ルクセリタスのブロックパターンの使い方

ブロックパターンは、WordPressのエディターGutenbergに導入された機能です。ブロックを組み合わせたパターンと呼ばれるものが予め用意されていて、記事の編集画面で呼び出して挿入することができます。ルクセリタスでは、V3.19.0からブロックパターンが利用できるようになりました。JSONファイルをダウンロードして、Luxeritas メニュー「パターン登録→ブロックパターン」からインポートすることで、簡単に使えるようになります。そして、同時に自作のブロックパターンの登録が可能となりました。ブロックパターンはWordPressに標準で搭載されていますが、呼び出して記事に挿入はできますが自作のパターンを作成・登録はできません。Luxeritasのブロックパターンの利用方法と、ブロックパターン作成・登録方法を紹介します。

スポンサーリンク

ブロックパターンとは

Gutenbergのブロックパターン

WordPressのエディターGutenbergに用意されているブロックパターンを実際に見てみます。

新規投稿

記事を新規に投稿します。

WordPressの投稿画面

ブロックの選択

ブロックの選択画面

パターンの選択

パターンタブをクリックして、リストボックスからパターンを選択します。
注意:
「Luxeritas Block Patterns」が表示されているのは、予め私がダウンロードしている為で、デフォルトではありません。

パターンの選択画面

パターンは、ボタン、カラム、ギャラリー、ヘッダー、テキスト等のパターンが用意されています。

パターンの例示

記事への挿入

カラムのブロックパターンを挿入してみます。

パターンの挿入例

記事を書く時、大変便利です。が、もっと違うパターンが欲しいですね。

ブロックパターンの利用方法

ブロックパターンのダウンロード

サイトの検索

「ルクセリタス ブロックパターン集」で検索します。

すぐに使えるブロックパターン集

ブロックパターンのダウンロード

ここでは、「Border List(Green)」を選択します。

ダウンロード画面

ブロックパターンのインストール

インポートをクリック

WordPressの管理画面からLuxeritasのパターン登録を選択して、インポートをクリックします。

インポートをクリックしたパターン登録画面

ブロックパターンのインポート

ダウンロードしたJsonファイルを選択してインポートします。

パターンのインポート画面

インポートされました。

記事への挿入

それでは、インポートしたブロックパターンを記事内で挿入して使ってみます。

ブロックの選択

ブロックの選択画面

パターンの選択

パターンタブをクリックして、リストボックスからパターンを選択します。

パターンの選択画面

記事に挿入されました。

パターンの挿入画面

ブロックパターンの登録方法

「新規追加」で手書きの登録や、定型文から追加等の機能も付いてますが、ルクセリタスの開発者の「るな」さんが推奨する「再利用ブロックを作ってからパターンに追加する」方法をご紹介します。また、再利用ブロックだと「複数ページに渡って同じ内容のブロックを一括で書き換えることができる」というメリットがありますが、そうでない場合は『通常ブロックに変換』という作業を忘れて、全部更新されてしまうというミスの発生が起こりますが、ブロックパターンの場合はその心配はありません。

再利用ブロックの登録

新規追加

再利用ブロックの登録メニュー

タイトルの入力

ここで入力されたタイトルがブロックパターン名となります。

再利用ブロックの登録画面

登録するブロックの選択

ここでは、枠線ブロックの選択して、枠線の太さ=2px,角丸=10pxで登録します。

登録するブロックの選択画面

登録の完了

「公開」をクリックすると、再利用ブロックの登録ができます。

ブロックの登録完了画面

ブロックパターンへの登録

Luxeritas管理画面から「パターン登録」を選択して、「再利用ブロックからパターンを作成する(推奨)」をクリックします。

パターンへの登録画面

再利用ブロックの選択

登録した再利用ブロックを選択します。

再利用ブロックの選択画面

追加のクリック

再利用ブロックを選択したら、「追加」をクリックします。

追加ボタン

登録の完了

ラベルに、「赤の枠線ブロック」が追加されています。

追加完了画面

パターンに登録されました。
留意:
パターンに登録してしまえば、投稿やウィジェット内で再利用ブロックとして使ってなければ、再利用ブロックの方は消しても構いません

記事への挿入

それでは、登録したブロックパターンを記事に挿入して使ってみます。

ブロックの選択

ブロックの選択画面

パターンの選択

パターンタブをクリックして、「Luxeritas Block Patterns」からパターンを選択します。

パターンの選択画面

枠線の太さ=2px,角丸=10pxの赤の「枠線ブロック」が挿入されました。
「吹き出し」や「トピック」等、よく使うパターンを登録しておけば、再利用ブロックより挿入が簡単ですので、記事の投稿に非常に便利です。

WordPressWordPressのテーマ
スポンサーリンク
シェアする
管理人
gungii

どうも、こんにちは!gungii(ガンジー)と申します。
2012年頃、一度に大腸がんと前立腺がんを患い、2ヶ月位入院していた為、職場の部下より、゛がんの爺さん゛とのあだ名をつけられ、以降、gungii(癌爺)と名乗っています。2021年06月でリタイアして、リタ活中です。パソコン大好きシニアが、これまでインプットしてきた経験と知識をアウトプットすることで、皆さんのお役に立てればうれしく思います。

gungiiをフォローする
gungiiのなるほどHack&Tips

コメント