PR

【完全解説】「スキル評価シート(通所介護)」のペーパーバックの使い方

「スキル評価シート(通所介護)」は、厚生労働省が公開している職業能力評価基準(在宅介護業)ををデータベースとして取り入れ、人材育成・人事評価ツールとして開発した実績のあるチェック形式のExcelテンプレートです。このテンプレートは、実際の運用ではスタッフ全員がパソコンを持っていることは少ない為、直接Excelテンプレートで運用することは少なく、該当のExcelテンプレートの原紙を人数分、紙に印刷した後、評価対象者に配布して、配布されたペーパー(紙)の評価シートに本人評価や上司評価を書き入れて、それを回収して集計しているというのが実情です。
そこでExcelテンプレートをペーパーバックという紙の冊子として作成したのが、「スキル評価シート(通所介護)兼利用手引き書」です。評価の為に、Excelテンプレートから白紙の評価シートを人数分印刷するという準備が必要なく、人数分のペーパーバックを配布して回収するだけで評価を行うことができます。ペーパーバックでは、評価方法や採点方法なども記載していますので、ペーパーバックだけで評価を完結できますが、Excelテンプレートと併せてご利用頂くことで、評価結果をデータとして残すことができ、さらに効果的で効率的な人材育成・人事評価を実現できます。ここではExcelテンプレートとペーパーバックの構成を対比させながら、ペーパーバックでの運用方法について詳しく解説をします。
(注意)
ここでは介護スタッフ向けの「スキル評価シート(通所介護)」のペーパーバックをご紹介していますが、管理者向けのスキル評価シート(介護サービス_事業管理)については扱っていません。管理者向けのスキル評価シートにつきましては、「スキル評価シート(事業管理)」のペーパーバックを参照願います。

スキル評価シート(通所介護)のペーパーバックは、以下のamazonのサイトよりご購入頂けます。

https://amzn.to/3UJwqkU
スポンサーリンク

ペーパーバックの構成

「スキル評価シート(通所介護)」のペーパーバックの運用について解説する前に、Excelテンプレートの構成と、ペーパーバックの構成について確認します。

Excelテンプレートの構成

介護スタッフ向けのスキル評価シートとして「通所介護サービス」では、介護スタッフ向けにレベル毎(L1,L2,L3)の3種類のシートがExcelブックとして収録されています。
注意:管理者向けのシートは、「介護サービス(事業管理)」のペーバーバックとなります。

ここではExcelテンプレートの3種類のテンプレートの内、「スキル評価シート(通所介護L2_中級スタッフ)」、つまり介護スタッフ用としてL2(レベル2)の評価シートで、ペーパーバックと比較してみます。

Excelテンプレートのブック構成

介護スタッフ向けの評価シートは、レベル毎にExcelのブックでわかれています。

Excelテンプレートのブック構成

Excelテンプレートのシート構成

以下が、「スキル評価シート(通所介護)」のL2(レベル2_中級スタッフ)のシート構成です。

Excelテンプレートのシート構成

ペーパーバックの構成

Excelテンプレート「通所介護サービス」で、Excelブックとして収録されていました介護スタッフ向けの3種類のレベル(L1,L2,L3)のシートはペーパーバックとしては、1冊に全て掲載しています。
ペーパーバックでは1冊(冊子)の中に全てのレベルのシートを記載していますので、自分のレベルに該当するシートを選択して記入することとなります。

ペーパーバックの構成

目次の確認

介護スタッフ用として、L2(レベル2)のシートは、以下の目次を枠で囲んだページとなります。
注意:Excelテンプレートで言う「原紙」が記載されています。

ペーパーバックの目次

入力シート(基本情報)

p.13の入力シート(基本情報)を記入します。入力シート(基本情報)は、L1,L2,L3全てのレベルで共通となります。表紙には評価年度、上期・下期、本人氏名及び本人所属を記入しましたが、こちらには、センシティブな情報として、勤務形態、入社年月日、上司氏名、等級、号棒などを記載します。

入力シート(基本情報)

入力シート(共通能力)

p17の「入力シート(通所介護共通①と、p19の「入力シート(通所介護共通②)となります。入力シート(共通能力)は2ページとなります。

入力シート(共通能力)

入力シート(選択能力)

入力シート(選択能力)は、レベル(L1,L2,L3)によってシートがわかれていますので、対象のレベルのシートを選択します。そして、入力シート(選択能力)は「通所介護」と「通所介護技術」の2種類で構成されていますので、2種類のシートで評価して頂きます。

入力シート(選択能力)

評価結果シート

評価結果シートは、レベル(L1,L2,L3)毎の評価結果を集計するシートとなる為、レベルによってシートが異なりますので、対象の評価結果シートを選択して、評価結果を集計して頂きます。
注意:
L1,L2,L3のいづれか該当の評価結果シートを選択します。ここでは、L2のシートを選択します。

評価結果シート

コミュニケーションシート

コミュニケーションシートは、L1,L2,L3全てのレベルで共通となります。

コミュニケーションシート
スポンサーリンク

ペーパーバック運用の流れ

運用フローチャート

運用フローチャート

評価シートの配布

ペーパーバックの用意

通所介護事業所のスキル評価を実施する場合は、管理者用と介護スタッフ用のペーパーバックが必要です。被評価者人数分のペーパーバックを用意します。例えば、管理者が1名で介護スタッフが3名の通所介護事業所の場合は、次のペーパーバックをご用意下さい。

  • 管理者用のペーパーバック
    スキル評価シート(介護サービス_事業管理)→1冊
  • 介護スタッフ用のペーパーバック
    スキル評価シート(通所介護)→3冊
ペーパーバックの表紙

評価シートの配布

人事又は事務で用意したペーパーバックを、評価対象の部署の管理者へ配布します。ここでは、管理者用を1冊、介護スタッフ用を3冊配布します。人事又は事務からペーパーバックを受け取った上司は、納期を指示して介護スタッフへ配布します。

ペーパーバック配布イメージ(人事→本人)

ペーパーバックを配布する際は、表紙に評価年度、上期・下期、本人氏名及び本人所属を記入した後、配布します。

ペーパーバックの表紙(記入済み)

本人による評価

上司からペーパーバックを受け取った本人は、ペーパーバックのシートの中から自分の該当するレベル(介護スタッフ=L1,L2,L3、管理者=L3,L4)を選択して本人評価を実施します。

ペーパーバックの配布イメージ(上司→本人)

基本情報の記入

入力シート(基本情報)

p.13の入力シート(基本情報)を記入します。入力シート(基本情報)は、L1,L2,L3全てのレベルで共通となります。こちらには、センシティブな情報として、勤務形態、入社年月日、上司氏名、等級、号棒などを記載します。

入力シート(基本情報)

本人評価のチェック

入力シート(共通能力)のチェック

p17とp19の入力シート(共通能力)で本人評価(自己評価)を行います。入力シート(共通能力)は、L1,L2,L3全てのレベルで共通となります。入力シート(共通能力)は2ページとなります。

入力シート(共通能力)の本人チェック

入力シート(選択能力)のチェック

入力シート(選択能力)は、「通所介護」と「通所介護技術」の2種類ありますので、2種類ともに、本人評価を行います。入力シート(通所介護L2_通所介護)がp35とp37、入力シート(通所介護L2_通所介護技術)が、p39とp41のそれぞれ2ページとなります。

入力シート(選択能力)の本人チェック

本人評価の採点

本人評価が済みましたら、上司評価を行って頂くために、ペーパーバックを上司へ渡して゛上司評価゛をお願いしますが、その前に評価の自己採点を行います。採点方法については、入力シート(共通能力)や入力シート(選択能力)の前のページに解説を記載していますので、解説に従って採点を行って下さい。
留意:
本人評価及び上司評価では、評価に専念して頂き、該当のオプションボタンに✔又は塗りつぶすのみとして、採点はペーパーバックを回収して、人事又は事務で行う流れでも良いでしょう

入力シート(共通能力)の採点

入力シート(共通能力)の本人採点

入力シート(選択能力)の採点

入力シート(通所介護L2_通所介護)及び入力シート(通所介護L2_通所介護技術)を採点します。

入力シート(選択能力)の本人採点

コミュニケーションシートの記入

p.71のコミュニケーションシート(通所介護)を記入します。コミュニケーションシートは、L1,L2,L3全てのレベルで共通となります。フィードバック面談時までに「課題特定・目標設定、実績確認」欄を記入します。
留意:
コミュニケーションシートの運用につきましては各会社の方で決めて頂きます。
CM(コミュニケーション)シートの運用については、課題の抽出や目標設定のやり方等について教育が必要な場合は、教育の後に運用されることをお薦めします。

コミュニケーションシート

上司による評価

本人から本人評価済みのペーパーバックを返却された上司は、本人評価を参照しながら、上司評価と採点を実施します。

ペーパーバックの配布イメージ(本人→上司)

上司評価のチェック

本人評価の済んだペーパーバックを受け取った上司は、上司評価を行うとともに採点を行います。

入力シート(共通能力)のチェック

p17とp19の入力シート(共通能力)で上司評価を行います。入力シート(共通能力)は2ページとなります。

入力シート(共通能力)の上司チェック

入力シート(選択能力)のチェック

入力シート(選択能力)は、「通所介護」と「通所介護技術」の2種類ありますので、2種類ともに、上司評価を行います。入力シート(通所介護L2_通所介護)がp35とp37、入力シート(通所介護L2_通所介護技術)が、p39とp41のそれぞれ2ページとなります。

入力シート(選択能力)の上司チェック

上司評価の採点

上司評価が済みましたら、人事又は事務へペーパーバックを返却して評価結果の集計をお願いしますが、その前に評価の採点を行います。採点方法については、入力シート(共通能力)や入力シート(選択能力)の前のページに解説を記載していますので、解説に従って採点を行って下さい。
留意:
本人評価及び上司評価では、評価に専念して頂き、該当のオプションボタンに✔又は塗りつぶすのみとして、採点はペーパーバックを回収して、人事又は事務で行う流れでも良いでしょう

入力シート(共通能力)の採点

入力シート(共通能力)の上司採点

入力シート(選択能力)の採点

入力シート(通所介護L2_通所介護)及び入力シート(通所介護L2_通所介護技術)を採点します。

入力シート(選択能力)の上司採点

人事による評価結果の集計

本人評価及び上司評価の済んだペーパーバックを回収した人事又は事務では、評価結果を評価結果シートに記入して採点を行います。

ペーパーバックの配布イメージ(上司→人事)

評価結果の集計

ペーパーバックを回収した人事又は事務では、評価結果を評価結果シートに記入して採点を行います。評価結果シートは、レベルによって記入するシートがわかれていますので、該当の評価結果シートを選択して記入する様に注意願います。ここでは、p63の「評価結果シート(通所介護L2)」のシートとなります。

達成率、SAB評価の記入

評価の転記

各入力シートから「本人評価」「上司評価」「最終評価」を転記します。

評価の転記
達成率、評価の記入

以下の①÷②で達成率が算出されます。ここでは達成率=85.22%なので、「S」となります。
注意:
集計方法及び達成率、評価の計算方法につきましては、「評価結果シート」の前ページに記載しております。(ここではp62)

達成率、評価の記入

レベル判定

介護スタッフ用のL2(レベル2)の評価シートでのレベル判定結果を記入します。

○、△、×の数の転記

業界標準のレベル認定の判定に必要な○、△、×の数を各シートより転記します。

○、△、×の数の転記
レベル判定

上司評価で、「×」がないことと、「○」の割合が7割を超えていることを条件として判定します。ここでは、上司評価で「×」が1つもなく、○の割合が7割を超えていますので、「L2認定」と記入します。

レベル判定

コメント