社会保険

社会保険

社会保険料納入告知書の納付金額のチェック方法

年金機構より送付される社会保険料納付書に記載される社会保険料を納付します。納付額のチェックは「法定福利費計算書」によって行い、納付額が合わない場合には、社会保険料率の違い、標準報酬月額の違い、入退社の手続きのづれ等が考えられますので原因を追究します。
社会保険

意外と知らない退職時の社会保険料の控除

社会保険の加入期間は月単位でカウントされ、月末が退職日であれば、その月まで、月末以外が退職日であれば、その月の前月までの社会保険料が控除されます。国民年金と国民健康保険は、社会保険の資格を喪失した月から徴収されますので、得になるという訳ではありません。
社会保険

算定基礎届の記入と提出の実際

毎年6月中旬頃、年金事務所より郵送される「算定基礎届」の提出の対象は、7月1日現在の全ての被保険者です。年金機構では5月中旬で処理される為、5月中旬以降に入社された方や退職された方の情報は、実際とは差異が発生しますので、訂正が必要となります。
社会保険

労働保険の年度更新_申告書の書き方

労働保険の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間(「保険年度」)を単位として計算されます。原則として労災保険料と雇用保険料に分けず一括で納付します。仕組みが複雑で分かりづらい年度更新の仕組みを、継続事業(一般の業種)の場合について説明します
社会保険

意外と知らない社会保険料の決定と改訂

毎月の給与から控除される社会保険料は、報酬によって定められた等級によって決まる「標準報酬月額」というものに、保険料率を掛けて計算されます。標準報酬月額は、残業代や通勤費等も含めた1か月の給与額を「標準報酬月額表」に当てはめて決定します。
社会保険

年収130万円未満でも加入要件を満たせば、社会保険の加入は必須。

収入がいくらか(130万円未満であっても)に関係なく、労働時間の基準に該当すれば、社会保険に加入することとなります。基準に該当しない場合に初めて、扶養認定の判断に進みます。つまり、゛130万円未満だから゛社会保険に加入しなくて良いのではないのです。
社会保険

第1号被保険者該当勧奨って何?

65歳になれば厚生年金の被保険者であっても、国民年金の第2号被保険者ではなくなる為、その奥さんも60歳になるまでは、第1号被保険者として自身の国民年金保険料を納める必要があります。平成25年6月厚生年金法が改正され、該当者に「届出の勧奨」を送付する様になりました。
社会保険

社会保険料納入告知書の額と 給与支払い時の額が一致しない理由。

一致しない理由は、入社や退社の手続きが年金機構に反映されていない。又は、入社や算定基礎・月額変更等で届け出た標準報酬月額と、給与計算で使用される標準報酬月額とが一致していない又は、健康保険や厚生年金保険等の料率の変更がされていない等です。
社会保険

社会保険料って、会社負担と本人負担とで折半ではないの?

社会保険料の会社負担と個人負担は折半ですが、実際には会社負担分の社会保険料の方が、本人負担分の社会保険料よりも少しだけ多くなっています。それは、社会保険料の中に、「こども・子育て拠出金」が含まれているからです。
社会保険

年金事務所の総合調査に行ってきた。

社会保険事務が適切に行われているか?を定期的に行う個別調査は「総合調査」と呼ばれ、法律に基づく調査として社会保険に加入している会社には、基本的に4~5年に1度調査に入る様ですが、社会保険に新しく加入した会社は、翌年には調査が行われる様です。
社会保険

産休・育休中の社会保険料は、申請すれば免除される。

産前産後期間中の社会保険料の免除 産前産後休業期間(産前42(多胎妊娠の場合は98日)、産後56日のうち、妊娠または出産を理由として労務に従事しなかった期間)について、健康保険・厚生年金保険の保険料は、被保険者が産前産後休業期間中に...
社会保険

103万円の壁や、130万の壁って何?

「夫の扶養内で働きたい。」という時に、良く耳にするのが年収103万円の壁や、年収130万円の壁という言葉です。103万円や130万円とは、何を意味するのでしょう。実は、扶養には「税金の扶養」と「社会保険の扶養」の2種類があり、103万円の...
スポンサーリンク