年金保険

年金保険

退職後に、健康保険の任意継続をする方法

退職後の健康保険には、「健康保険任意継続」,「国民健康保険」,「ご家族の健康保険(被扶養者)」の3つの選択肢があります。喪失日から20日以内に「申出書」を提出することで、勤務していた会社が加入する健康保険組合に退職後2年に限り継続することができます。
年金保険

はじめての「年金請求書」!特別支給の老齢厚生年金の受取手続きの実際

「年金請求書」の受取手続きは、郵送ではなく年金事務所に持参提出しましたので、その記入方法から提出までの実際を説明します。また「年金請求書の受付控え」を頂けますので、確実に提出した事の証拠となり安心です。「年金相談」を受けることをお勧めします。
年金保険

公的年金等の受給者の扶養親族等申告書の提出方法

「扶養親族等申告書」は、毎年9月から10月頃、年金を受けている人で所得税の課税対象となる人に送付されます。年金から源泉徴収される所得税について配偶者控除等、各種控除を受ける際に必要な申告書となりますので提出が必要です。
年金保険

協会けんぽの生活習慣病予防健診で定期健康診断を実施する方法

毎年、3月下旬に協会けんぽより、生活習慣病予防健診の案内が送られてきます。これを活用して年1回の会社の定期健康診断に充てるのですが、実際に健診を受けて頂くまでには社員と病院の間で、日程調整や健診内容の確認そして、協会けんぽへの報告など、手...
年金保険

70歳以降も働く際に必要な厚生年金の手続き

厚生年金は、加入できる期間は70歳までと決まっています。70歳になったら、それ以後加入したくても加入できません。70歳になれば、会社が厚生年金の資格喪失手続きを行いますので、70歳以上は厚生年金保険料は支払う必要はなく健康保険料と介護保険...
年金保険

医療費が高額になりそうな時は、 限度額適用認定証を申請しよう

病気や入院などで、医療費が高額となった時に、一定額を払戻すことができる制度が、「高度療養費制度」です。「限度額適用認定証」を保険証と併せて病院の窓口で提示すれば、後での払戻しの手続きなしで、自己負担限度額のみの支払いで済ませることができます。
年金保険

65歳になると、介護保険は年金から天引きされます。

65歳以上になると、介護保険料は給与の天引きがなくなり、年金から天引きされることとなります。但し、介護保険料の年金からの天引き(特別徴収)が開始されるのは、65歳到達年度の翌年度の4月・6月・8月・10月(注意)からとなります。
年金保険

住民税は、給与からも年金からも天引きされます。

65歳以降もサラリーマンとして勤務している場合、給与所得以外として、雑所得である年金にも住民税はかかるのです。給与所得に対する住民税は給与から、年金所得に対する住民税は公的年金からそれぞれ引き落としされるのです。
年金保険

働きながら年金を受ける「在職老齢年金」の支給停止の仕組み

働きながら年金を受けると年金額の一部または全部が支給停止されることがあります。具体的には、給料と年金の1/12の合計額が、60歳から65未満の場合は28万円、65歳以上の場合は46万円(平成29年度)を超えると、年金がカットされます。
年金保険

75歳以上の方は「後期高齢者医療制度」への移行手続きが必要です。

「後期高齢者医療制度」は、75歳(寝たきり等の場合は65歳)以上の方が加入する医療制度で、75歳になると、健康保険の被保険者、被扶養者の資格を失い、国民健康保険や健康保険組合等の医療保険から外れ、新たに「後期高齢者医療制度」に加入します。
年金保険

健康診断は、会社の義務!

毎年、会社から健康診断の案内が来ると、「バリウムを飲まされるが憂鬱」だったり、「忙しくて、面倒だなあ」と思っていた健康診断ですが、会社は従業員に健康診断を受けさせる義務があり、従業員は健康診断を受ける義務があります。健康診断は自分の身体の...
スポンサーリンク