PR

産休・育休

産休・育休

最長2年!育児休業延長の手続きと条件

育児休業は、原則「子供が1歳になるまでの間」取得できます。1歳を超えても休業が必要な場合、申請することで1歳6ヶ月まで延長できます。2017年10月1日からさらに6カ月の延長が可能になりました。受けられる給付金も延長となりますので、ありがたい制度です。
産休・育休

育児休業給付金の申請方法

育休中の生活を支える目的で支給されるのが、「育児休業給付金」です。申請には、「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書」及び「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業基本給付金支給申請書」をハローワークに提出しなければなりません。
産休・育休

出産手当金支給申請書 の記入の実際

申請には、「健康保険出産手当金支給申請書」の提出が必要です。申請書は「被保険者記入用」、「被保険者・医師・助産婦記入用」、「事業主記入用」があり、「被保険者・医師・助産婦記入用」の医師・助産婦記入欄は、間違っても訂正してはなりません。訂正には、医師の訂正印が必要です。
産休・育休

産休・育休にともなう手続き一覧と、必要な書類

働いている女性が出産する場合、出産や育児の為、仕事を休まなければなりません。が、その間は原則、無給となります。その間の生活を支える目的で、会社が加入している健康保険や雇用保険から、出産手当金や育児休業給付金が支給されます。また、その間に発生...
スポンサーリンク