PR

【使ってみた】ChatGPTの驚きの精度とスピード

ChatGPTは、人間のように自然な会話ができるAIチャットサービスです。2022年11月にOpenAI社によって公開され、わずか2か月でユーザー数1億人を突破し、2023年1月には米Microsoft社が開発元のOpenAI社に対して1兆円規模の投資することが報じられ、大きな注目を集めています。
GPTとは「Generative Pre-trained Transformer」の略で言語を生成する学習翻訳システムという様な意味で、Chatが付きますので「対話型の言語生成学習翻訳システム」という感じでしょうか?GPTは、与えられたテキストの指示に対して自然言語を生成するAIでインターネット上にある膨大な情報を学習し複雑な語彙・表現も理解できるのが特徴です。さらに過去の会話内容を記憶したり、内容に誤りがあった場合は訂正したりできるなど、より自然な会話に近づくための機能が搭載されています。ChatGPTは無料会員と有料会員があり月額20ドルを支払う有料会員であれば、ピーク時でもアクセスがスムーズ、応答時間が短縮される、新機能の使用が可能になるといったメリットがありますが、基本的な機能は無料会員でも十分です。
今回は、ChatGPTを是非体験して頂きたくアカウントの登録からChatGPTの使い方までキャプチャー画面で詳しく解説します。革新的なテクノロジーで、今後「ググる」時代は終わるのではと言われ、あのGoogleもコードレッド(緊急事態宣言)を出しています。ChatGPTの精度とスピードを是非、体験してみて下さい。

スポンサーリンク

ChatGPTの使い方

ChatGPTのアカウントの登録

OpenAIにアクセス

公式サイトにアクセスすると、以下の画面が表示されます。初めて登録する人は「Sign up」を選び、アカウントをお持ちなら「Log in」をクリックします。

OpenAIの公式サイト

アカウントの登録

「Create your account(アカウントの新規開設)」という画面に変わります。「Email address」の欄にメールアドレスを記入して「Continue」をクリックします。Googleアカウントやマイクロソフトアカウントを使っての登録も可能です。ここでは、Googleアカウントで登録します。

アカウントの登録(chatGPT)

パスワードの入力

Googleアカウントでのパスワードを入力します。

パスワードの入力(chatGT)

氏名の入力

氏名を入力します。アルファベットでも日本語でもかまいません。氏名を入力して「Continue」をクリックします。

氏名の入力(chatGPT)

携帯電話番号の入力

電話番号の入力(chatGPT)

電話番号を入力するとスマホにショートメールが送られてきますので、認証コードを入力します。

通知メッセージの表示

通知は、すべて「Next」でOKです。

通知メッセージの表示(chatGPT)

ChatGPT画面の表示

画面下部のチャット欄に文章を入力するだけで、適切な回答をAIが返してくれます。

ChatGPT画面の表示

ChatGPTの使い方

ログインすると、サイト下部に質問を入力できる欄があります。ここに質問を入力すると、すぐに回答が吐き出されてきます。すぐに出てくる回答の精度は本当に驚くのでぜひやってみてください。

質問の入力

質問の入力(chatGPT)

回答

直ぐに回答がタイプされて表示されます。

chatGPTの回答(chatGPT)

別な回答が欲しければ再度回答を求めることもできます。

ChatGPTを利用する際の留意点

情報が正確ではないこともあります。

ChatGPTでは非常に高度な内容を含む文章まで生成可能ですが、元となる情報はインターネット上の情報であることで、事実云々よりも単語の出現頻度や相互関係を考慮して文章を作成することから、正確ではない回答を返す可能性があります。そしてChatGPTは2021年9月時点のウェブ上に存在するテキストを学習している為、それ以降の話題、トレンドは苦手なようです。また、固有名詞に関する説明や複雑な文章、単語などに関するアウトプットは誤ってる場合があり、与えられたテキストの意図を完璧に理解できず期待した回答とは異なる回答をする可能性もあります。その為、生成された文章を鵜呑みにせず、自身で内容の真偽を確認することが必要です。

英語で質問しよう。

ChatGPTが読み込んでいる情報量は、日本語より英語の方が多いそうです。その為、英語の方が精度の高いアウトプットが出ることもあるようです。(参考:NewsPicks YouTubeチャンネル)
動画内で、OpenAI社のシェイン・グウ氏が「日本語で取ってる例証は、多くても英語の10分の1程度」と発言しているとの事で、日本語であまり良い回答が出なければ、英語で質問してみるのをお薦めします。

回答が進化する。

ChatGPTが同じ質問に対して同じ回答をすることはないようです。その都度回答が更新されており、回数とともにブラッシュアップされていると考えられます。そのため、得られた情報は、その都度保存しておくか履歴を残しておくのが良いでしょう。

スポンサーリンク

問い合わせ事例

間違った回答

与えられたテキストの意図を完璧に理解できず期待した回答とは異なる回答となっています。質問は、「任意継続の健康保険を国民健康保険に切り替える手続きを教えて」と言っているのですが、回答は逆の「国民健康保険から任意継続」となっています。

回答事例1(chatGPT)

精度の高い回答

動物園や動物病院のインターネット情報を集めて文章をまとめている?とおもわれますが、文章力がはんぱないですね。論理的で明確です。

回答事例2(chatGPT)

進化した回答

「出版したkindle本がより多くよまれる工夫があれば教えて」と日本語で質問した内容を英語で質問してみました。Deepl翻訳ツールで、日本語を英語に変換して、英語で質問して得られた回答を日本語に翻訳しました。

質問を英語に翻訳

質問を英語に翻訳(chatGPT)

英語で質問して、英語で回答を得る。

英語で回答を得る。(chatGPT)

英語の回答を日本語に翻訳

画面のどこでも良いので、右クリックから「日本語に翻訳」を選択してクリックします。

回答事例3(chatGPT)

日本語で質問した時と回答内容が異なっています。その都度回答が更新されており、回数とともにブラッシュアップされています。こんな文章をほんの数秒(文字を描画する時間)で回答してくれます。

Windows
スポンサーリンク
シェアする
gungiiのなるほどHack&Tips