phpMyAdminの使い方_ SQL(便利機能)

php

phpMyadminの使い方として、phpMyadminを実際に動かしながらSQLをご紹介してきました。INSERT,UPDATE,DELETE,SELECT等の構文を実際のデータベースを使って、動きを確認しました。そこで゛phpMyadminの使い方゛として最後に、SELECTの条件指定や集計方法で便利な機能をご紹介します。

スポンサーリンク

XAMPPの起動

ApacheとMySQLの起動

MySQLを使うためには、Apacheも必要となりますので、両方起動します。

XAMPPの起動画面

MySQLのAdminの起動

Adminをクリックすると、phpMyAdminというツールが開きます。このphpMyAdminを通してMySQL(MariaDB)にアクセスすることとなります。

phpMyAdminの起動

便利な機能

条件指定

idが1又は3のレコードの抜き出し

次の①と②は同じ結果となります。

①id=1 OR id=3

②IN(1,3)

INの中に一致させたいものをカンマで区切って、入力できます。

年齢が35歳以上60歳未満のレコードの抜き出し

次の①と②は同じ結果となります。

①age >=35 AND age < 60

②age BETWEEN 35 AND 59

BETWEENは、59以下なので、35から59の間に収まっているかとなります。

レコードを絞る

大量のデータを絞って抜き出す。

①LIMIT 3

②LIMIT 3,2

3レコード目の次レコードから2レコード抜き出します。

集計

重複を無くす。

以下のsyukyakuテーブルの集計では、item_id=1が重複していますので、重複をなくして集計します。DISTINCTを使います。

合計を求める。

ショートカット(別名の付与)

毎回テーブル名を指定するのは大変です。そこでテーブルにショートカットを割り当てます。FROMの後のテーブル名の後に半角開けて、別名を付けます。(よく行うのは、そのテーブルの特徴として、1文字を与えます。)
例:staff_list→sl、syukyaku→sk

①FROMの後のテーブル名の後に半角開けて、別名を付けます。

②その他を別名に変えます。

結果は同じですが、非常にコンパクトになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました