「Local」で、自分のPCにWordPressのローカル環境を作る。

WordPressを動かすには、Webサーバー(Apache)、データベース(MySQL)、PHPが必要です。これら3つを個別にインストールして初めてWordPressは、動作するようになります。WordPressのローカル環境を構築するツールは、既にご紹介しましたXAMPPがありますが、XAMPPは初めての人にとっては、敷居が高く感じられます。
そこで、今回、ご紹介するのがフライホイールという会社の無料のソフトウェア「Local」です。WordPressに必要な動作環境とWordPress本体、そしてWebサーバー、データベース、PHPのインストールを一気にやってくれるローカル環境構築ツールです。WordPressを立ち上げる為の専用の環境構築ソフトで、Windows、Mac共に対応しています。「Local」のインストール方法を詳しく、ご紹介します。

スポンサーリンク

Localのインストール

Localのダウンロード

ブラウザの検索窓から「Localwp」で検索すると、表示されますので、「DOWNLOAD」をクリックします。

プラットホームの選択

ご自身の環境に合わせて選択します。ここでは、Windowsを選択します。

メールアドレスの入力

メールアドレスのみ必須項目となっていますので、メールアドレスを入力して、「GET IT NOW!」をクリックします。

ダウンロードの開始

「GET IT NOW!」がクリックされると、ダウンロードが始まります。

セットアップexeがダウンロードされました。

Localのセットアップ

セットアップexeをグブルクリックして、セットアップを開始します。

インストールオプションの選択

インストール先の選択

インストールの開始

セットアップの完了

Localの設定

初期設定

「Local」を起動した初回のみ設定となります。

①契約への同意

②エラーレポート

③リンク

設定画面の表示

サイト名の設定

ここでは、「MySite」という名前としました。

「ADVANCED OPTIONS」のクリック

ここは、そのまま「CONTINUE」をクリックします。

環境設定

ここでは、Customを選択します。

①PHPの選択

②Webサーバーの選択

③データベースの選択

PHP、Webサーバー、データベースの選択が終わりましたら、「CONTINUE」をクリックします。

WordPressの設定

Username、PassWord、メールアドレスを設定します。

ADVANCED OPTIONSのマルチサイトか否かは、ここではNOとします。そして、「ADD SITE」をクリックします。

サイトの構築開始

サイトの構築完了

Localサイトの操作

Localの起動

「Mysite」を選択して、緑のボタン若しくは右上の「startsite」をクリックして起動します。停止の場合は、「Mysite」の緑のボタンかstopsiteをクリックしてWebサーバーをストップします。

VIEW SITE

右上の「Viewsite」をクリックすると、Webサイトが見れるようになります。

ADMIN

「Admin」をクリックすると、ログイン画面が表示され、ログインすると、管理画面が表示されます。

WordPressの設定

日本語化対応

表記が英語となっていますので、これを日本語表記に変更します。

①SettingからGeneralをクリック

②Site Languageで日本語を選択

時刻の設定

世界標準時となっていますので、日本時間に合わせます。

設定の更新

日本語対応、時刻の設定が終わりましたら、「Save Changes」をクリックします。

画面の更新

画面が更新され、日本語表記となっています。

プラグインの追加

日本語WordPressをインストールした場合は初めからプラグインはインストールされていますが、今回は追加でインストールしなければなりません。

プラグインの新規追加

プラグインの検索

検索窓より「multibyte」と入力します。

プラグインのインストール

「WP Multibyte Patch」をインストール、有効化します。

プラグインの有効化の確認

有効化が完了すると、以下の画面が表示されましたら完了です。

Localサイトの追加

サイトの追加

現在、「Mypage」というサイトがあるところに、「Mypage02」というサイトを追加してみます。

AddLocal Siteをクリック

サイト名の入力

サイト名を入力して、ADVANCED OPTIONSをクリックします。

ADVANCED OPTIONSの設定

ADVANCED OPTIONSはそのままで、「CONTINUE」をクリックします。

環境設定

「Custom」を選択して、PHP,Webサーバー,Databaseを選択して、「CONTINUE」をクリックします。

WordPressのセットアップ

WordPressのログイン時のユーザー名、パスワードと、メールアドレスを設定します。設定が済めば、「ADD SITE」をクリックすると、サイトの構築が開始されます。

サイト構築の完了

Localサイトの削除

サイトの削除

Deleteの選択

サイト名を右クリックして、「Delete」を選択します。

「DELETE SITE」のクリック

確認画面が表示されますので、「DELETE SITE」をクリックします。

サイトの表示

サイトの作成画面が表示され、サイトが削除されたことが確認できます。

サイト削除時の留意点

「Local」をインストールすると、「hosts」ファイルには、以下のように設定が追加されていますが、「Local」のサイトを削除すると、同時に「hosts」ファイルも書き換えられ元に戻ります。従って、ここで削除しておかないと、「hosts」ファイルを自分で書き換えなければなりません。

①Localインストール時

②Localのサイトを削除時

Localの再インストール

Localを最初からインストールし直したい場合があると思いますが、その際にコントロールパネルからLocalのプログラムだけを削除するだけでは、再インストールでうまくいきません。例えば、Site nameは、再度同じ名前となってしまいます。

サイトの削除

最初からインストールする場合は、まずは現在のサイトを削除しておく必要があります。

「Delete」を選択

「DELETE SITE」のクリック

確認画面が表示されますので、「DELETE SITE」をクリックします。

サイトの表示

サイトの作成画面が表示され、サイトが削除されたことが確認できます。

物理サイトの削除

「Local Sites」フォルダの削除

「Local Sites」というフォルダが作成されていますので、削除します。

「Local-updater」フォルダの削除

「Local」のダウンロードからやり直したい場合は、「Local-updater」フォルダも削除します。

「Loca」フォルダの削除

ソフトウェアの削除

コントロールパネルからソフトウェアのアンインストールを行います。

「Local」の再インストール

これで、ソフトウェアのダウンロードからインストールを開始できます。

WordPressWordPressのインストール
スポンサーリンク
シェアする
管理人
gungii

どうも、こんにちは!gungii(ガンジー)と申します。
2012年頃、一度に大腸がんと前立腺がんを患い、2ヶ月位入院していた為、職場の部下より、゛がんの爺さん゛とのあだ名をつけられ、以降、gungii(癌爺)と名乗っています。2021年06月でリタイアして、リタ活中です。パソコン大好きシニアが、これまでインプットしてきた経験と知識をアウトプットすることで、皆さんのお役に立てればうれしく思います。

gungiiをフォローする
gungiiのなるほどHack&Tips

コメント

タイトルとURLをコピーしました