の扶養親族等申告書の提出方法

「扶養親族等申告書」は、毎年9月から10月頃、年金を受けている人で所得税の課税対象となる人に送付されます。年金から源泉徴収される所得税について配偶者控除等、各種控除を受ける際に必要な申告書となりますので提出が必要です。
税金保険

70歳以降も働く際に必要な厚生年金の手続き

厚生年金は、加入できる期間は70歳までと決まっています。70歳になったら、それ以後加入したくても加入できません。70歳になれば、会社が厚生年金の資格喪失手続きを行いますので、70歳以上は厚生年金保険料は支払う必要はなく健康保険料と介護保険...
税金保険

65歳になると、介護保険は年金から天引きされます。

65歳以上になると、介護保険料は給与の天引きがなくなり、年金から天引きされることとなります。但し、介護保険料の年金からの天引き(特別徴収)が開始されるのは、65歳到達年度の翌年度の4月・6月・8月・10月(注意)からとなります。
税金保険

住民税は、給与からも年金からも天引きされます。

65歳以降もサラリーマンとして勤務している場合、給与所得以外として、雑所得である年金にも住民税はかかるのです。給与所得に対する住民税は給与から、年金所得に対する住民税は公的年金からそれぞれ引き落としされるのです。
税金保険

意外と知らない退職時の社会保険料の控除

社会保険の加入期間は月単位でカウントされ、月末が退職日であれば、その月まで、月末以外が退職日であれば、その月の前月までの社会保険料が控除されます。国民年金と国民健康保険は、社会保険の資格を喪失した月から徴収されますので、得になるという訳ではありません。
税金保険

算定基礎届の記入と提出の実際

毎年6月中旬頃、年金事務所より郵送される「算定基礎届」の提出の対象は、7月1日現在の全ての被保険者です。年金機構では5月中旬で処理される為、5月中旬以降に入社された方や退職された方の情報は、実際とは差異が発生しますので、訂正が必要となります。
税金保険

意外と知らないマイカー通勤の非課税限度額

通勤費は基本的には非課税ですが、限度額を超えた場合は課税対象となります。例えばマイカー通勤で、片道14㎞で月額10,000円を会社から支給されていた場合は、非課税限度額が7,100円ですから、残りの2,900円は課税対象となります。
税金保険

労働保険の年度更新_申告書の書き方

労働保険の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間(「保険年度」)を単位として計算されます。原則として労災保険料と雇用保険料に分けず一括で納付します。仕組みが複雑で分かりづらい年度更新の仕組みを、継続事業(一般の業種)の場合について説明します
税金保険

令和2年4月度より、65歳以上でも雇用保険が徴収されます。

平成28年12月末日まで、65歳以上の従業員は雇用保険に新規加入することはできませんでした。平成29年からは「⾼年齢被保険者」として65歳以上で職場を変えても適用要件を満たす場合は雇用保険の加入対象となりました。
税金保険

満額受け取る!国民年金の任意加入の申請方法

国民年金の加入は、20歳から60歳までの40年間で、未払い期間があると支払期間に応じた年金額しか受け取ることができません。5年前まで遡って納付することはできますが、それ以前の未納分は納付することはできません。そこで用意されているのが「任意加入制度」です。
税金保険

働きながら年金を受ける「在職老齢年金」の支給停止の仕組み

働きながら年金を受けると年金額の一部または全部が支給停止されることがあります。具体的には、給料と年金の1/12の合計額が、60歳から65未満の場合は28万円、65歳以上の場合は46万円(平成29年度)を超えると、年金がカットされます。
税金保険

意外と知らない社会保険料の決定と改訂

毎月の給与から控除される社会保険料は、報酬によって定められた等級によって決まる「標準報酬月額」というものに、保険料率を掛けて計算されます。標準報酬月額は、残業代や通勤費等も含めた1か月の給与額を「標準報酬月額表」に当てはめて決定します。
税金保険

年収130万円未満でも加入要件を満たせば、社会保険の加入は必須。

収入がいくらか(130万円未満であっても)に関係なく、労働時間の基準に該当すれば、社会保険に加入することとなります。基準に該当しない場合に初めて、扶養認定の判断に進みます。つまり、゛130万円未満だから゛社会保険に加入しなくて良いのではないのです。
税金保険

平成30年分扶養控除等(異動)申告書の様式変更に伴う書き方と記入例

平成30年度より扶養控除等(異動)申告書の様式が変更となりますので、その書き方を説明します。「扶養控除等(異動)申告書」とは、年末調整で会社から配布される書類の1つです。この様式が、平成30年から配偶者控除と配偶者特別控除が改正されるために変更となりました。
税金保険

扶養控除申告書って扶養家族がいなくても提出しないといけないの?

「給与所得者の扶養控除等申告書」は、独身者や誰かの扶養に入っていても、給与の支払いを受ける限り、原則として提出しなければなりません。提出がない場合、源泉徴収税額表の「甲欄」ではなく「乙欄」による計算がされ、年末調整も受けられないこととなります。
税金保険

第1号被保険者該当勧奨って何?

65歳になれば厚生年金の被保険者であっても、国民年金の第2号被保険者ではなくなる為、その奥さんも60歳になるまでは、第1号被保険者として自身の国民年金保険料を納める必要があります。平成25年6月厚生年金法が改正され、該当者に「届出の勧奨」を送付する様になりました。
税金保険

社会保険料納入告知書の額と 給与支払い時の額が一致しない理由。

毎月、年金事務所(年金機構)より社会保険料の納入告知書が送付されますので、健康保険料(介護保険料を含む)と、厚生年金保険料は事業主負担分と合わせて月末までに納付します。例えば、7月分の社会保険料は、8月に納入告知書が送付されますので、7月...
税金保険

75歳以上の方は「後期高齢者医療制度」への移行手続きが必要です。

「後期高齢者医療制度」は、75歳(寝たきり等の場合は65歳)以上の方が加入する医療制度で、75歳になると、健康保険の被保険者、被扶養者の資格を失い、国民健康保険や健康保険組合等の医療保険から外れ、新たに「後期高齢者医療制度」に加入します。
税金保険

2017.06月支払住民税から原則、特別徴収が義務化されました。

原則として給与支払者(会社)は、従業員の給与から住民税を差し引く「特別徴収義務者」として地方税法で定められており、その会社に勤務する従業員も「特別徴収」によって住民税を納付することが、間接的に義務付けられています。
Excel

処遇改善加算配賦の為の「法定福利費計算書」をExcelで作成する。

処遇改善加算交付金は、会社負担の法定福利費の増加分を除いて全額(1円以上多く)、介護職員へ配賦しなければなりません。又、毎月年金機構より送付される「社会保険料の納入告知書」のチェックには、会社負担分の法定福利費の算出が必要となります。
税金保険

給与明細書の見方 (手計算してみよう)

毎月もらっている給与明細書、ちゃんと見たことがありますか?自分で確認できるようにしましょう。基本給、残業代、通勤費、健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税、住民税などが記載されています。具体的な給与明細書で手計算できるように、解説します。
スポンサーリンク