「Web認印」で作成した印影を、eight判に読み込む方法

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

Web認印で印影作成

白舟書体がフリーで提供している電子印鑑作成ツール「Web認印」で、PDFや電子印鑑にも使える認印を作成して、電子印鑑eight判の陰影として読込、押印する。
留意:
eight判でも陰影を作成できますが、「Web認印」で作成した陰影は、格段の差です。シャチハタにもフォントを提供している株式会社白舟書体が提供しているフォントにつき見栄えが全く違います。

Web認印の起動

http://www.hakusyu.com/webmtm/
webmtm_start
webmtm_start

苗字の入力

webmtm_myouji
webmtm_myouji

印影をダウンロード

上の画面を綴じて、下の画面で陰影をダウンロード
webmtm-dl
webmtm-dl

印影の保存

陰影の上で、右クリック
webmtm-hozon
webmtm-hozon

eightban37のフォルダに保存します。

ファイル名の変更

陰影ファイルを見て、誰の陰影かわかる様にファイル名を変更します。
webmtm-fname
webmtm-fname

eight判で印影の読み込み

eightban.exeの起動

eightban-start
eightban-start

Web認印で作成した印影の読み込み

読込のレ点をチェック

webmtm-read
webmtm-read
eightban37のフォルダに格納しましたので、フォルダを開きます。

ファイルの種類(T)の選択

①pngで検索

pngで検索すると、innei-nakamura.pngが表示されますので、選択します。

webmtm-select
webmtm-select

②読み込み欄へのURLの取り込み

webmtm-url
webmtm-url

印影の読み込み

①画面の表示

webmtm-dsplay
webmtm-dsplay

注意:読込で、C:¥Users¥N2¥Desktop¥eightban37¥innei_nakamura.pngとURLが参照されますので、innei_nakamura.pngをより移動させますと、陰影が消えてしまいますので、ご注意ください。

②設定の変更

以前の陰影の設定が残っていたら、変更します。

webmtm-change
webmtm-change
レ点のチェックを外す。

③大きさの変更

webmtm-size
webmtm-size

eight判のショートカットの作成

ExcelやWordを使用している際に、印鑑がすぐに使用できるようショートカットを作成しておきます。
留意:
ショートカットのリンク先を指定しておけば、ショートカットのクリックで、印影がクリップボードに書き込まれますので、印影をそのまま貼り付けることができます。
webmtm-shortcut
webmtm-shortcut

ショートカットのプロパティ変更

プロパティ画面の表示

webmtm-propaty
webmtm-propaty

プロパティのリンク先変更

webmtm-link
webmtm-link

ショートカットの移動

使いやすいように、ショートカットをデスクトップへ出しておきます。
webmtm-idou
webmtm-idou

eight判で捺印

ショートカットのWクリック

作成した印影のショートカットをWクリックすることで、印影をクリップボードに書き込みます。
webmtm-natsuin1
webmtm-natsuin1

捺印

ショートカットをクリックした後、右クリックで、「貼り付け(P)」を選択すると、押印されます。
webmtm-natsuin2
webmtm-natsuin2

手順書のダウンロード

「eight判操作手順書(web認印の読込)」は、以下よりダウンロードできます。
スポンサーリンク
投稿本文(h2)