【WordPressテーマCocoon】トップページをサイト型に変更する方法

ブログ型のトップページとは、カテゴリーとは関係なく、新しい記事から順に上からずらっと並ぶようなイメージです。したがって、ある程度の記事数となると、過去記事がどんどん埋もれていってしまいます。トップページへアクセスした際に、記事を探しにくく、ユーザーの回遊率が下がる要因となります。トップページをサイト型にすることにより、カテゴリー毎に表示できる様になり、過去の記事が埋もれることなく、知りたい記事ヘアクセスしやすくなります。また、お知らせ欄等の記事以外の情報も掲載できる為、ユーザーにとって見やすいトップページとなります。今回は、WordPressテーマCocoonでのトップページをサイト型に変更する方法をご紹介します。サイト型への移行は、プログラミングの知識は必要ありません、使うのはショートコードだけです。

サイト型トップページのレイアウト

トップページをサイト型にするためには、どのようなレイアウトとするかを予め考えておくことが必要です。ここでは、次のようなサイト型のレイアウトを考えてみました。

1段目に「サイトの紹介」欄を設置してサイトの紹介、キャッチコピー等を記載、2段目に「更新情報」を配置し、3段目に新着記事と人気記事を2列で配置、4段目にカテゴリー別記事を3列で配置して、5段目にプロフィールを配置します。そして6段目としてサイドバーに「おすすめ記事」をナビカードで配置します。

WordPress Cocoon サイト型レイアウト図

①では、サイトの紹介、キャッチコピー等
②では、更新情報を配置します。(私は、投稿日ではなく、更新日を表示します。)
③では、2カラムで新着情報と人気記事を配置します。
④では、3カラムで主要なカテゴリーを配置しました。
⑤では、プロフィールを配置しました。
そして⑥にナビカードウィジェットで帯付きのおすすめ記事を配置します。

完成したサイト型トップページ

完成したサイト型のトップページがこちらです。
※グローバルメニューの下にCocoon機能の「アピールエリア」を設定しています。

WordPress Cocoon サイト型完成図
トップページをサイト型に変更する手順
変更の手順
  • STEP1
    固定ページの作成

    「新着記事」、「人気記事」、そして「トップページ」の3つの固定ページを作成します。

  • STEP2
    トップページの編集
    1. 「新着記事」、「人気記事」の配置
      トップページにまず、3段目の「新着記事」、「人気記事」を2カラムで横2列で配置
    2. カテゴリー別記事の配置
      4段目のカテゴリー別記事を3列で配置します。
    3. 「サイトの紹介」、「更新情報」、「プロフィール」の配置
      最後に、1段目の「サイトの紹介」と2段目の「更新情報」、そして5段目の「プロフィール」を配置します。
  • STEP3
    サイドバーの編集

    サイドバーにウィジェットで「おすすめ記事」を配置します。「おすすめ記事」は、Cocoonのナビカードで作成します。

    • ナビカードメニューの作成
      「おすすめ記事」とする記事のメニューを作成します。
    • ナビカードウィジェットの追加
      サイドバーに「おすすめ記事」をウィジェットで配置します。
  • STEP4
    CSSの追加

    トップページの追加CSS欄に、固定ページとして作成した「トップページ」のタイトルやSNS等を非表示とする為にカスタムCSSを追加します。

  • STEP5
    表示設定の変更

    通常は「ホームページの表示」が「最新の投稿」にチェックがついてますので、「固定ページ」にチェックを入れます。ホームページは「トップページ」、投稿ページは「新着情報」を選択します。

スポンサーリンク

Cocoonトップページをサイト型に変更する方法(動画)

「Cocoonトップページをサイト型に変更する方法(動画)」は、こちら

スポンサーリンク

STEP1:固定ページの作成

新着記事、人気記事、トップページの3つの固定ページを作成します。
新着記事はタイトルのみで、人気記事にはショードコードを記入して、トップページにそれぞれの記事を2列で配置して、「もっと見る」ボタンでそれぞれの固定ページに飛ばします。

新着記事の作成

「新規追加」をクリックして、固定ページを作成します。

WordPress Cocoon 新規作成された新着記事

タイトルは、わかりやすく「新着記事」として、URLスラッグはnewpostとします。他には何も入力せず、「公開」します。

人気記事の作成

同様に「新規追加」をクリックして、固定ページを作成します。

WordPress Cocoon 新規作成された人気記事

タイトルは、「人気記事」として、URLスラッグはpoppostとします。人気記事には、次のショートコードを入力します。

WordPress Cocoon ショートコードが入力された人気記事

ショートコードは、こちら

[popular_list days="all" rank="1" pv="0" count="20" type="default" cats="all"]

入力が終われば、「公開」します。

トップページの作成

「新規追加」をクリックして、固定ページを作成します。

WordPress Cocoon 新規作成されたトップページ

タイトルは、「トップページ」として、URLスラッグはtoppageとします。この後、トップページに「新着記事」や「人気記事」などを配置していきますが、一旦は公開しておきます。

ショートコードは、こちらを参照させて頂きました。

STEP2:トップページの編集

「新着記事」、「人気記事」の配置

トップページに「新着記事」、「人気記事」を2カラムで横2列で配置します。

2カラムブロックの作成

WordPress Cocoon 2カラムブロック

h3見出しの作成

それぞれ「見出し」ブロックを選択して、h3で見出しを入力します。

WordPress Cocoon 見出しブロック

新着記事の設定

ショートコードの入力
ショートコードのクリック

編集メニューが表示されますので、ショートコード[/]をクリックします。
注意:
編集メニューが表示されない場合は、1文字入力すると表示されます(ここではaと入力)。後で忘れず削除しておいて下さい。

WordPress Cocoon ショートコード
新着記事一覧の選択

リストボックスから新着記事一覧を選択します。

WordPress Cocoon リストボックス
ショートコードの挿入

ショートコードが挿入されます。

WordPress Cocoon 挿入されたショートコード

※先頭のaの文字は削除します。

「もっと見る」ボタンの作成
ブロックの追加
WordPress Cocoon ブロックの追加ボタン
「ボタン」ブロックの選択
WordPress Cocoon 「ボタン」ブロック
中央揃えの選択

ボタンの名称を「新着記事をもっと見る」に変更して、ボタンの配置を中央揃えとします。

WordPress Cocoon 選択された中央揃え
背景色、文字色の変更

左側の設定で背景色、文字色を変更します。

WordPress Cocoon 色設定
文字サイズ等の設定

ボタンサイズを大中小から選択します。
※ボタンの角を円形にしたり、ボタンを光らせたりすることもできます。

WordPress Cocoon 文字サイズ等
URLの記入

固定ページとして作成した「新着記事」のURLを記入します。

WordPress Cocoon リンクURL

人気記事の設定

新着記事同様に設定します。

ショートコードの入力

編集メニューからショートコード[/]を選択したリストボックスから人気記事一覧を選択します。

WordPress Cocoon 挿入されたショートコード

注意:
ここでは、rank=”1″、pv=”1″に変更します。(rankはランキング、pvはPV数の表示有無です。)

「もっと見る」ボタンの作成

新着記事と同様に設定します。URLは、固定ページとして作成した「人気記事」のURLを記入します。

WordPress Cocoon リンクURL

カテゴリー別記事の配置

カテゴリー別記事を横3列で配置します。

3カラムブロックの作成

WordPress Cocoon 3カラムブロック

h3見出しの作成

それぞれ「見出し」ブロックを選択して、h3で見出しを入力します。
ここでは、見出しはカテゴリー名として「WordPress」、「人事・労務」、「介護・福祉」とします。

ショートコードの入力

次のように入力します。

WordPress Cocoon 入力されたショートコード

注意:
カテゴリー=WordPressのcats=”16″、人事・労務のcats=”21″、そして介護・福祉のcats=”31″となります。catsの番号は、カテゴリーIDとなり、以下のように調べます。
カテゴリーにマウスを当てると、表示されます。

WordPress Cocoon カテゴリーID

※タイトルが「福祉・介護」となっていますが、後で「介護・福祉」に変更しています。

「もっと見る」ボタンの作成

新着記事と同様に、ボタンを作成して、リンクURLを記入します。

WordPress Cocoon リンクURL

注意:
リンクURLは、次の様にして調べます。
カテゴリー一覧から該当のカテゴリーの表示にカーソルを位置づけて右クリックすると、ドロップダウンリストが表示されますので、「リンクのアドレスをコピー」を選択します。
※表示をクリックするのではなく、カーソルを位置づけて右クリックします。

WordPress Cocoon アドレスのコピー

「サイトの紹介」、「更新情報」、「プロフィール」の配置

トップページの編集の最後として「サイトの紹介」と「更新情報」、そして「プロフィール」を配置します。

「サイトの紹介」の作成

「白抜きボックス」ブロックの追加
WordPress Cocoon 「白抜きボックス」ブロック
紹介文の入力
WordPress Cocoon 紹介文

「更新情報」の作成

「更新情報」は、Cocoonに機能はありませんので、プラグイン(What’s New Generator)をインストールして設置します。
プラグイン「What’s New Generator」のインストールについては、以下の記事を参照願います。

ショートコードブロックの追加
WordPress Cocoon ショートコードブロック
ショートコードの入力

プラグインが指定するショートコードを入力します。

WordPress Cocoon 入力されたショートコード

「プロフィール」の作成

「白抜きボックス」ブロックの追加

段落にそのままショートコードを入力しても構いませんが、枠で囲みたい為に、「白抜きボックス」を追加しています。

WordPress Cocoon 「白抜きボックス」ブロック
ショートコードの入力

次のように、ショートコードを入力します。

WordPress Cocoon 入力されたショートコード

注意:
このショートコードを使うためには、WordPressのプロフィール欄が設定されていなければなりません。

WordPress Cocoon プロフィール情報

トップページ全体の編集内容

これでSTEP2のトップページの編集は完了です。編集の全体を確認して下さい。

WordPress Cocoon サイト型のトップページの編集内容

※カスタムCSSについては、この後で説明しています。

STEP3:サイドバーの編集

ナビカードメニューの作成

WordPress管理画面からメニューを選択して、「おすすめ記事」のメニューを作成します。

注意:ナビカードの設定と使い方については、以下の記事を参照願います。

「おすすめ記事」のメニュー

ナビカードウィジェットの追加

サイドバーに「おすすめ記事」を配置します。

ナビカードウィジェット

STEP4:CSSの追加

目次を非表示とする。

トップページに目次が表示されていると不自然です。目次表示しないようにします。
※ここでは、広告も表示しないようにします。

チェックマーク

タイトルを非表示とする。

トップページのタイトルや公開日、更新日、作者情報などを非表示とします。

カスタムCSS

こちらを参考にしました。

STEP5:表示設定の変更

トップページをブログ型からサイト型に変更する為に、最後に「ホームページの表示」を「最新の投稿」から「固定ページ」に変更します。

「ホームページの表示」の変更

ブログ型の場合は「ホームページの表示」が「最新の投稿」にチェックがついてますので、「固定ページ」にチェックを入れます。そして、ホームページは「トップページ」、投稿ページは「新着情報」を選択します。

表示設定

サイトの確認

これでトップページがブログ型からサイト型に変わりました。
注意:
ここでは、グローバルメニューの下にCocoon機能の「アピールエリア」を設定しています。サイト型とは関係ありません。

トップページ

コメント